テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.07.16

炎天下の車内、温度を一気に下げる方法は?

 買い物や旅行の時に自家用車を愛用している方も多いでしょう。しかし、特に夏場には戻ってきたら車内がサウナのようになっていて、ハンドルやシートベルトが触るだけで熱くなっていることも珍しくありません。クーラーを入れてもすぐには冷えずに困っている方もいるのではないでしょうか。そんな炎天下になった車内の温度を一気に下げる方法はあるのでしょうか?

車内温度を下げる方法

 夏の暑い時期に直射日光が当たる場所に駐車した車は、車の外観も部品も温められて、車内の温度は50~60度に達するといわれています。車内の熱気を逃すためにはクーラーをつける、窓を全開にする、冷却スプレーを使う、ドアを開閉させる、車体に水をかけるなどさまざまなやり方を考えることができます。

 JAFが行った実験によると、その中でももっとも効率的に温度を下げる方法は「窓を全開にしてエアコン(外気循環)をかけながら走行する」でした。上記の通り、炎天下の車内は50~60度なので、どんなに熱くても外の温度の方が低くなっています。

 そのため、まずは窓を全開にしながら走行することとエアコンで外気を取り入れることで、車内の温度を外気と同じくらいまで下げます。空気の入れ替えが終わったら窓を閉めて、エアコンを内気循環に切り替えれば、一番効率的に車内の温度を下げることができるのです。このやり方は短時間で車内の温度を下げられるため、燃費や環境のことを考えても最適な方法だとされています。

 一方で、車に水をかけるのは外観から冷やすということでは良いアイデアなので効果が期待できます。しかし、それなりに車を冷やすには水が大量に必要になること、水垢ができてしまう可能性もあるのであまりオススメできません。

 同じく冷却スプレーを熱くなったシートベルトや金具に使うと効果的ですが、引火性のガスなので火気には注意しましょう。スプレーを車内に置いておくと爆発する可能性もあるので、取り扱いにも気をつける必要があります。

車内温度が上がらないようにする工夫も

 できればそもそも車内の温度があまり上がらないようにしておきたいですよね。そのためにはいかに直射日光を避けられるかがポイントになります。

 駐車する位置はなるべく直射日光の当たらない屋根のある場所か、木や建物の影になるところを選びましょう。長時間駐車する場合には、太陽の位置によって日の当たる場所も変わるので注意が必要です。

 また、日が当たらないように日除けグッズを活用するのも良いでしょう。よくみる光景ですが、フロントガラス部分にサンシェードをつけるのはとても効果的です。他の窓にも同じように光を避けるためのウインドーネットやカーフィルムをつけておくとより高い効果を得られるでしょう。

 いかがでしたか? グッズを活用したり、こうしたテクニックを駆使することで少しでも快適なドライブを過ごせるはずです。ぜひ、実践してみてくださいね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授