テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリーが驚いた江戸庶民の好奇心と識字率の高さ

江戸とローマ~図書館と貸本屋(5)江戸のリテラシーと庶民の読み書き能力

本村凌二
東京大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
江戸のリテラシーは、貸本屋の数とともに寺子屋でも測れる。江戸末期、俗説によると寺子屋への江戸市中の就学率は70~80パーセント。同時代のイギリスやフランスと比較すると驚異的な数字である。実際、来航したペリーは日本の庶民の高い好奇心に驚いたそうだが、世界有数の識字率の高さもあり、そうした点がその後、日本が近代化に成功した要因ではないだろうか。(全5話中第5話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:16:14
収録日:2021/06/16
追加日:2022/07/24
タグ:
≪全文≫

●外国の学者による比較研究で分かった日本人のリテラシーの高さ


―― 読み書きの楽しみが、江戸での楽しまれ方とローマでのそれでは微妙に異なっていたこと、朗読中心なのか実際に読むのかなどをお話しいただきました。まとめ的になりますが、「読み書きの楽しみ」について、江戸とローマがそれぞれに教えてくれる教訓は、どういうことになるでしょうか。

本村 もう50年ほど前に出た本ですが、R・P・ドーアという人の書いた『江戸時代の教育』というものがあります。また、二十数年前にはリチャード・ルビンジャーという人が『日本人のリテラシー』という本を書きました。

 もちろんこれらの底には、日本人研究者による精緻な研究があります。日本語を読む能力において日本人学者のほうが長けているのは当然ですから、ドーア氏やルビンジャー氏もその成果を用いています。私がここで外国の学者の成果を特に取り上げたいのは、彼らに比較史的な視点があるからです。

 日本人の学者はどうしても日本だけを見て、「このぐらいのリテラシーがあった」という形で述べますが、外国の学者には現代の英語圏やドイツ語圏と比較したり、あるいは古い時代にさかのぼって見ていく視点があります。ですから、私のように江戸とローマを(比較するのには、役に立つわけです)。

 ドーア氏やルビンジャー氏の主張は、日本の学者がやったことをそれなりに取り入れていますが、ドーア氏の指摘した江戸末期の識字率は一つの成果です。男性が43パ-セント、女性が15パ-セントぐらいあったということで、世界史的な規模で見ても非常に高いリテラシーでした。

 文字はいわゆる寺子屋で習っていたわけですが、当時の人にとって「こや」はイメージがよくないので、寺子屋とは呼ばず「手習い所」と呼んでいたらしいのです。ドーア氏もそれらに気づいていなかったわけではないですが、この部分がかなり一人歩きするようになり、「日本人のリテラシーは非常に高かった」と言われるようになりました。


●江戸のリテラシーの高さは世界でも驚異的


本村 ところが、ルビンジャー氏は一世代後の学者です。また、その間に日本人研究者の研究も進んでいきました。当然のことのようですが、地域や男女間で差があることが明らかになり、いろいろな地域で見ていくと一概に(当時の識字率が)「男性が43パ-セント、女性が15パ-セント」とは言えないことが出てきました。

 他の地域も高いリテラシーを築く段階の途上にあるわけですが、江戸とローマに限定して考えていけば、もう少し言えることがあるのではないか、彼らは全国レベルよりも高いところにあったのではないか、ということです。つまり、ローマ帝国全体や日本国全体というよりも、大都市であるローマと江戸の中に、そういう人たちが集まっていた。

 ルビンジャー氏の見積もりはまだまだ低くて、お百姓さんや商人たちが年貢を納めたりするときのいろいろなやりとりを見ていくと、(両都市では)かなりの割合が簡単な読み書きならできただろうと分かってくる。まして江戸市中では、これは俗説ですが、江戸末期の就学率は7~80パ-セントにのぼったという人もいるのです。

――これは相当高いですね。

本村 当時のイギリスですら20~25パ-セント、フランスにいたっては1.5パ-セント。日本の高さは異常なほどです。少し割り引いて考えるとしても、寺子屋などの普及率は他の国に比べると著しいものがあったといいます。実際、寺子屋の数は江戸だけで1500軒ほどあり、一つの教室に10人から100人ぐらいいたといいます。全国にすると、大雑把な数字ですが1万5000軒ほどあったといいます。

 また、貸本屋の数は6550軒ほど。これは日本全体の数だったと思いますが、江戸だけで1000店近くあったのではないかと思います。貸本屋の顧客が1軒あたりどのぐらいあったのかというと、だいたい170~180人いたといいます。 それらを見ていくと、どれぐらいの人たちが文字を読めていたか、大雑把な推定はできるということです。


●ペリーが驚いた江戸庶民の好奇心


本村 こうしたことを見ても、世界的な規模でやはり江戸というのは相当ハイレベルに位置していた。つまり、近代における学校制度以降と比べた場合に、その一歩手前まで来ていたわけです。学校教育が出来上がっていないのに、そのレベルまで来ていた。これはよくいわれることですが、日本が近代化に成功した一つの大きな要因は、寺子屋による、つまり庶民レベルでの読み書き能力の高さというものがあったのではないかと考えられます。

 ペリーが来航した時、彼はもちろん武士とも会いますが、何か珍しいものをみんなに見せると、民・百姓がそれを見に恐る恐る集まってくる。そこにものすごい好奇心が感じられたので、びっくりしたと言っています。教育レベルの高...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。