テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分が幸福になろう」と思うと、一気に不安が押し寄せる

真のやる気とは何か(13)自由と勇気の源、不安と臆病の源

対談 | 執行草舟田村潤
情報・テキスト
企業で働く人も、経営者も、官僚や政治家も、みな幸せになりたいと願うことで幸福病になっている。結果、人は臆病になり、少しのリスクも許容できなくなるという。そうなれば当然、勇気は湧いてこないばかりか、幸せにもなれない。だからこそ、逆説的ではあるが、現代の日本人に必要なのは、失敗する覚悟であり、不幸を受け入れる覚悟なのだ。(全14話中第13話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:13:01
収録日:2020/04/10
追加日:2020/09/25
キーワード:
≪全文≫

●誰かのために動くと、関係性が変わる


田村 理念、理念といいますが、理念というものは、ある程度、どこの会社にもあるものです。それを本気で実現しようとした経営者はいないですよね。創業者は別ですよ。そのあと、何代も続いていくと。

執行 今の一部上場企業にはいないでしょう。

田村 だから、わからないのです。言葉はわかっても行動に移せないのです。それは、やったことがないからです。やらせてみることが大切です。

執行 やったことがないとできないというのは、要するに勇気がないということです。ここが難しいのですが、自由でないと勇気は出てこないのですよね。

田村 それはそうですよね。自由がないと本気になりません。

―― これはおもしろいですね。本当に総合的な部分ですね。

執行 何かの業績を上げないといけない人に必要なのは、やはり「勇気」なのです。そして勇気のもとが自由なのです。だから、自由が大切だということです。

田村 そこに、責任があるのではないでしょうか。責任を果たそうとして、いろいろやってみる。そこで自由が出てきて、いろいろな顧客との関係が出てきたという感じがするのです。

執行 そうですね。自由にできるようになると、心のなかに勇気が出てくる。

田村 どちらにしても必ず、周囲との関係性が出てきますから。誰かのためにやっていると、関係性が少し変わってきます。また誰かのためにやっていると、また関係性が変わるというように、だんだんと巻き込んでいくというスタイルです。自分の利益ではなく、お客さんのために、もっと上に向かっている。自ら進んでいろいろやっていると、知恵が出てくる。そういう姿をお客さんが見て、喜んでくれるわけです。「おまえ、俺のことをよく考えてくれているな。ありがとう」といわれて、また奮い立つ。この関係ができるのです。

執行 そうですね。自由でないと駄目だとか、順番がありますね。

田村 そう。どこをスタートするのかよくわからないのですが……。

―― お話を伺っていると、「真のやる気」が今日のテーマですが、やる気はどうも自分から出発するものではないですね。今の自分ではなく、過去からのものも全部引き受けて、そのうえで誰かのために何かをやっていく。嫌なものも何もかも全部自分でやる。

執行 引き受けなくては駄目だと。

―― 全部引き受けないと本当の意味で自由になれないということですね。自由にならないと、本当の意味でのやる気が出てこない。だから、結局ここをグルッと回っていくのですけど、この円環がうまく回るには、どこから入るかは、たぶんその方々の……。

田村 でも、引き受けるだけでは、自由度は出てこないですよ。右往左往してしまうから。そこに目標がないと、人間は動かないものです。目標というのは、理念を具体的に実現することです。ですから、具体的な条項を定義しないといけない。そして、それを実現する戦略を考えてやる。これで自由が出てくるのです。

―― そうすると、先ほどの文学の話もそうですが、出発点というのは、理念、理想でしょうか。美しいものがまずあって、それが出発点になると。

田村 そう。そこで文学が出てくるのは、「それを俺がやるんだ」という行動力なのです。理念というのは「頭」ではない。「それを俺が行動する。何があってもやるのだ」というエネルギーは、リベラルアーツとか、先人たちとか、こういうものが全部入っていないと、なかなか勇気は出てこないですよね。


●わが子の小学校受験のときには「臆病」になった


執行 勇気のもとは、「不幸の受け入れ」ですよ。「駄目でいい」というと少し語弊がありますが、「未知のものに挑戦する心」というか。「安定したい」「幸福でありたい」「成功したい」と思っていたら、絶対に勇気は出ません。ここが重要なのです。

 僕はさっき「不幸を受け入れる気持ち」といったけれど、自分が幸福になろうと思うと、一挙になくなるものなのです。僕はいつも断定しているのですが、今の日本人が陥っているのは「幸福病」。みんな幸福になりたいから、非常に保守的で、自分の身を守るというか、エゴイスティックになってしまっている。みんな、官僚も政治家も大企業のサラリーマンもほとんどの実業家も、そうなってしまっています。

田村 私は、高知で立ち上がろうとしたとき、生活が不安だったのです。本社に反論すると、クビにはならないでしょうけれども、また飛ばされますから。キリンのなかでヤバくなるなと思うわけです。自分がヤバいのに、自分がやらなくてはいけないのかどうか、それだけの価値のある会社なのかどうかを、ずっと考えたのです。結果、やはりキリンは良い会社であって、そうした伝統をもう一度自分が、リスクを負っても実現するのだというふうに思えたのは、尊敬する...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。