テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2022.08.23

なぜ日本の道路はツギハギだらけなのか?

 道路を通っていると、ひとつの道が綺麗に舗装されているのではなく、一部分だけ工事した跡が何箇所もあってツギハギだらけになっている、という光景を目にすることは少なくありません。見た目としてもツギハギがなく平らに舗装されている方がキレイなのに、なぜ一度にきれいにすることはできないのでしょうか?

道路のツギハギができてしまう理由

 道路の下には上下水道、ガス、電気、電話など、さまざまなライフラインに関わる管や線が埋設されています。これらの設置や交換などの理由で工事が行われますが、複数の場所を一度に工事することはできません。そのため、ひとつの工事が終わったら、道路を安全に通行できるようにいったんその場所を仮で埋めて次の工事を行う、といったように順序立ててやる必要があります。「同じ場所でまた工事している」と感じることがあるかもしれませんが、同じ工事をしているのではなく、その前とは異なる工事を行っているのです。

 これらの工事が全て終わらない限りは全面を舗装し直さないため、道路はツギハギになってしまうのです。すべての工事が終わるのには数年がかかりますが、すべての工事が終わればようやく一面をキレイに舗装することができます。

アスファルト舗装がもっとも多いのはなぜ?

 ちなみに道路舗装をするとき、日本ではほとんどの道路でアスファルトが使われています。他にもコンクリート舗装、ブロック舗装もありますがアスファルト舗装に比べるとその数は限られているのです。

 というのも、アスファルトは耐久性はコンクリートに劣るものの、安価で加工がしやすいのが特徴で、維持・修繕がしやすいという特徴を持っています。上述したような使い方をするのにもっとも適しているのがアスファルト舗装だといえるでしょう。

 なお、コンクリート舗装はアスファルトよりも耐久性があるのですが、高価で施工の日数がかかるというデメリットがあります。その特性を生かして、トンネルや空港といった丈夫さや安全性が求められる場所に使われています。

 ブロック舗装は観光地や街中などで見られる程度で、あまり多く使われてはいません。時々、ブロック舗装の一部がアスファルトになっているのを見かけますが、これも仮埋め立ての状態。なお、アルファベット一文字が書かれていることがありますが、「T」ならNTT、「E」なら東京電力、「G」なら東京ガスなど、どの事業所の工事なのかを知ることができます。

ツギハギの道路が危険な場合には

 道路がツギハギだらけなのは工事中なので、じきに舗装されると分かっていても、古い道路では継ぎ目からひびが入ったり、穴ぼこが空いたりして通行が危険なこともありますよね。そんなときには自治体に連絡すれば、道路の補修が必要な場合には対応してくれます。工事が終わるまでの辛抱と思わず、安全のためにも連絡するようにしてください。

<参考サイト>
・同じ場所を何度も工事する理由とは? 道路工事の裏事情と舗装技術 | トヨタ自動車のクルマ情報サイト‐GAZOO
https://gazoo.com/column/daily/17/03/29/
・港区ホームページ/道路工事後の舗装の直し方について(区民の声)
https://www.city.minato.tokyo.jp/kouchou/kuse/kocho/ikenshokai37/861.html
・道路工事の後、つぎはぎの状態の時がありますが、なぜちゃんと舗装しないのでしょうか 横浜市
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/doro/qa/koji/20190306115444650.html

あわせて読みたい