10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
村田知之

村田知之

むらたともゆき

神奈川県総合リハビリテーションセンター 研究部リハビリテーション工学研究室研究員
<略歴>
1982年 愛知県生まれ。
2005年 近畿大学九州工学部建築学科卒。
2007年 佐賀大学大学院医学系研究科修士課程修了[修士(医科学)]。
2011年 神奈川県総合リハビリテーションセンター研究部リハビリテーション工学研究室任期付研究員。
2014年 佐賀大学大学院医学系研究科博士課程修了[博士(医学)]。
2014年 神奈川県総合リハビリテーションセンター研究部リハビリテーション工学研究室研究員。

講義

建築学から医学、リハビリテーション工学へ

生活支援ロボットと人の共生(1)越境する人材

神奈川県で「さがみロボット産業特区」の試みが進んでいる。厚木市の神奈川県総合リハビリテーションセンターは、生活支援ロボットの実証実験場として最も多くのロボッ...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/16

生活支援ロボットの実証実験場としての役割

生活支援ロボットと人の共生(2)ロボット産業特区

神奈川県総合リハビリテーションセンターで扱う「生活支援ロボット」とはどんなものなのか。なぜ病院で実証実験が行われるのだろうか。最先端技術の「共創」空間として...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/16

「筋電義手」が日本で普及していない理由

生活支援ロボットと人の共生(3)筋電義手

ロボットを活用したリハビリの相談窓口として、かながわリハビリロボットクリニックでは3つのテーマを掲げている。その筆頭である筋電義手は、脳からの命令が発する微弱...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/19

歩行アシストロボットを活用したリハビリテーション

生活支援ロボットと人の共生(4)ロボットリハビリ

ロボットを活用したリハビリテーションは、かながわリハビリロボットクリニックが掲げる2つ目のテーマだ。パワードスーツとして注目されるサイバーダインのHAL、安川電...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/24

企業や大学と連携したリハビリロボットの開発

生活支援ロボットと人の共生(5)ロボット開発

かながわリハビリロボットクリニックでは、企業や大学と連携してロボット開発も行っている。実際に生活支援ロボットが使われる現場として、ユーザー側からのフィードバ...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/24

ロボットが全ての問題を解決してくれるわけではない

生活支援ロボットと人の共生(6)ロボットに人が歩み寄る

ロボットを用いたリハビリの現場を見ると、それだけで全ての問題解決をしてくれるわけではないことが分かる。現実のロボットはドラえもんとは違って、1つの目的を達成す...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/24

海外と日本では車いすのイメージが違う

生活支援ロボットと人の共生(7)車いすとチェアスキー

パラリンピックのたびに、進化した姿に目をみはる。家屋が狭く、段差の多い日本の環境では、できれば避けたい移動手段だった車いす。そのネガティブ・イメージは、見慣...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/29

ロボットを取り巻くメーカー、行政、ユーザーの問題点

生活支援ロボットと人の共生(8)それぞれの問題点

生活支援ロボットが人と共生する社会を迎えるには、メーカー、行政、ユーザーのそれぞれが抱える問題点を見据える必要がある。まずは互いに互いを知り、どうすればロボ...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/29

ロボットと共生する社会に必要なものとは?

生活支援ロボットと人の共生(9)近づく共生社会

山海嘉之氏の「テクノピアサポート」という言葉が表すように、ロボットと人が融合した超スマート社会の到来に向けて、今後は「サポート」という言葉がキーワードとなる...
収録日:2018/12/06
追加日:2019/07/29

近いテーマの講師一覧

堀江重郎

順天堂大学医学部大学院医学研究科 教授

鄭雄一

東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻教授

門田守人

地方独立行政法人堺市立病院機構理事長国立大学法人大阪大学名誉教授

尾崎紀夫

名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野教授医学博士

真野俊樹

中央大学大学院戦略経営研究科 教授多摩大学大学院 特任教授医師

和田有史

立命館大学食マネジメント学部 教授