テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「道徳を語らない=道徳がない」ではない…本居宣長の反論

もののあはれと日本の道徳・倫理(2)日本に道徳はあるのか

板東洋介
筑波大学人文社会系准教授
情報・テキスト
「もののあはれ」こそが日本の道徳の基盤にあると論じた本居宣長だが、その議論は、道徳が語られなかった日本には道徳が存在しないという、宣長より少し前の世代の儒者・太宰春台の主張に対する反論として展開された。そのような日本の道徳性について、宣長はどのように論じたのか。儒教や仏教といった教義が明文化された思想と対比して解説する。(全4話中第2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:15:08
収録日:2023/08/04
追加日:2024/01/25
≪全文≫

●道徳が語られない日本にも道徳はあった


―― ではそのような、まさに「もののあはれ」的なものをベースにした道徳観といいますか、倫理観というのが当然、例えば中国であったり、あるいは西洋であったりの道徳観と違うということで、いろいろな議論が出てくるということなのですけれども、まず最初に先生にご紹介いただきましたのが、本居宣長の『直毘霊』というところです。これはどういうご本になるのでしょうか。

板東 これは宣長の主著の『古事記伝』という『古事記』の注釈書のいちばん最初に付いている国学のマニフェストといいますか、国学の思想を簡単に紹介した、すごく有名な、これ自体も1冊の本として出版されたものです。すごく短いけれども大事な本であって、かつ、これは今からお話ししますが、太宰春台という、宣長より少し世代が前の有名な儒者が、まさに日本の道徳を徹底的に批判した『弁道書』という本があるのですが、それに対する反論として書かれたものです。


―― なるほど。これを読ませていただきますと、「実は道あるが故に道てふ言なく、道てふことなけれど、道ありしなりけり」「古の大御代には、道といふ言挙げもさらになかりき、其はたゞ物にゆく道こそ有けれ、物のことわりあるべきすべ、万の教へごとをしも、何の道くれの道といふことは、異国のさだなり」というところでございますね。

板東 ありがとうございます。これがまさに春台への批判です。つまり、日本の古代においては「道」、道徳は存在したということです。けれども「道てふ言」、つまり道徳について言挙げをして議論をすることはなかった。だから「道てふことなけれど」、道を語ることはなかったけれども、道徳そのものは存在したのだということです。

 これは当然、中国と逆だというわけです。中国の場合はたしかに、道徳の議論というのは(『論語』に代表される)儒教以来ずっとあるわけですが、日本は明らかに中国ほど道徳の議論をしていません。

 だから春台は、日本には道徳はなくて、それは全て中国から教えてもらった輸入物だと語ったわけですが、宣長はそうではなくて、道徳についての議論はなかったけれども、道徳はあったのだと考えました。それは「あはれに基づくような言葉になっていない道徳だ」と、おそらく彼は言いたいわけです。

 その後の「其はたゞ物にゆく道こそ有けれ」というのも妙な議論で、日本語に道という言葉は昔からあったわけですけれども、中国の「タオ」という言葉が輸入される前は、単なる物理的な「道」、“road”の意味でしかなかったという意味です。

 田んぼに行く道とか、畑に行く道ということで、それが人の道とか、仏の道といった道徳を意味する用例はなくて、中国語の「タオ」のほうは道教とか聖人の道というように道徳の意味がありますから、その漢字が輸入された後でそれに引っ張られて、日本語の道も道徳の意味になった。それ以前の日本人が道というときは、本当に道路の意味でしかなかったのだという議論です。

―― これがそもそも春台が言った、どういうことに対する批判なのかというところを先生に挙げていただいていますが、これもまた面白い批判ですね。たしかに、いわれてみればそうですよね、ということになりますが、春台が言った論拠というのは、「仁義礼智」といった道徳上の基礎概念があるということです。ただ、これを日本人は「ジン」とか、「ギ」とか、「レイ」とか、「チ」と読んでいて、要は中国語音の音読みで読んでいるではないかということですね。だから、日本には(道徳が)なかったのだという議論展開をしたということなのですね。

板東 はい。だから、これはわりと説得的であって、日本人は道(みち)もそうですけれども、中国語に対応する概念がもともとあったものは訓読みするわけです。訓を当てるから、「神(シン)」に対しては「かみ」という言葉を当てましたので、中国でいう「鬼神」に対しては、日本には「かみ」というものがあって、それを崇めていたから、この「神」という漢字を「かみ」と読んだわけです。

 でも「仁義礼智」はそのまま中国語音で読んでいます。今でいうと「イノベーション」とかだと思うのです。英語のままにしているのは日本語に対応する語彙がないからである。語彙がないのは、その発想がなかったからだ。仁義礼智という道徳を語るためにどうしても必要な言葉を外国語音で読んでいるのが日本人であるということは、日本にはそれに対応する言葉がなかった。だから、それが道徳を語っていなかった証拠である。そう春台は語ったわけです。


●「もののあはれ」から生...

テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。