テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2024.01.04

なぜ日本人はマスクを外さないのか?

 新型コロナの世界的なパンデミックによって、マスク着用は広く社会に浸透しました。ただし今はもう世界的にはマスクを外す人が大多数となっています。

 また日本でも、2022年5月の時点で「屋外でほとんど会話をしない場合マスクは不要」とした基本的対処方針を正式に決定し、厚生労働省を中心に「屋外ではマスクの着用は原則不要」と告知しています。

 しかし、多くの日本人は屋外でもマスクを外さない人が大多数です。なぜ日本人はマスクを外さないのでしょうか。

日本人がマスクを外さない「6つの要因」

 大企業のリーダー・官僚・政治家といったトップエリートを対象としたプレゼン・スピーチ等のプライベートコーチングに携わり、劇的に話し方を改善させた実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれる、コミュニケーション戦略研究家の岡本純子氏は、日本人を「マスク信仰」に駆り立てる「6つの要因」を以下のように挙げています。

【日本人を「マスク信仰」に駆り立てる「6つの要因」】
(1)日本人の徹底したリスク回避志向
(2)日本人は「目」で、欧米人は「口」で表情を判断する
(3)日本語の「周波数」により、英語ほどには発声も聞き取りも難しくない
(4)アメリカと日本での「マスクの象徴」の違い
(5)花粉症や感染症対策における「慣れ」と「信頼感」
(6)「過剰な自意識」が働く、日本の“お家芸”「ザ・同調圧力」

 「6つの要因」をより具体的に見ていきましょう。まず、「(1)日本人の徹底したリスク回避志向」は、日本人は世界的にみてもリスクを極端に恐れる“ゼロリスク志向”の人が多いといわれています。

 次の「(2)日本人は「目」で、欧米人は「口」で表情を判断する」は、日本人と欧米人のコミュニケーションのスタイルの違いに起因し、日本人は「目」で、欧米人は「口」で表情を判断する傾向から、マスクを外さなくても日本人は欧米人ほどコミュニケーションに困らないと考えられています。

 続く「(3)日本語の「周波数」により、英語ほどには発声も聞き取りも難しくない」も、(2)と同様にコミュニケーションに与える影響です。英語の多くの子音の周波数はマスクをしていると発生しにくく聞き取りづらい反面、日本語の子音の周波数は英語よりは聞き取りやすくマスク着用の影響も受けにくいといわれています。

 一方、「(4)アメリカと日本での「マスクの象徴」の違い」は、マスクの「シンボリックなとらえ方」の違いといえます。欧米では「マスク=重病」「マスク=不気味」として警戒されたり、とくに保守派を中心に秘密主義・不信感・貴族的な変装を連想させることから「自由への抑圧の象徴」ととらえられたりしているなど、マスクをふだん使いすることへの抵抗感が大きいと考えられています。

 そして「(5)花粉症や感染症対策における「慣れ」と「信頼感」」は、日本人は新型コロナ禍以前から花粉症や風邪などの季節性の疾患や感染症の対策としてマスクを活用していました。そのため、日本人はマスクに「慣れ」と「信頼感」があり、マスクと親和性が高い国民性があるように思われます。

 極めつけは「(6)「過剰な自意識」が働く、日本の“お家芸”「ザ・同調圧力」」です。マスクの着用は原則不要とされている屋外であってもマスクを外せない理由に、他者の目を気にする日本人の「過剰な自意識」が働いていることが予想されます。ただし、現代における日本人の「過剰な自意識」は単なる自己防衛といった消極的意志からではなく、不要なトラブルを避けたいという積極的意志も多いに含まれているのではないでしょうか。

マスクが防ぐリスクの変化

 以上から、マスクは日本人にとって新型コロナの世界的なパンデミック以前からそれほど抵抗なく利用され社会的にも受け入れられていたが、さらに日本人の徹底したリスク回避志向によって、大多数が外さない状況になっているといった状況がうかがえてきます。

 マスクを外さない日本人も、個々人にはそれぞれの意思や意見があり、例えば、自身の体調や体質を考慮し、身近な人が重症化リスクの高い人であることなどの現状から、感染予防として有効と考え外さない人もいるでしょう。

 反面、感染リスク対策のためではなく、同調圧力による対人関係のリスク対策としての「忖度マスク」によって外せない人も多いように思われます。

 つまり、日本人がマスクを外さない理由は、単に医学的・科学的なリスク軽減の観点や感染との因果関係で語られるものではなく、すでに文化的・儀礼的なリスク軽減のツールでありアイテムへと変化しているといえます。このように、不安を行動へと昇華するための便利なツール兼アイテムとなったマスクに対して、秀明大学教授で社会学者の堀井光俊氏は、「マスクは現代の“お守り”」と称しています。

 もちろん、マスクが医学的・科学的に感染リスクを軽減させるのであれば、マスクは外さない方がよいでしょう。

 しかし、大多数の日本人がマスクを外さない現状が世界的にみても異質であることやコミュニケーションを取りにくいといった現時点でのデメリットやコストパフォーマンスの問題ではなく、マスクを外さない社会がより深刻なリスクをもたらす危険性について、警鐘を鳴らす人々もいます。

 例えば、京都大学大学院教育学研究科教授で比較認知発達科学を専門とする明和政子氏は、脳科学的な観点から、マスク社会がもたらす子どもの発達への負の影響は大きく、今後ますます甚大になると懸念し、“マスクを外さない”ことによる医学的・科学的なリスクを増大させうる危険性を示しています。

「マスクを付ける」もしくは「外す」という行為は、個人的であればささやかな行為です。しかし、「日本人」という大きな主語となり、さらに日本人の長期的な集団行動になったとき、将来的なリスクが発生するのかもしくはリスクは発生しないのかなども未知数です。多角的な視野に立った意見交換や話し合い、そして文化的・儀礼的な心情を十分に考慮した、未来志向の科学的・医学的な検証が求められています。

<参考文献・参考サイト>
・『マスクと日本人』(堀井光俊著、秀明出版会)
・『マスク社会が危ない』(明和政子著、宝島社)
・新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(2022年5月23日変更)- 内閣官房内閣広報室
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kihon_r_040523.pdf
・マスクの着用について - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00001.html
・日本人「マスク外す日」、永遠に来そうにない6理由 - 東洋経済
https://toyokeizai.net/articles/-/621095
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

こりごり?アイ・ラブ・トランプ?…トランプ陣営の実状は

こりごり?アイ・ラブ・トランプ?…トランプ陣営の実状は

「同盟の真髄」と日米関係の行方(7)トランプ氏の評価とその実像

「こりごりだ」「アイ・ラブ・トランプ」…いったいどちらが本当のトランプ評なのか。前大統領のトランプ氏は、過激な発言で物議を醸すことも多かったが、その人柄はどのようなものだったのだろうか。2024年11月アメリカ大統領選...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/24
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

正解がタダ!?大規模言語モデルの「自己教師あり学習」とは

正解がタダ!?大規模言語モデルの「自己教師あり学習」とは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(3)言語モデルと「自己教師あり学習」

生成AIによる出力の精度を飛躍的に向上させた大規模言語モデル。はたしてこれまでの言語モデルとはどのような違いがあるのか。1940年代に出た言語モデルの原型を手始めにその仕組みを解説しながら、大規模言語モデルの画期性を...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/23
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
3

小林秀雄から福田和也まで、日本の文芸批評史を俯瞰する

小林秀雄から福田和也まで、日本の文芸批評史を俯瞰する

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(1)曖昧になった日本人の「自然」

前近代と近代、戦前と戦後といった社会の転換期において、日本人の精神的な拠り所には大きな「ズレ」が生じていた。それを指摘し、そのズレを縫合する方法を模索したのが小林秀雄や吉本隆明といった文芸批評家である。彼らの議...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/06/16
浜崎洋介
文芸批評家
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

大人の学び~発展しつづける人生のために(3)埋もれた好奇心を掘り起こすために

成長の過程で埋もれてしまった好奇心の発掘が、大人の学びには不可欠である。本当の「好き」も、真の主体性も、そこから始まるからだ。そのためには、自分にはめられているタガをいったん外し、よそ見や寄り道などをして遊ぶこ...
収録日:2024/02/18
追加日:2024/07/22
対談 | 為末大柳川範之