テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2021.10.28

断線した充電ケーブルに注意!発火の危険も

 ワイヤレス充電も普及してきましたが、充電はまだまだケーブルが主流ではないでしょうか。ケーブルを繋いで充電する際に問題となるのが、断線です。断線すると充電できなくなるのは当然ですが、より大きな問題は、発火のリスクがあるという点です。では断線を防ぐにはどのように気をつければいいのでしょうか。

ショートして発火

 スマホやタブレットなどの充電には使うケーブルは、iPhoneならライトニングケーブル、AndroidならUSBケーブル(特にType-Cのケーブル)が多いのではないでしょうか。これらを長く使っていると、ケーブル途中の被覆(カバー)が剥がれたり、端子とケーブルの接続部分(コネクタ)が折れ曲がったりすることがあります。この状態で使用することはたいへん危険です。

 一部分が折れ曲がったり断線したりしていると、その部分を避けて電流が流れることになります。このとき、問題のある部分の銅線には大きな負荷が生じています。つまりこの部分での電気抵抗が大きくなり、発熱します。こうして発熱すると周囲の被覆が溶け、最終的には電流がショートして発火します。もしこれが就寝中に起こった場合、住宅への損害だけでなく、火傷を負うといったように問題が大きくなることは想像に難くありません。また、問題は発火だけではありません。ケーブルの損傷部分から漏電し、使用していた人が感電死するという事故も海外では発生しています。

ケーブルは結ばない

 このように、断線したケーブルを使うのはかなりリスクが高いです。では断線させないためには、どういった対策を取れば良いのでしょうか。まずは「強く引き抜かないこと」です。ケーブルは取り回しの便利さも考えてかなり柔らかく作られているものが多いです。逆に考えれば、それだけ脆弱です。充電後に強く引き抜いたりすれば簡単に断線します。

 次にケーブルを持ち運ぶ際には結ばないようにしましょう。ケーブルは捻ったり伸ばしたりということに大変弱いものなので、結んだりモバイルバッテリーに巻きつけたり、強く縛ったりすると強い負荷がかかり、被覆部分も銅線も傷みます。またぐちゃぐちゃにして収納すると、取り出す時に引っかかって力が加わったり、他のケーブルと絡まったりして傷むことが考えられます。ケーブルは自然に円形を描くようにまとめて、必要があればその状態で軽く止める程度にしましょう。

充電しながらの使用は断線の元

 ケーブルでも特に注意が必要なのはコネクタ部分。この部分の断線がかなり多いようです。原因として考えられるのは、充電しながらの利用です。充電している時にスマホを使うと、画面を自分の見やすい位置に動かそうとして、ついケーブルを引っ張ってしまいます。このとき一番負荷が大きいのはコネクタ部分です。また、スマホを横持ちにした際に指が当たって負荷がかかってしまうことも多いようです。

 こういったことから、耐久性の高い充電ケーブルを選ぶ、というのも一つの選択肢です。屈曲耐久性の高いケーブルも発売されています。これであれば寝転びながら使ってもケーブル自体には大きな問題は起きなさそうです。また、コネクタがL字形のケーブルであればスマホを横に持った時でも指と干渉しにくく、断線の予防になるという話もあります。しかし、充電しながらの利用は、ケーブルへの負荷だけでなく、発熱によってバッテリーをいためるリスクが高いという問題もあります。できる限り避けたほうがいいでしょう。

充電ケーブルを選ぶときの基準

 ケーブルは100円ショップでも売られています。しかし、安い商品は品質に問題がある場合もあります。可能な限り名の知れたメーカーのものを選んだ方が良さそうです。iPhone用のライトニングケーブルであれば、純正品でなくとも「MFi認証」がある製品であればアップル社の基準を満たしています。この認証を受けている製品はOSのアップデート等でも対応することが保証されています。Androidの充電ケーブルも耐久性は意識しましょう。ナイロン素材が使われているケーブルなどは、比較的耐久性が高いようです。

 安全な充電を行うために大事な点は、ケーブルを触って少し膨らみを感じたり、被覆(カバー)部分が破れたりしたら、その段階で買い換えることです。また断線させないためには、充電しながらの利用を避ける、ケーブル保管時には強く束ねない、という2点がポイント。また、買い換えるのは面倒という人は、はじめから丈夫なケーブルを準備するのも一手です。

<参考サイト>
充電について|NTT docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/support/safety/charge/
ボロボロの充電ケーブルには注意!スマホを充電中に感電死~タイ|iPhone Mania
https://iphone-mania.jp/news-267911/
ベッドサイドのスマホ充電器に要注意!米国で感電、やけど事故の報告が急増|@DIME
https://dime.jp/genre/754695/

あわせて読みたい