テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「家制度」に立脚した武士道は「専守防衛」の哲学である

「葉隠武士道」を生きる(1)武士道に生きるとは?

執行草舟
実業家/著述家/歌人
情報・テキスト
執行草舟が「葉隠武士道」に立脚した生き方の真髄について語る。「武士道」について論じると「道徳」と誤解されることが多いが、これは大きな間違いだと執行草舟は説く。執行草舟にとっての「武士道」とは『葉隠』に尽きるが、『葉隠』がめざすのは「生命の燃焼」だけである。ボロボロになるまで体当たりを繰り返し、燃え尽きて死ぬことに価値を見出すのだ。しかも、武士道は決して「戦いの哲学」ではない。日本の根幹をなす「家制度」に立脚した「専守防衛の哲学」なのである。はたして、その心とは?(全12話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:12:53
収録日:2021/04/08
追加日:2021/07/09
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●本当の「武士道」とは何か


―― 先生、どうぞよろしくお願いいたします。

執行 はい、どうぞよろしく。

―― 執行先生に以前、「10ミニッツTV」で「武士道の神髄」という講義をお願いして、大変ご好評をいただきました。今回はその武士道について、もう少し現実生活というか、いかに日々の暮らしに武士道の考えを生かしていけばいいかをお聞きしたいと思います。

執行 ここで一つ武士道について言っておくと、確かに「武士道」という言葉を使っていますが、私がずっと信じ、愛し、実践しているのは、『葉隠』だけということです。武士道というと、だいたいが倫理観や道徳といった江戸時代的で朱子学的なものが多いですが、私の場合、どちらかといえば、そういうものはあまり関係ない。体当たりの『葉隠』的な武士道だけが好きなのです。そこはよく踏まえていただければありがたいです。よく「道徳的な人間」と、誤解される場合が多いので、けっこう迷惑しているのです。

―― そこも大事なところだと思います。今回、菅野覚明さん(東京大学名誉教授)の『本当の武士道とは何か』(PHP新書)という本をお持ちしましたが、菅野先生がおっしゃっているのも、ある意味で、今、執行先生がおっしゃったことに近いですね。

執行 そうです。菅野覚明は「無頼の思想」というか、戦国時代や南北朝の楠木正成などの武士道から来る「自由奔放な戦う力」をちゃんと捉えています。

―― そうですね。

執行 ただ、われわれのイメージだと、江戸時代のしっかりした封建道徳武士道だと思ってしまっています。あれはどちらかというと武士道を抑える力で、要は朱子学です。

―― そうですね。そこが混ざって、さらに新渡戸稲造の『武士道』というものもある。

執行 あれは有名ですから。ただ、あれも朱子学です。

―― さらにいえば朱子学プラスキリスト教もある。

執行 そうです。ただ内容はよくて、新渡戸さんの人格でしょう。要するに武士道にキリスト教を加味している。ものの本にも1回書いたことがあるのですが、「文学」になっています。日本の武士道を「詩」にしてある。ポエムであり、文学です。そこが新渡戸武士道の優れたところで、あれはまた朱子学だけとは違うのです。

―― そうですね。

執行 ただ、道徳なんです。

―― はい。

執行 だから私には、とても守れない。文学としては面白く読むけれど、『葉隠』とは全然違います。

―― その意味では、まさに実践者、戦闘者の生きるあり方。道徳というよりも、むしろ……、何といったらいいのでしょうか。

執行 生命燃焼です。命の燃焼。これが『葉隠』の神髄です。そしてボロボロになるまで体当たりを繰り返し、燃え尽きて死ぬ。それ以外の価値観は、すべて「ない」ということです。価値観を、そこにだけ絞り込んでいる。

―― どこまでも体当たりしていく。

執行 そこにどういう利益があるのか、どう良いのかと言われると、良いか悪いかなんて関係ない。生まれたら、あとは自分の生命が死ぬ日まで物事に体当たりし、実践する。『葉隠』の中にもはっきり「人生は犬死にでいい」と書いてあります。「犬死にでいい」と思わなければ、『葉隠』の実践はできないのです。

 私ももちろん「犬死にでいい」と思って今日も会社に来ているし、いつもそのつもりです。たとえば出版社の人なども、よく「(武士道を)実践すると、どういうよさがあるんですか」とか、いいことにつなげようとします。

―― 一種、功利的なあり方ですね。

執行 人々を元気づけたいとか。その気持ちはよくわかります。しかし、『葉隠』は元気づけるとか、勇気づけるといったこととは関係ない。要はそれぞれ、自分が持っている「この世に生まれてきた運命」です。運命は誰にもわかりません。昔の言葉でいうと、神と自分だけの関係です。そこには親も子もありません。親子も兄弟も、運命に関しては、誰も助けることができない。
 その何もわからない運命に向かって、とにかく体当たりして燃え尽きること。それが人間として生きる、最大の価値だと説いているのが『葉隠』です。


●『葉隠』は天孫降臨からの日本人の本当の生き方を説いている


執行 たまたま著者の山本常朝が生きていたのが江戸時代で、彼は武士だったから「武士道」を書いた。でも山本常朝は多分、自分が百姓なら「百姓道」で書いたと思います。商人なら「商道」で書いた。山本常朝は、たまたま佐賀藩の武士だったので、「武士道」になったと思うのです。

 そういう意味で『葉隠』は日本人の潜在意識、神代以来、天孫降臨からの日本人の本当の生き方を説いていると思っています。朱子学の武士道とは、全然違うのです。

―― 商人であれば商人の道がある。

執行 当然そうです。

―― 武士であれば武士の道がある。それぞ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。