テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

成功する祝祭―日本人の美しい心ばえや道義を示す五輪に

東京五輪を考える(3)「不正」を乗り越え「道義」を示せ

猪瀬直樹
作家
情報・テキスト
オリンピック招致活動において、「IOC委員にお金を渡したのではないか」という疑惑が噴出した。だが猪瀬氏の実感では、招致活動のルールは厳しく、非常にフェアにことを進めたという。はたして、裏側で何が起きていたのか。さらにオリンピックを語るときに、その「祝祭性」をどう考えるかは欠かせない視点である。しかし、2021年5月から6月にかけて、「来日する選手や関係者が、新型コロナウイルスをうつすのではないか」ということばかりが、マスコミなどで騒がれた。それは「道義」ある態度といえるのだろうか? 五輪を考えるときに、本当に大切なこととは何か。(全3話中第3話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:09:11
収録日:2021/06/25
追加日:2021/07/13
≪全文≫

●招致の「不正」問題の真相とは?


猪瀬 それからこのあいだ、宮本亜門さんが、オリンピックの招致が決まったその日の会場で、「現金を配ったんだよ」といった人がいると。いった人が誰かは、これは推測してもらうしかないけど、皆さん、おわかりですよね。宮本亜門さんも、ちゃんといえばいいじゃないかと思います。

 だけど、はっきりいって、オリンピックの招致は非常にフェアにやったのです。サマランチ会長が辞めて、2001年以降は、一切、贈り物はいけないということで、招致活動も非常に厳しかったです。

 たとえば、直接ご飯をご馳走(ごちそう)してはいけないとか、そういう厳しいルールがいっぱいある。そうすると、どうやってIOCの委員にアピールしたらいいのか。で、いろいろ考えて、ロンドンオリンピックの招致活動に頑張った人に聞いたんですよ。

 そうしたらね、たとえばオペラの会場に行く。すると、IOC委員がオペラを予約した席がわかっている。その隣の席を取るわけです。それで、そのオペラに行って、「たまたま、お隣ですね」といって、仲良くなって話をする。『007』の国ですから、そのくらいのことはできてしまうのです。

 だから僕も、そういうつもりでやりましたよ。会合の流れのなかで、「ちょっとお茶でも飲みませんかね」なんていいながら、うまく話をしながら、ご飯をたべるくらいのことをやりました。だから、(お金を配るなどということは)絶対にできないわけ。

 ところが、それを破った人が、日本側にいたということです。だけど、それでオリンピックが取れたわけではないですから。それは2~3票は取れたかもしれないけれど。オリンピック全体は100票あるわけで、正しい票がほとんどですから。

 だから、そういうことをやった人が、「それで自分が取ってきたんだ」などという顔をしていることが問題なんですね。そうじゃなくて、非常にフェアにやったんですね。

 結局、それで犠牲になったのは、竹田恆和JOC会長が辞めざるをえなくなりましたよね。フランスの検察に呼ばれるということで。だから彼はそれで、詰め腹を切らされてしまったんですよね。

 セネガルという国がありますが、その(お金を渡したという)変な人がやった話というのは、セネガル国籍の人なんですよね。なんでフランスの検察が、あんなにオリンピックのことをやっているのかといえば、セネガルはフランスの植民地だった。宗主国として、監視している必要があるから、フランスの検察はしつこかったわけです。実はあそこにはずっと独裁者がいて、それが1回引っ込んだのに、また復帰しようとしていたので、それでフランス検察は非常に神経質になっていた。それで、その話があったわけですね。


●日常性のリズムにおける「祝祭」の重要性


猪瀬 それで話は戻して、「祝祭」ということは何かということに触れると、たかが2週間~3週間の話に、なんでそんなに金をかけるのか、という言い方があります。イベントというのは、みんなお金がかかるんですけどね(もちろん無駄な金はいけませんよ)。これは徳島の阿波踊りとか、博多の山笠とか、7年に1回の諏訪の御柱とか、あるいは青森のねぶたとか、みんな1年に1回、3日~4日のために働いているんですよ。

 だから、何のために働いているかというと、祝祭空間があって、そして、そのために働く。もちろん、普段、いろいろな冠婚葬祭とか、いろいろなものがある。冠婚葬祭的ないろいろなお祭りがあり、また、静寂があり、というのが日常性のリズムであって、ただ働いているわけではないんですね。

 「会社の仕事が面白いから」というのは、それはそれでいいのです。だけど、それだけではないんですね。家庭があったり、地域があったり、いろいろなものがあって、そこに祝祭性というものが必ず入り込んでくる。それが日常性のメリハリなんですね。

 それが世界的な規模で、100年以上続いているのが、オリンピックという1つのスポーツを通じた祝祭です。

 あちこちで、テロがあったり、紛争があったりしています。僕も本当は、招致のときに一番気になっていたのは、イスラム国のテロなんですよ。そういうものがいつも気になっているんです。あちこち、あります。いまでもミャンマーで、あんな銃撃戦があるんだけど、いろいろなことが起きているなかでも、スポーツをやる。これがオリンピックという祭典なんですね。

 そういうことで、日本の選手が活躍する。素直に喜ぶことが大事ですね。で、もちろん、敗れ去っていく人の背中を見ることも、スポーツの現実ですね。だから、そういうドラマですね。

 しかも国民国家ということを前提に、やっぱり(われわれは)生きているんですね。それを再確認する。別に友達でも、親戚でも、出身校ではなくても、なんでこんなに喜べるのか...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。