テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
山田康弘

山田康弘

やまだやすひろ

国立歴史民俗博物館 研究部 教授/総合研究大学院大学日本歴史研究専攻 専攻長
<プロフィール>
1967年東京都生まれ。

【学位】
博士(文学)(総合研究大学院大学) 【2007年取得】

【学歴】
筑波大学第一学群人文学類 【1990年卒業】
筑波大学大学院博士課程歴史人類学研究科文化人類学先史学専攻 【1994年中退】

【職歴】
1994年 熊本大学文学部文部教官助手
1996年 土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアム学芸員
1999年 島根大学法文学部助教授
2010年 島根大学法文学部教授
2011年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部准教授
2015年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部教授

【専門分野】
先史学

【主な著書】
『縄文時代の歴史』 (講談社現代新書、2019年1月)
『縄文人の死生観』 (角川ソフィア文庫、2018年6月)
『つくられた縄文時代: 日本文化の原像を探る』 (新潮選書、2015年11月)
『縄文人がぼくの家にやってきたら!?』(実業之日本社、2014年2月)

概説・縄文時代 (全13話)

収録日:2019/06/04
追加日:2019/10/01

高校日本史で学んだ縄文時代のイメージが最新の研究で変化

概説・縄文時代(1)縄文時代のイメージと新たな発見

追加日:2019/10/01
縄文時代研究の最前線に関して概説的に講義するシリーズレクチャー。第1話の今回は、現在まで高校の日本史などで事実として捉えられてきた縄文時代に関する通説が、最近の新たな発見によっていかに覆されつつあるかという点について解...

縄文時代のはじまりには三つの説がある

概説・縄文時代(2)縄文時代の開始時期に関する三つの説

追加日:2019/10/01
技術の進歩や新たな考古学的発見によって、縄文時代の年代や文化に関する従来のイメージは大きく変化することになった。その結果、いつから縄文時代が始まったのかという重要な論点に関して、三つの異なる説が生まれてくることとなっ...

縄文時代の開始と終了時期がなかなか定まらない理由

概説・縄文時代(3)縄文土器・縄文文化をめぐる議論

追加日:2019/10/08
縄文土器はどこから来た文化なのか、というのは難しい問題である。各地で出土した土器の年代を比較すると、実は日本国内で発明されたものであるという説が有力である。加えて、縄文時代の始まりと終わりに関してもいまだに議論が続け...

縄文人と現代人の間にはほとんど違いはない

概説・縄文時代(4)縄文人の身体的・遺伝的特徴

追加日:2019/10/15
縄文人とはどのような人々だったのだろうか。身体的特徴から見ると、現代人よりもたくましいが、日本列島内部での差異はほとんど見られない。しかし、DNAの分析手法の発展により、遺伝子解析を行えるようになった結果、南北で顕著な遺...

縄文時代の大きな特色は、定住生活が始まったということ

概説・縄文時代(5)定住生活のはじまり

追加日:2019/10/22
縄文時代の大きな特色は、定住生活を開始したことである。気候の変化や土器の発明によって、1カ所で継続的に食糧を調達できるようになり、縄文人は徐々に定住生活を選択するようになった。ただ自然のものをそのまま利用するだけでなく...

縄文時代早期の「定住革命」は現代まで影響を与える画期

概説・縄文時代(6)定住革命

追加日:2019/10/29
定住生活が始まると、さまざまな方面で定住生活文化が成熟していく。貝塚や作業場の設置、水路などのインフラ整備といったハード面の発展から、呪術や儀式、社会的な取り決めといった社会的・精神的なソフト面の発展まで、その範囲は...

秋の収穫から1年間の食料計画を立てていた縄文人

概説・縄文時代(7)厳しい環境下での食料計画

追加日:2019/11/05
水田稲作などの農耕生活にまだ入っていない縄文人にとっては、食料をどのように調達するかという点は非常に重要な課題であった。彼らは最も食料が不足する春や初夏に備えて、木の実などの収穫時期である秋から1年間の食料計画を立てて...

縄文人はどのような集落に住んでいたのか

概説・縄文時代(8)縄文時代の人々の集落

追加日:2019/11/05
縄文時代の人たちは、どのような集落に住んでいたのだろうか。縄文時代の典型的な集落としてイメージされるのは、竪穴住居や中央広場があることなどだが、一集落あたりの住居数や集落自体の内容(都市計画)は東日本と西日本では大き...

現代とは大きく異なっていた縄文時代の家族像

概説・縄文時代(9)縄文時代の家族像

追加日:2019/11/12
縄文時代、「家族」はどのようなものであったのだろうか。当時の社会状況を考えると、結婚相手は生まれた時点であらかじめ決められていた可能性が高く、現代のいわゆる自由恋愛は基本的になかったと考えるのが自然だという。また、家...

縄文人の「第二の道具」と呼ばれる土偶と石棒の意味

概説・縄文時代(10)縄文時代の精神文化

追加日:2019/11/19
縄文時代の精神文化に影響を与えたのは、定住性の強弱と人口の多寡。人口が多く、定住性も非常に強いと考えられる東日本では土偶や石棒が急激に発達したが、これらは二種類に分けることができる縄文人の道具の中で「第二の道具」と呼...

土器埋設遺構に反映されている循環的な思想

概説・縄文時代(11)土器埋設遺構と土器棺墓

追加日:2019/11/19
縄文時代の精神文化をより詳しく見ていくと、男女の性差の二項対立とともに、出産や再生をモチーフとした文化体系が浮かび上がってくる。山田康弘氏は土器埋設遺構のさまざまな例を挙げて、自然の中における人間生活の再生や循環が縄...

多数合葬・復葬例は縄文時代のモニュメントだった!?

概説・縄文時代(12)多数合葬・復葬墓の意義

追加日:2019/11/26
縄文時代も年代が下るにつれて、自然の中での循環と再生という死生観とともに、先祖から連なる直線的な関係を重視する系譜的な死生観の重要性が大きくなってくる。これは、気候の寒冷化によって血縁集団が解体したのち、温暖化に伴っ...

縄文時代の死生観と現代人の死生観は強くつながっている

概説・縄文時代(13)二つの死生観

追加日:2019/11/26
縄文時代にはまず再生・循環の死生観があり、その後、系譜的な死生観が発展してきた。しかし、系譜的な死生観は再生・循環の死生観の一部を切り出したものにすぎず、状況に強いられて発展してきたものであった。現代でも、系譜的な死...

近いテーマの講師一覧

本村凌二

東京大学名誉教授文学博士

田口佳史

東洋思想研究者

童門冬二

作家

小和田哲男

静岡大学名誉教授文学博士

中村彰彦

作家

片山杜秀

慶應義塾大学法学部教授音楽評論家