テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は「卑しい」ということをよくよく認識せよ

「葉隠武士道」を生きる(11)信義のために命を捧げる覚悟

執行草舟
実業家
情報・テキスト
友達を選ぶときは、そこに人生を捧げるぐらいの覚悟が必要である。その結果、人生がうまくいかなくても、それは失敗とは言わない。友情に命を捧げたのなら、それは見事な生き方と言っていい。人生の幸不幸、成功不成功に関係なく、生命を燃焼できればその人生は大成功である。だが戦後の日本は、あえて「卑しさ」を甘受して「得」を取った。その結果、たとえば、イラク戦争でクウェートに派遣された自衛隊は、10分の1の装備しか持たないオランダ軍に守ってもらい、危機が迫ると逃げた。一方、オランダ兵からは戦死者も出ている。これでは、軽蔑されて当たり前の話である。(全12話中第11話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:47
収録日:2021/04/08
追加日:2021/09/17
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●友達として選んだのなら、そこに自分の人生や命を捧げる


―― 人間の生き方として、どのように、まずは信頼を得るかということ。あとイギリスの例で、同盟という話がありました。

執行 同盟、約束ということですね。

―― 人間関係に置き換えると、友達の選び方はどうでしょう。

執行 選んだのなら、昔から言われていることですが、そこに自分の人生や命を捧げる。結婚と一緒です。捧げたあげくに失敗したとしたら、それは運命ということです。山本常朝は、それで犬死にするなら犬死にでいいと言っています。

 ただ私は、本当に友情や愛情に命を捧げてダメだったとしても、それを失敗だと思いません。人生も。過去のいろいろな歴史も読んでも、みんな死んだりしても失敗だと思っていない。人が愛のために死んだとか、友情のために死んだことを失敗だと取りますか?

―― それは「見事な生き方」ということですね。

執行 そうです。「見事な生き方」ということは、成功者なのです。生命としては。私が言っている武士道は「生命としての燃焼」ですから。生命燃焼したうえでの結果は、すべていい。それを人が犬死にと言おうが何と言おうが、いいということです。だから愛とか友情も、選んだら命を懸けるということです。

―― 先ほど約束の話で、必ず果たすのだから、する約束を選ぶとありました。友達の場合も……。

執行 選びます。選ばなきゃダメです。

―― こいつのためなら死んでもいいという。

執行 そういう友達ができたら、そうしなきゃダメです。どこかの時点で、それを決める。愛情にしても、結婚式とか決める時点があります。決めたら、やらなきゃダメということです。

―― それはもう覚悟ですね。そういう覚悟を持つかどうか。

執行 ではダメだった場合は、どうするか。「約束を破った、どうしようもない卑怯な人間だ」という自分と直面しなければならない。その自分をどう立て直すかは、その人の責任です。

―― そこは完全な失敗というわけではないのですね。失敗を受け入れて、では自分がどうするか。

執行 受け入れるかどうかはわかりませんが、「そういうものだ」と認識する。


●勝ち負けに拘泥せず、信義に生きる


―― そのあたりは「人生の勝利条件」とも関わってくると思います。

執行 「勝利」というと、どうも言葉が気に入らないですよね。

―― 「武士としてどう勝つのか」ということで「勝利」という言い方をしてしまうのですが。

執行 武士道でも優れた人は、勝つか負けるかには拘泥しません。勝つか負けるに拘泥している武士は、三流の武士です、歴史上。先程言った土方歳三も楠木正成も、全員負けるとわかっている戦いに出ていった人たちですから。

―― 自分ではわかっている、絶対負けると。

執行 そんなことはわかっている。でもわれわれは、そういうのを素晴らしい人生だと思う。なぜなら自分の武士道に生命を燃焼させて燃え尽きたという、本当の人生を送ったからです。だから共感するわけです。

 共感するのですから、「そのような人生をわれわれも送りたい」と思わなければダメです。その意味では成功なんて関係ない。だから私の言うことは理論的です。感情的だと、みんな見ていますが(笑)。

―― まさに生命の燃焼の部分ですね。

執行 そうです(笑)。私は今でも人生の幸不幸、成功不成功は関係ない。自分の人生を全うするうえで参考例となっているのは、やはり昔の武士の生き方です。それはやっぱり素晴らしいと思いますから。

―― 負ける戦いでも、あえて臨む。天下分け目の戦いであっても。もちろん知力を尽くして最善を尽くすけれども、最終的に勝つか負けるかは、時の運みたいなところがある。

執行 もちろん、そうです。

―― それを受け入れたうえで……。

執行 でも歴史を見ると、そのほうが、わりとエネルギーが出て、頭がすごく回転するというのも事実です。人間を見ていると。絶対に勝とうと思っている人は、戦国時代の戦争を見ても、まったく頭は硬直したまま。作戦も何も動かない。歴史に残るような素晴らしい作戦を出すのは、すべて負ける覚悟、死ぬ覚悟がある人です。

 現実にそうですから、調べてみればわかります。あの有名な桶狭間、田楽狭間のときの織田信長も、勝つと思って攻めたのではありません。
 文献にもありますが、信長も、要するに武士としての意地です。武士としての一撃を今川の軍勢に加えられれば、もう死んでいいと思ってやった。損得でいえば、あれはやっていません。

―― 確かに普通は籠城を選びます。

執行 あるいは多分、通過します。だから、あの信長のあり方が武士道です。徳川家康にしても、ずる賢い人みたいに言われますが、とんでもない話です。三方ヶ原は有名な戦いですが、あれだって負けるとわ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。