10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.06.09

30~40代でお金に困りがちな人の習慣とは?

30代・40代の約2割が貯金ゼロ

 30代・40代の23.1%が貯蓄できておらず、60.5%が貯蓄額100万円以下というリアルな実態が発表されました。これはSMBCコンシューマーファイナンスが全国の30歳から49歳の男女1000人に実施し、今年3月に発表された、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」の結果です。

 さらに同調査によると、30代・40代の平均貯蓄額は195万円。この数値は数億円レベルの貯蓄があるようなレアケースを含まないよう、上位と下位それぞれ10%の回答を除外して算出する10%調整平均によって出されています。よく見かけるお金のアンケートでは、約500万円とか約600万円とかいわれることもある30代・40代の平均貯蓄額ですが、このような数字が出るのはレアケースも含めて平均値を出しているから。195万円という数字のほうが、より現実的といえるでしょう。

 ところが、仕事をリタイアするまでにあれば安心できる貯蓄額は平均5214万円となっており、平均貯蓄額から大きくかけ離れています。なかなか賃金が上がらない近年、貯蓄を増やすには節約が大切ですが、そもそも30代・40代はどのようなお金の使い方をしているのでしょうか。同調査の結果からさらに探ってみます。

お金が貯まらない人の習慣が見え隠れ

 消費行動の基本的な意識は、「無理をせず、買える範囲で良いものを選びたい」に同意する人が30代で87.8%、40代で89.0%でした。「多少無理しても、良いものにお金をかけたい」に同意する人が30代で48.0%、40代で45.4%であるのに対し、どちらの年代も40%近く高い数値が出ており、堅実な消費を理想としていることがわかります。

 この一方、有職者772人に調査したところ、仕事が終わったあとに寄り道をするいわゆる「フラリーマン」は49.7%と半数近くにのぼりました。さらにこのうちの男性242人に尋ねた結果によると、寄り道したときの平均出費額は月に1万1460円。寄り道先は1位がコンビニ、2位が本屋、3位が居酒屋・バーという結果になりました。

 仮に月20日間勤務して毎日寄り道先で買い物をしたとすれば、1回の出費は573円となります。この金額自体はさほど高くないので、「無理をせず、買える範囲で良いものを選びたい」という消費意識にかなっているでしょう。しかし月に1万1460円の出費を1年間続ければ、寄り道の出費だけで13万7520円にもなります。実はこのような「意識せずに毎日使ってしまっているお金」は「ラテマネー」と呼ばれ、お金が貯まらない習慣の代表格とされています。

収入より支出を意識する習慣を

 ラテマネーはアメリカの資産アドバイザーであるデイヴィッド・バック氏が、著書「The Automatic Millionaire(邦題・自動的に大金持ちになる方法)」で提唱した概念です。「ラテ」はおなじみカフェラテから取ったもの。平日に毎日400円のラテを買っていると、1年間で10万円近い出費になるという考え方です。支払うときは大したことないと思っているラテ代も、意識して節約すればまとまった貯蓄につながり、これが大金持ちへの道になるとバック氏は説いています。

 400円という金額は、フラリーマンが寄り道で使ってしまう金額に近いですよね。「大したことない金額」を「なんとなく」払っている人は実際にたくさんいることがわかります。もちろんラテマネーの「ラテ」は必ずしもカフェラテではなく、人によってさまざま。ラテマネーになりやすいものにはタバコ代、お酒代、ATM手数料、セールで衝動買いした服やバッグなどがあります。また、携帯代を見直して使用量に合ったプランに変更する、ペットボトル飲料は自販機よりもスーパーの安売りで買うなどのように行動を改めることはラテマネー削減につながります。

 貯蓄を増やすには、収入を増やすしかないと思う方も多いでしょう。しかし高収入ではなくても貯蓄できている人はいますし、逆に高収入でもまったく貯蓄がない人もいます。貯蓄できるかは収入よりも支出の問題。ラテマネーを意識して減らしていけば、お金が貯まらない習慣から脱出できるでしょう。

<参考サイト>
・SMBCコンシューマーファイナンス 30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019
http://www.smbc-cf.com/news/datas/chousa_190306.pdf
(10MTV編集部)

あわせて読みたい