テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

本居宣長が考えた「もののあはれ」と倫理の基礎

もののあはれと日本の道徳・倫理(1)もののあはれへの共感と倫理

板東洋介
筑波大学人文社会系准教授
情報・テキスト
『源氏物語』の本質は「もののあはれ」の一点に集約できると論じた18世紀の思想家・本居宣長。また、宣長はその「もののあはれ」こそが、日本人の道徳・倫理を基礎づけているとも指摘している。それはいったいどういうことなのか。今回は本居宣長の「もののあはれ」論としてまず「もののあはれ」とは何かということを踏まえながら、そこへの共感と倫理について解説していく。(全4話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:07:37
収録日:2023/08/04
追加日:2024/01/18
≪全文≫

●「もののあはれ」とは何か


―― 皆さま、こんにちは。本日は板東洋介先生に「もののあはれと日本の道徳・倫理」というテーマでお話をいただきたいと思っております。板東先生、どうぞよろしくお願いいたします。

板東 よろしくお願いいたします。

―― 板東先生には、この前の講義といたしまして「『源氏物語』ともののあはれ」という講義をいただきました。今度はその「もののあはれ」という、本居宣長が提示した考えというのが、いかに日本人の道徳、倫理というものを、ある意味ではうまく汲み取っているということになるのか、それを知るといかに日本人の道徳観、倫理観が分かりやすくなるかというところがあるかと思うので、そのあたりのお話をぜひいただきたいと思います。

 最初に、前回の『源氏物語』の講義を見た方にはやや復習になりますけれども、「もののあはれ」とは何かというところでお話をいただければと思います。先生のイラスト解説からお願いできますでしょうか。

板東 はい。「もののあはれ」といいますのは、18世紀の思想家・本居宣長が、特に30代くらいに日本の文学、和歌、物語などの全ての精神はこの「もののあはれ」というひと言に尽きるのだという形で提唱した人間論、情念論です。

 宣長が説明する「もののあはれ」というのは、要するに人間であれ、あらゆる生き物であれ、特に人間ですけれども、外界のいろいろな対象に心を動かされるわけです。

 例えば、イラストでご覧いただくと、美しい花だなとか、美しい人だなという形で、それが憧れの思いであったりとか、あるいは美的な感動であったりとか、ここでは肯定的で好ましいものだけを挙げましたけれども、なんとおぞましいことであろうとか、なんと腹立たしいことであろうというのも含めて、いろいろな感動を与えられます。それが「ああ」というため息になる。それが「あはれ」であるという説明です。

 だから、「あはれ」というのは、現代語では感情というべきなのか、あるいはため息という口から漏れる、思わず何か外界の対象に心を動かされて漏れるため息というべきなのか、少し微妙なところがありますが、さしあたりは、要するに外界のものに動かされた感動であると理解してよろしいかと思います。

―― このイラストでもまさに心臓が動いていますけれども、その心の動きから出るものだということになるわけですね。

 さらにもう1枚、先生にはイラストをご用意いただいておりまして、ここで示していただいているのは「欲と情」というところですね。

板東 はい。これは、宣長の「もののあはれ」論で私がすごく注目しているところです。今申し上げたように、宣長によると、あらゆる人間の感動は「あはれ」なのですが、そこには深い、浅いという違いがある。欲は浅く、情は深いと説明しています。

 どういうことかというと、欲というのはイラストの左側ですが、何か財宝とか、食べ物とか、人間の欲望を喚起するようなものを一筋に願い求めるものです。だから、それを欲しいと思う。所有したいと思う。同一化したいと思う。そういう思いが欲です。

 問題は、もう1つ、人間の心の動きというものがあって、それは右側の情です。これは対象のものに関して慨嘆すると宣長は説明していますが、先ほどの説明でいうと、何かその対象を見たときにため息が漏れるようなタイプです。われわれはいつため息が漏れるかというと、対象に届かないときです。

 だから、相手に対する恋の思いがあるけれども、フラれたとか、あるいは花が美しいなと思っているけれども、明日には散ってしまうとか、対象を何かの意味で欲しい、同一化したいと思うのは欲と同じなのですが、それが不可能なときにわれわれは深いため息を漏らすということです。

 そのときに「欲しいな」と思うだけなのと、「欲しいのに手に入らないなあ、ああ」というのは、たしかに感動としての意味では一緒なのですけれども、どちらのほうが思いとして深くなるかというと、どう考えても届かないときであるということです。

 特に届かないとき、それは悲しみになるわけであって、だからわれわれは、特に後代の日本人は、「あはれ」というと、ただ悲しみのことだというように意味が変遷してきたわけです。それは今言ったような経緯によるのだと、宣長は説明しています。


●思いの届かなさへの共感が倫理の基礎になる


―― この「もののあはれ」、さらに欲と情の違いというところから、宣長はいわゆる倫理観、道徳観の部分についても説明しているということですが、ここ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。