テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「なあなあ」と自粛警察…大和魂と漢才の対から見えるもの

もののあはれと日本の道徳・倫理(4)「なあなあ」の日本ともののあわれ

板東洋介
筑波大学人文社会系准教授
情報・テキスト
日本は「なあなあ」でいい――本居宣長は、人それぞれにある切実な「あはれ」に共感し、不道徳な思いをある程度許容することが日本的な道徳であると説いたが、今回取り上げる考え方がこの「なあなあ」である。表立ったルールではなく、なんとなくその場の人間的な度量、あるいは空気で丸く収めて回していくという発想もあり得るということだが、具体的にはどういうことなのか。最終話の今回は、「もののあはれ」の共感性を重視する日本の特異な道徳観を総括し、諸外国の道徳観を理解する視座を提示する。(全4話中第4話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:12:13
収録日:2023/08/04
追加日:2024/02/08
≪全文≫

●日本は「なあなあ」で社会を回していく


―― そのような感覚の中で、日本においては「なあなあ」でいいという、大変面白い提起が出てまいりますけれども、そういうものなのですか。

板東 宣長的なプランを採用すると、要するに1人ひとりのメンバーがどうしても規範、理念、原理からずれるわけです。本当はやってはいけないけれども、どうしてもやりたいのだという思いがあるのです。

―― みんなそれは共感をもって理解するわけですよね。

板東 そうです。それはある程度まで許すということです。そのような思いを持つことまでは許して、ちょっとはみ出してしまったことくらいはこっそり許すわけです。やらかし過ぎたら、もうダメですよと切りますけれども、ある程度は「なあなあ」でやるのです。

 だから、会社とか、学校とか、あらゆる集団できちっとルールを明文化して、全員がそのルールを遵守することで共同体を回すというガバナンスはあり得ると思うのです。

 でも、もう一方で、別の運営の仕方もあって、なんとなくルールは適当というか、成文化するとそれは拘束力を持ちますから、あまり成文化しないようにして、ある程度人間関係の中でいざこざとか、逸脱はあるものだと考える。いくつかはそういう問題が起きるけれども、それを表立ったルールではなくて、なんとなくその場の人間的な度量とか、空気で丸く収めて、回していくという発想もあり得るわけであって、国学者が考えたのは、日本はその後者の発想で回してきたのだということです。

 ルールをはっきり「仁義礼智」だと決めてしまうと、「あなたはここからずれた」という形で、酷薄にそのずれた人を断罪せざるを得ないから、なんとなく(ルールは)あるのだけれども、それを言わず「なあなあ」で、もちろんちょっとした逸脱は常にあり得るわけです。光源氏みたいに人妻を奪ってしまったとか、どうしてもやりたくなって反逆してしまったとか、それが行きすぎたらきちっと止めるけれども、ある程度まではどうしても人間の情の自然だから仕方がないという形で回してきたのが日本だというのが国学者の理解です。

―― よく社会契約論ですとか、いろいろな発想がありますけれども、あれも一種のフィクションとしての社会契約ということになりますけれども、ちょうど先生がここでおっしゃったのは、日本というのはそういう発想ではなくて、なんとなく始まって、なんとなく終わる国というところですね。これは先生、どういう意味になるのですか。

板東 これも先ほどの話で、国学者たちはやはり中国がある意味でモデルなのです。中国に対して日本はそうではないという話をしています。

 中国の場合は、特に儒教が卓越した後は、国家の正統性の根拠というのは「仁」を行っていることであるわけです。民を幸せにしていることであって、そのためにこの社会はあるし、統治者はその基準で裁断、評価されねばならないのです。

 でも日本は、コアにこの共同体は何を目指しているかみたいなことは明文化していません。それが「なんとなく」ということです。だから統治者がどういう行動をしたかについて評価する基準も、さしあたりは特には明文化していません。でもそちらのほうが丸く収まるのではないかというのが国学者の理解です。


●現代日本にもある「共感」と「基準の不明示」という道徳観念


―― このあたりの考えを煮詰めると大変面白い形になってくると思います。

 現代的な事例で考えると、いわゆる新型コロナウイルスの影響が非常に大きかった時代に、よく「自粛警察」というようなことも言われたりして、マスクをしていないとか、○○をしていないということで、それぞれが批判し合うようなことがありました。もう一面で、世界がみんなマスクを外したのに、日本人はいつまでもマスクしているよねというようなことも言われたりしました。

 このあたりは日本人の道徳性と他との違いというのを象徴的に浮かび上がらせるものだったなと思うのです。これを「もののあはれ」で考えるとどうかというところなのですけれども、ここは先生、いかがでございましょうか。

板東 そうですね。どこまでの段階になったらマスクを外すかということについて、先ほども言ったように明文化しないわけです。健康不安をお持ちの方もいらっしゃるわけだから、そういう人たちを考えて、基準はなくて、みんながマスクを着けている間はマスクを着けて、そういう不安に寄り添うというのが正しい。切実な他者の「あはれ」を思いやって、それに共感するというのが恐らくは正しい、というふうに宣長は言うのではないかと思います。

―― なるほど。そういう社会を成り立たせるためには、先生にこの講義でずっ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。