テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

私心を捨てる――幕臣・山岡鉄舟が体現した武士道

江戸とローマ~「父祖の遺風」と武士道(6)武士道の喪失と現代社会の問題

本村凌二
東京大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
山岡鉄舟
出典:国立国会図書館「近代日本人の肖像」
新渡戸稲造の『武士道』には、古代ローマの「父祖の遺風」に訴えるエピソードが多数盛り込まれていた。「義」を貫き、相手への思いやりを「惻隠の情」として表し、私心を捨て捨て身になることの大切さである。幕末には武士道を体現していた幕臣・山岡鉄舟がいたし、日本に7年留学していた中国の文学者・魯迅は「日本の誠実さを学べ」と説いている。こうした精神が日本から失われつつあるのではないか、というのは新渡戸の危惧でもあった。(全6話中第6話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:09:56
収録日:2021/07/16
追加日:2022/12/17
≪全文≫

●「義」「惻隠の情」そして「私心を捨てる」


本村 ともあれ今回、私は改めて『武士道』を読んでみて、多々思うところがありました。父祖の遺風で貫かれたローマ人の考え方、つまり先祖に負けないように成長しようと思い、親も子供を立派な子どもに育てるために自分の手をかけてやるということ。それから、この意識は日本人よりもむしろローマ人のほうが強かったのではないかと思いますが、生き方として「義」を貫き、「惻隠の情」と言われるように相手に対する思いやりを深くし、どこかで私心を捨てる、捨て身になること。

 私は、この捨て身になることを非常に大事だと思います。捨て身になれない人間は、結局責任が取れなくなるのではないかと危ぶむからです。すぐれた大政治家といわれる人は、どこかで捨て身になっているところがあります。捨て身になれるから、責任を取れるということもあるのではないか。それは、やはり「私心を捨てる」という意味では非常に大事なことではないかと思うわけです。

 山岡鉄舟という武士道の一つの典型を体現した幕末の人がいます。彼は自分の名誉や金銭、私心を捨てることのできる人でした。西郷隆盛や勝海舟が、「彼とならば、本当に腹を割って話せる相手だ」と言っていたことの一番重要な要素として、私心を捨てられるかどうかということがあり、それが武士道というものを示していたのです。

 山岡の場合はあまりにも私心を捨てたがために、家の者が食うや食わずの状態に陥っていたところがあり、夫人は相当苦労されたらしいのです。そうだったのかもしれないけれども、武士道と父祖の遺風には非常に似たところがあり、それがローマ人と日本人に、ある種の誠実さを与えています。


●新渡戸稲造も危惧した「武士道の喪失」


本村 だから、オリジナリティはなくても誠実さをもってよりよいものをつくっていく。そこをごまかさない精神をつくっていくときに、ローマ人の父祖の遺風と日本人の武士道というものは非常に大きな役割をしてきました。

 今や日本社会にはその精神が失われていっていることを、新渡戸稲造も危惧していました。武士道というのは、もちろん今以上にみんなが身につけるようなものではないだろうけれども、やはりこれを失わないでほしいというのです。

 こういう精神が日本でかなり希薄になってきていて、いろいろな企業でごまかしが起こっているのではないか。現代社会における一つの問題ではないかと思います。

―― 新渡戸の引用したローマのエピソードをいろいろ教えていただきましたが、やはり西洋社会においてはローマの文化・教養が非常にベースになるところですので、日本人の精神性を説明するときにローマの逸話を使うというのは非常に優れたやり方だといえますね。

 日本人としては、先生がお話しになったように、武士道などを通じて日本の文化も学ばないといけないですが、同時にローマの逸話なども学んで比較する必要がある。特に外国人に説明するときには、ローマの逸話などを出しながら説明すると、非常に理解が早く、しかも深くなるということがあろうと思います。


●魯迅の指摘した誇るべき「日本人の誠実さ」


本村 そうですね。最後に少し言いそびれましたが、私はやはり日本人の誠実さや正直さを考えるときに、魯迅の指摘していることが非常に大事なのではないかと思っています。

 1930年代に入るか入らないかの頃に、魯迅自身が書いていることがあります。中国と日本の関係が今以上に悪かった時期、中国人が日本人に対して非常に恨み辛みを持っていた頃でした。

 魯迅は7年間日本に留学して、特に藤野先生という方に非常にお世話になったことに対する好意を持っていました。さらに、日本の社会を7年間見てきた魯迅が言ったのは、「これだけは学んでほしい。日本人をどんなに恨もうが、どんな悪口を言おうが、それはいいが、日本人の誠実さだけは学べ」ということでした。

 魯迅はもともと医学を志していましたが、学んでいく中、「医学は身体を治すが、中国社会の精神、思想を治さなければどうしようもない」ということに気がついて文芸活動のほうに転換したといわれています。

 魯迅が気づいたのは、中国人が物事に対して非常にいい加減なところです。魯迅にいわせると「極端にいえば、嘘をついたりすることも平気だ」ということですが、それこそ私が『三国志』や『水滸伝』を読んで感じたことでもあります。戦争だから相手をだますのは致し方ないところはあるとしても、それを自慢する風潮がどこかにあると。

 このことを魯迅は中国の大きな欠点だと思い、「日本人の誠実に学べ」「どんなに悪口を言ってもいいから、そこだけは学ばなければ駄...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。