テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
元祐昌廣

元祐昌廣

もとすけまさひろ

東京理科大学工学部機械工学科 教授
東京理科大学工学部機械工学科 教授
東京理科大学総合研究院ウォーターフロンティア研究センター センター長

2001年 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 卒業
2006年 慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程修了 博士(工学)取得
2006年 東京理科大学工学部機械工学科 助手(助教)
2010年 デンマーク工学大学 マイクロ・ナノテクノロジー学科 客員教授
2012年 東京理科大学工学部機械工学科 講師
2015年 東京理科大学工学部機械工学科 准教授
2021年 東京理科大学工学部機械工学科 教授 / 東京理科大学総合研究院ウォーターフロンティア研究センター センター長

専攻:マイクロ・ナノ熱流体工学
研究:狭隘空間の熱流体現象の計測,微小空間でのナノ粒子操作,フレキシブル流体センサ開発,3D血管モデルの血流評価など
受賞:2007年 日本熱物性学会論文賞,
2010年 日本機械学会奨励賞,
2012年 日本伝熱学会奨励賞,
2014年 可視化情報学会奨励賞,
2016年 可視化情報学会技術賞

教養としてのナノテクノロジー (全10話・10話配信中)

松本洋一郎/山本貴博/由井宏治/元祐昌廣
収録日:2021/03/29
追加日:2021/07/22

人類に課せられたナノテクノロジーの使命と教養の重要性

教養としてのナノテクノロジー(1)科学における教養とは何か<前編>

追加日:2021/07/22
ナノテクノロジーの発明によって、人類は自由自在に物質をつくり出したり、その性質を変えることが可能になりつつある。これまでにないほど高度な技術を手に入れようとしている今だからこそ、科学における教養の重要性を考えることが...

水はナノの世界から理解していかなければいけない命題

教養としてのナノテクノロジー(2)科学における教養とは何か<中編>

追加日:2021/07/29
無限の可能性を秘めたナノテクノロジーは、学問体系をも再構成するほどの力を持っている。なぜなら、そこでは特定の分野を超えて物事を考えていくことが求められるからだ。その好例になるのが、「水」である。われわれにとって最も身...

ナノテクノロジーを利用する際に求められること

教養としてのナノテクノロジー(3)科学における教養とは何か<後編>

追加日:2021/08/05
「ナノテクノロジーというすごい技術を手に入れてしまったのだから、教養が必要だ」ということで、重要になってくるのはナノテクノロジーを実際に利用する際、何が求められるのかということだ。そこで、各講師にそれぞれ工学、物理学...

マルチスケールエンジニアリングによる安心で安全な未来

教養としてのナノテクノロジー(10)界面現象とマイクロ流体システム

追加日:2021/09/23
ナノメートルスケールの発見をメートルサイズスケールの人間の生活に役立てるには、実用に供するデバイスをつくり出す必要がある。近年、マイクロ流体システムを使用したデバイスの開発により、医療効率が格段に上がることが予想され...

近いテーマの講師一覧

由井宏治

東京理科大学理学部第一部化学科 教授

山本貴博

東京理科大学理学部 物理学科 教授

松本洋一郎

東京大学名誉教授外務大臣科学技術顧問

片岡一則

ナノ医療イノベーションセンター センター長東京大学名誉教授

内田智士

京都府立医科大学 大学院医学研究科 准教授

岸輝雄

新構造材料技術研究組合(ISMA) 理事長東京大学名誉教授

髙森建二

順天堂大学 名誉教授順天堂大学大学院医学研究科皮膚科学 特任教授

宮坂昌之

大阪大学免疫学フロンティア研究センター・招へい教授大阪大学名誉教授

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長