テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.01.03

高速道路に「照明がない区間」がある理由

 高速道路を走る時には、基本的に自車のヘッドライトが頼りです。このことから、サービスエリアや料金所の明かりが見えてほっとしたという経験のある人も多いのではないでしょうか。道路自体がもっと明るければ運転しやすいのに、と感じる人もいるかもしれません。しかし、実は高速道路の明るさは、安全のためにしっかり管理された上で暗いのです。ということで、ここでは高速道路での夜間の明るさはどのように管理されているのかという点についてみてみましょう。

本線の照明は眩惑(目眩し)への対策の意味合いもある

 高速道路の照明は「局部照明」と「連続照明」に分かれます。「局部照明」とはインターチェンジやジャンクション、SA、PAなどにおける照明、「連続照明」とは本線上の照明です。こちらは、基本的には霧など気象条件に影響を受ける場所や、道路の線形などが特殊な区間、分岐・合流地点、橋、バス停、トンネルなどに設置されています。さらに特に都市部では、道路上にはなにもない場所であっても連続照明がある場所があります。これは周囲のビルなどの建物や広告灯の照明などが眩しい場合といった条件があるようです。

 またトンネルでは照明が必須ですが、その色はオレンジが多いです。これは旧来からの水銀ランプに比べて消費電力が2分の1から3分の1の「低圧ナトリウムランプ」と呼ばれるものが使われているからです。このランプは排ガスや塵といったものの影響を受けにくい点でもトンネルに適していることもあり、1960年台から普及してきました。

夜間道路は安全のために暗い

 日本の一般的な高速道路での夜間走行は、基本的には車のヘッドライトだけで安全な運転ができるように作られています。むしろ照明がある場所は、特に気をつけなければならない場所や、他の光に目が眩惑されて運転しづらくなる場所です。この点は特にトンネルを考えると顕著です。トンネルでは入り口付近は明るく、奥へ行くほど照明が暗くなります。これは人間の目が明るい場所から暗い場所に移動した際、光量調節に時間がかかるからです。トンネルは目が少しずつ暗さに順応できるような仕組みになっています。

 もっと幅広い範囲で明るくしてもらえれば、夜間運転も楽になるかもしれません。しかし、見えづらいということも安全対策の一つです。ヘッドライトのみであれば先が見えづらいことから、速度を落として運転することになります。このことが結果的に事故防止に役立っています。もっと言えば、明るくする範囲を広げれば、多大な設置コストや維持するための電気代、さらに定期的な改修コストがかかります。明るくするのは安全のために必要最低限の範囲とするのが最も合理的です。

街灯は低位置照明に、トンネルはLEDに変化してきている

 最近では高い位置の街灯ではなく、道路の側面など1mほどの高さから道路を照らす、低位置照明も増えているようです。東京湾アクアラインではこれが採用されていますが、これであれば、周囲に光が漏れることも少なく光害を抑制できることがメリットです。また高所作業にならないのでメンテナンスも楽で、安全です。ただし、設計の難度が上がることもあり、導入コストが高くなる点はやや欠点かもしれません。

 また昨今ではトンネルの照明でもLEDが増えているようです。LEDであれば消費電力は低圧ナトリウムランプの30%程度、耐用年数も低圧ナトリウムランプが約1年であるのに対して、およそ10倍の10年弱となります。初期費用はLEDの方が若干高いようですが、ランニングコストが安いことで長いトンネルであればあるほど、コストの縮減効果は大きいと考えられます。

<参考サイト>
よくあるご質問|NEXCO西日本
https://www.w-nexco.co.jp/faq/13/
道路照明施設設置基準|国土交通省
https://www.mlit.go.jp/road/sign/kijyun/pdf/20070905syoumei.pdf
白色のLEDが主流? トンネル内のオレンジ色の照明はなぜ減っているのか?|ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/column/169211
LEDトンネル照明導入によるコスト縮減効果について―北海道横断自動車道トンネル群への導入事例―|国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所
https://thesis.ceri.go.jp/db/files/374929213567389cf4be53.pdf
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
2

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
3

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

行動経済学とマーケティング(3)オトリ商品の罠とアンカリング効果

「オトリ商品の罠」という現象がある。寿司屋を例に挙げると、松竹梅という3つのメニューにおいて、オトリ商品の出し方を3つほど提示するのだが、そうすると、それぞれオトリになる商品があることによって、選択率が変わるとい...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/20
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
4

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
5

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授