テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

『寅さんの教育論』――山田洋次監督から学んだ大事な教え

組織心理学~若者とのコミュニケーション(2)自信をもたせることの大切さ

山浦一保
立命館大学スポーツ健康科学部・研究科 教授/博士(学術:広島大学)
情報・テキスト
若者や部下が相談してきたときに、聞き手である上司や先生、先輩などがつい話し過ぎるのはよくある失敗である。相手の話の辻褄が合わなくても、それなりのストーリーがあることを理解し、想像することが大切だ。最後に山田洋次監督の『寅さんの教育論』を紹介するが、大事なのは自信をもたせることである。(全2話中第2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:37
収録日:2023/06/21
追加日:2023/12/29
キーワード:
≪全文≫

●聞き手はしゃべりすぎない、話し相手の「ストーリー」を尊重する


―― 先生のお話でいうと、一般の、心理学に関する素養がなく、あまり勉強していない人が気をつけるべきことは、まずは打ち解けたあとで沈黙するというのが、ひとつのキーワードになりますか。

山浦 待つということですね。待つということは、自分の成長の中でも大事にしてもらってきた気がしているので、大事だと思います。心の準備は人それぞれにタイミングが違うことも、いろいろスポーツを見せてもらっている中で感じますので、それはとても大事にすべきでしょう。

 その後もしゃべりすぎない。だいたい気づくと、相談事のときは、聞き手だったはずの方、相談される方のほうが7~8割しゃべっていることがあるのですね。

―― おそらく一般的にはそういう方が多いですよね。特に上司・部下になると、とかくそうなりがちです。

山浦 そうです。私も昔そういう経験をしたことがあるのですが、それではかえって時間がかかります。学生がなかなか腑に落ちなくてスッキリしないので、ずっといる。ですから、やはりそこはグッと堪えないといけないのだと思いました。逆の割合にしないといけないと思います。

―― 非常に初歩的なスキル論になるかもしれないのですが、そういうときの相槌はどうされるのですか。

山浦 相槌は普通に「ふーん」と打ちます。

―― 共感を示しながら、という感じでやると。

山浦 そうですね。「ええっ?」ということはしないのです。

―― 「何言ってるの?」みたいな話ではなくて、とにかくもう聞いている、ということになるわけですね。

山浦 そうですね。それが全てです。「ちょっと、どうかな」というときももちろんあります。でも、話を聞いていると、目の前で相談している人の中には一つのストーリーがきちんとできている。それを理解した上で、アドバイスを求められたら答えられるようにしておかないと、多分腹落ちはしないだろうという感じがします。

―― そうですか。聞いていて変な箇所が出てきたとしても、その人のストーリーの中では、それがつながっている。もしかしたら、そのストーリーの中では変ではないのかもしれない、ということがあるわけですね。

山浦 そうなのです。端々にたくさんの背景要因があるはずであり、20~30分でそれまでの数年間を語り尽くせるわけがないのです。そこを端折ってしゃべっている限りにおいては、「ん?」と思うことが出てきます。最近はそのことをとても感じるので、何があっても「ふーん」と聞くようにしています。


●伝わりにくさへの無自覚が一番罪…お互いスキルを磨くことが大事


―― 今お聞きした先生の事例では、人生についての相談が比較的多いでしょうが、きっと仕事でもそうなのでしょうね。仕事の報告をしてもらうときでも、相手にどれだけ言ってもらうかというのが、きっと大変重要なポイントになるのでしょうね。

山浦 そうだと思います。その報告のし具合で成長の度合いが見えると思います。ゼミの学生もやはりそうで、卒業論文は必須なので、そのときに報告をしてくれない限りは次の手が打てないのです。その報告のしかた、どこまで作業ができたか自信を持って言えるかということを見極めるために、やはり報告は求めます。さらに、そのしかたも練習をしてもらうし、私のフィードバックの練習にも付き合ってもらうという感じです。

―― 教えるのはあくまで報告のしかたのようなところであって、それができるようになったら、相手の言うことはきちんと聞く。「貝になる」態度が、若い方が来てくれたときには大事になってくるということですね。

山浦 そうだと思います。報告・連絡・相談もきっとそうで、全てそうだと思います。

―― とかくありがちなのが、そういう報告の場というのは貴重な指導の場だから、きちんと伝えなければいけないと。それで自分の言いたいことをワッと言うというのは、私も胸が痛いケースが多々ございます。

山浦 いえいえ。私も失敗がたくさんあったと思いますし、傷つけたこともあったのだろうと思います。しかし、そこに対する無自覚さが一番罪だと思いますし、それも含めてどこが伝わりにくかったかということを返します。

―― なるほど。報告に対しては、「ここが分かりづらかったよ」ということを返すのですね。

山浦 はい。そうすると、次のときはやはり気をつけてきます。

―― そうですよね。

山浦 はい。2回目では無理でも、4回目ぐらいに急に上手になることもあります。私は記憶力が悪いので、同じことかもしれないけれども、自分が何をしてきたのか、何がしたいのかをもう1回説明するということを、くどいほどやるのです。それで、上手になります。

―― そうなのですね。

山浦 本当に忘れているのですが、...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。