テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

律令国家への道…皆「凡夫」だから人の意見を聞き調和せよ

聖徳太子「十七条憲法」を読む(2)十七条憲法の特徴と聖徳太子の先進性

賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
情報・テキスト
聖徳太子
出典:Wikimedia Commons
十七条憲法の特徴は、日本の新たな国づくり、その秩序・維持のため、君(天皇)と民(人民)とを結ぶ「官人(役人)」に対する心構えを説いたところである。日本が氏族社会から律令社会に移行し、当時の東アジアの国々と伍するにあたり、官の役割は非常に重要になった。その重要な局面で学ぶべきこととして、聖徳太子は十七条憲法に外来の仏教、儒教、法家の思想を盛り込んでいったのだ。そこで聖徳太子は、「議論」と「自分の意見に固執しないこと」の大切さを説く。なぜなら、われらは皆「凡夫」だからだ。(全6話中第2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:12:07
収録日:2023/08/24
追加日:2023/12/14
カテゴリー:
≪全文≫

●「官人」に対する心構えを説いた十七条憲法


―― それでは、十七条憲法にどういうことが書かれていたのか。細かい条文解説は後ほどいただくとして、まずは概略として教えていただきたいと思います。

賴住 そうですね。まず大きな枠組みとして、三つのグループがあると思います。まず、「君」ということで天皇。この時代は、まだ天皇という呼び名がなかったといわれていますが、後の時代の天皇に当たる方がおられて、その下に官人(かんじん、かんにん)という役人たちがいる。そして一番基礎のところに民(人民)がいる。

 こういう構造をまず考えると、君と民をつないでいく官人(役人)に対する心構えを説いていると考えることができるのではないかと思います。

―― はい。

賴住 それ以前にはそれぞれ豪族がいて、私的に土地や民などを統治している状況だったと思います。その豪族の中でも有力な豪族同士がいろいろ話し合ったりしながら政権を運営しているのが、当時の状況だったと思います。

 そういう氏族制的な社会のあり方から、中央集権的な国家体制に(移行させる)。例えば中国の隋などもそういう体制を整えて、どんどん国力を増してきたので、日本としてもそれに倣って、社会のあり方を大きく変えていこうという基本(構想)がありました。

 では、そういう国の中で、役人は具体的にはどういう役割をするのか、どういう心構えでいなければいけないのかなどを問うている。(十七条憲法は)そういうものではないかと思っています。

―― この後、日本はいわゆる律令制にどう持っていくかということが非常に大きな課題になっていきますが、その端緒的な時代がまさにここにあったというところになりますね。

賴住 そうですね。そのように考えることができると思います。


●日本社会成立のために学ばれた儒教と仏教


―― そのような大きな時代状況、国際状況の中で、では具体的にどのようなことを官人(役人)に説いたのかというところになりますが、ここはどうでしょうか。

賴住 そうですね。まず儒教仏教、さらに法家というように、その当時は外国からの思想がたくさん入ってきていました。それらを学ぶわけですが、例えば儒教であれば「礼」ですね。「礼」は一言でいうと「秩序」ということですが、秩序を維持していく徳目として「礼」を説き、さらに調和としての「和」を(説く)。「和」は徳目としては儒教にもありましたが、特に仏教の影響が強いのではないかと私は思っています。そのような「礼」や「和」という徳目を説くことによって、新たな国づくりを進めていこうということがあったのではないかと思われます。

―― この時代ですと、例えば儒教にしても仏教にしても、まだ伝来してきてそれほど長い年月がたっているわけではないというところもありますよね。

賴住 そうですね。例えば仏教でいいますと、だいたい6世紀の中頃といわれています。本当に数十年、50~60年しかたっておらず、長くとっても70~80年ということになります。ですから、入ってきてかなり間もないものを非常に熱心に学び、そこから日本社会に合うように変化させていったということがあるかと思います。

―― すでにその時点で、いかに日本的というか日本の社会にふさわしいようにしていくかということを考えながら、何を取り入れて、どう組み立てるかということをやっていたことになるわけですか。

賴住 そうですね、おっしゃる通りだと思います。全て頭の中で学ぶのではなくて、自分が日本の社会というものをどういう方向性で進めて展開していこうかと考えたときに、何が必要なのかということをベースにしながら、仏教にしても儒教にしても、学んでいったということができるかと思います。


●外来思想を重視した聖徳太子の先進性


―― そのように進めていったのがまさに聖徳太子ということになるわけですが、なぜ聖徳太子がそういうことをやったのかというところはいかがでしょうか。

賴住 そうですね。やはり新たな国づくりをしていく、また東アジアの先進国な国々と伍していくためには、東アジアの先進的な国々に広く行き渡っている思想やものの考え方からまず学んでいかなければいけないということになったのだと思います。

―― さらに聖徳太子の場合には、蘇我系といいますか、そことの関係が強いところも影響してくるわけですよね。

賴住 そうですね。おっしゃる通りで、聖徳太子は父方も母方も蘇我氏につながるということで、蘇我氏とかなり協力関係を強く持ちながら、自分の事業を進めていっているということがあります。蘇我氏は『日本書紀』などにもあるように、仏教をはじめとして外来のものをどんどん取り入れ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。