テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
松本洋一郎

松本洋一郎

まつもとよういちろう

東京大学名誉教授/外務大臣科学技術顧問
学歴:
1972年4月 東京大学工学部機械工学科卒業
1974年3月 東京大学大学院工学系研究科機械工学専門課程修士課程修了
1977年3月 東京大学大学院工学系研究科機械工学専門課程博士課程修了 工学博士

職歴:
1977年4月-1978年3月 東京大学工学部 講師
1978年4月-1992年7月 東京大学工学部 助教授
1992年8月-1995年3月 東京大学工学部 教授
2006年4月-2008年3月 東京大学大学院工学系研究科 研究科長,工学部長
2009年4月-2015年3月 東京大学理事・副学長
2015年4月-2018年3月 国立研究開発法人 理化学研究所 理事
2015年4月-2021年3月 国立研究開発法人 国立がん研究センター 理事
2018年4月-2021年3月 東京理科大学 学長
2020年4月- 外務省参与 外務大臣科学技術顧問 (現在に至る)

専門分野:
流体工学,計算力学、分子動力学,希薄気体力学,気泡力学,混相流,生体医工学

学会活動等:
日本学術会議連携会員、日本工学アカデミー顧問、日本機械学会名誉員、日本工学教育協会名誉会員、
日本流体力学会名誉員、日本工学会フェロー、米国機械学会フェロー(終身会員)など

受賞歴:  
日本機械学会賞論文賞(1993、1998、2007、2011)、ターボ機械協会賞論文賞(2004)、
ASME Calvin W. Rice Lecture Award(2005)、日本計算力学連合賞(2007)、
APACM Award for Computational Mechanics(2010)、ASME Ted Belytschko Applied Mechanics Award(2010)、
東京都功労者表彰(技術振興功労)(2015)、APACM Award for Senior Scientists(2016)、
日本混相流学会業績賞(2017)など

教養としてのナノテクノロジー (全10話・7話配信中)

松本洋一郎/山本貴博/由井宏治/元祐昌廣
収録日:2021/03/29
追加日:2021/07/22

人類に課せられたナノテクノロジーの使命と教養の重要性

教養としてのナノテクノロジー(1)科学における教養とは何か<前編>

追加日:2021/07/22
ナノテクノロジーの発明によって、人類は自由自在に物質をつくり出したり、その性質を変えることが可能になりつつある。これまでにないほど高度な技術を手に入れようとしている今だからこそ、科学における教養の重要性を考えることが...

水はナノの世界から理解していかなければいけない命題

教養としてのナノテクノロジー(2)科学における教養とは何か<中編>

追加日:2021/07/29
無限の可能性を秘めたナノテクノロジーは、学問体系をも再構成するほどの力を持っている。なぜなら、そこでは特定の分野を超えて物事を考えていくことが求められるからだ。その好例になるのが、「水」である。われわれにとって最も身...

ナノテクノロジーを利用する際に求められること

教養としてのナノテクノロジー(3)科学における教養とは何か<後編>

追加日:2021/08/05
「ナノテクノロジーというすごい技術を手に入れてしまったのだから、教養が必要だ」ということで、重要になってくるのはナノテクノロジーを実際に利用する際、何が求められるのかということだ。そこで、各講師にそれぞれ工学、物理学...

ナノテクノロジーを制する者は世界を制する

教養としてのナノテクノロジー(4)ナノテクノロジーとは何か<前編>

追加日:2021/08/12
最近よく耳にする「ナノテクノロジー」だが、そもそもそれは一体どのような技術のことなのか。クリントン元米国大統領が掲げた「国家ナノテクノロジーイニシアティブ」の計画と目標に着目し、アメリカと日本におけるナノテクノロジー...

燃料電池車、がんの治療などで活用されるナノテクノロジー

教養としてのナノテクノロジー(5)ナノテクノロジーとは何か<後編>

追加日:2021/08/19
国家ナノテクノロジーイニシアティブでは、ナノスケールで生じる現象やプロセスの根本的理解から社会的側面まで、7つのプログラムが構成されている。これに合わせて日本でもいろいろと動き出しているが、こうした世界的な動きの背景に...

ノーベル賞を共同受賞した「マルチスケール解析」とは何か

教養としてのナノテクノロジー(6)マルチスケール解析と応用<前編>

追加日:2021/08/26
2013年にノーベル化学賞を共同受賞した「マルチスケール解析」。量子力学と古典力学を融合させるこの解析を可能にしたのもスーパーコンピュータ「京」の登場、つまりテクノロジーの進化である。異なるスケール間を接続するためのマル...

マルチスケール解析を使うとどんなことが分かるのか

教養としてのナノテクノロジー(7)マルチスケール解析と応用<後編>

追加日:2021/09/02
マルチスケール解析を使ってどのようなことが分かるのか。水分子の散乱から気泡のマルチスケール構造まで、豊富な応用例をもとにマルチスケール解析の使い方を解説していく。こうした事例から分かるのは、異なるスケール間の現象をつ...

近いテーマの講師一覧

山本貴博

東京理科大学理学部 物理学科 教授

元祐昌廣

東京理科大学工学部機械工学科 教授

由井宏治

東京理科大学理学部第一部化学科 教授

岸輝雄

新構造材料技術研究組合(ISMA) 理事長東京大学名誉教授

磯貝明

東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻 教授

片岡一則

ナノ医療イノベーションセンター センター長東京大学名誉教授

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長

浦環

東京大学名誉教授株式会社ディープ・リッジ・テク代表取締役

中尾彰宏

東京大学大学院情報学環 教授