テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.05.16

神社の狛犬は「犬」じゃなかった?

 神社に鎮座する狛犬の像。その名はあまりに有名ですが、どうしてそこにあるのか、その起源は何なのかを、詳しく知る人は多くないでしょう。そもそも狛「犬」という名前ではありますが犬ではなく、架空の生き物とされています。

 狛犬とは、いったいどのような存在なのでしょうか。

狛犬の役割

 狛犬は神様のいる本殿や拝殿の前、あるいは参道の両脇に二体一対で置かれていることが多く、その役割は神様を守るため、あるいは魔除けのためといわれます。

 正体については諸説ありますが、麒麟(きりん)や獏(ばく)のような架空の生き物、いわゆる「霊獣」のひとつだとされます。

「犬」という字が使われますが、見た目はたてがみを持った雄々しい姿で、犬というよりライオンのようです。これは、狛犬はもともと「獅子」が起源だったことに由来しています。

狛犬の起源

 はるか昔の海の向こう、古代オリエントの時代。ライオンは権威と力の象徴として人々に崇められていました。ライオンは王とその一族を守る守護神と考えられ、玉座などインテリア装飾のモチーフとなったり、城門の前や王の墓前に獅子をかたどった像が置かれたりしました。現代まで残るエジプトのスフィンクスも、頭は人間ですが身体はライオンであり、王の墓であるピラミッドを守る役目を担っていると考えられています。

 やがてライオンの存在は東へと伝えられ、「獅子」として古代インドや中国の伝説に現れるようになりました。仏教では獅子は仏国土の守護神となり、釈迦が説法する場を「獅子座」と呼ぶなど、重要な立ち位置を占めるようになります。

 こうして中国から朝鮮半島、そして日本へと、仏教を始めとする大陸の文化が伝えられると同時に、獅子もまた、日本にやってきました。この時に獅子は仏の守護獣で、二体一対で置かれるものだと伝わったようです。

狛犬の名の由来

 狛犬の語源については、日本に伝来した当時の朝鮮王朝(唐)が「高麗(こうらい)」だったことから「高麗犬(こまいぬ)」という名で呼ばれ、やがて「狛犬」へと変化したというのが定説です。

「狛」の字が当てられたのは、「狛」が朝鮮半島を含めた中国周辺の地(外の世界)を表すため、または「狛=神獣」の意味だからという説があります。

 ただ「犬」の字が当てられてはいるとはいえ、この時伝えられたのは犬ではなく、あくまで架空の生き物である「獅子」です。その姿も、現代の狛犬とは大きく異なっていました。

 ではなぜ「犬」と呼ばれたかというと、天皇の警護役が犬の鳴き声をまねて警備していたからという説、古代日本では下等なもの、取るに足らないもののことを「犬」と呼び習わしていたため、獅子を「正体不明の謎の生き物」と解釈したのだという説があります。いずれにせよ、はっきりとは分かっていません。

一対の獅子像が、狛犬と呼ばれるようになるまで

 一対の「獅子」たちは、いつ、どのように、今の私たちが見るような「狛犬」の姿となったのでしょうか。

 実は日本に伝来した当初の獅子像の多くは、二体とも大きく口を開け、向き合うように造られた、左右対称(シンメトリー)の姿でした。しかし自然そのものの姿を尊重した古代の日本人は、人が作為的に生み出す「シンメトリー」よりも「アシンメトリー(左右非対称)」をより美しいと感じていました。そのため、まったく同じ獅子を並べるのをよしとせず、新たに“別の生き物”をつくり、獅子と組ませたのです。

 二体のうちの片方は、これまでと同じ「獅子」で、大きく口を開けた姿。“阿吽の呼吸”でいう「阿形(あぎょう)」としました。そしてもう片方に、新たに生み出した“オリジナルの霊獣”を置き、獅子と一対としたのです。それは獅子のようでありながら頭に角が生えており、口をぐっと引き締める「吽形(うんぎょう)」の姿にかたどられました。この“オリジナルの霊獣”のほうを「狛犬」と呼んだのです。

 平安時代はこの『獅子×狛犬』バージョンが、聖域を守る一対の霊獣として全国に広がっていきました。

 しかし時代の変化とともに、二体の像も変容していきます。「狛犬」の角が取れ、二体はどちらも「獅子」に似た姿で作られるようになりました。ただ呼び名は「狛犬」のほうが広く浸透していたため、二体まとめて「狛犬」と呼ぶのが通例となります。

 そして加工技術が発達するにともない、石工たちの手によって各地で個性的な狛犬が生み出されました。あとから入ってきた「唐獅子」に似せたもの、逆立ちさせたもの、ウサギに寄せたもの……と、旧来の獅子の姿とはかけ離れたものが増え、どちらが獅子でどちらが狛犬なのか、二体の区別はますます不明瞭になりました。やがて狛犬が大衆化されると「おおよその狛犬のイメージ」が世間で固まり、現在のような姿になったと考えられます。

 つまり、現代でいう狛犬とは、獅子でも犬でもない“日本独自の霊獣”ということになります。

 旧来の『獅子×狛犬』タイプの狛犬も各地に残っていますが、その場合は「口を開けているほうが獅子、閉じているほうが狛犬」と判断できるでしょう。前述したように、伝統的な狛犬には角が生えているため、それで見分けることも可能です。

 ただ、狛犬であっても「獅子」と呼ぶこともあり、人によって多少の解釈違いはあるようです。

 いかがでしたか。ちょっとややこしい歴史を持つ狛犬ですが、険しい表情ながらどこかユニークで愛らしいその姿に魅了される人は少なくありません。神社に立ち寄ったら、ぜひ狛犬の姿にも注目してみてくださいね。

<参考サイト>
・狛犬のいろはを学ぶ(奈良県歴史文化資源データベース)
https://www.pref.nara.jp/miryoku/ikasu-nara/komainu/iroha/
・狛犬とは(神社専門メディア 奥宮-OKUMIYA-)
https://okumiya-jinja.com/knowledge/komainu/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本企業の弱点と人材不足の克服へ(1)膠着する日本経済の深層

日本経済はこの20~30年行き詰まりの状態にある。理由としては、会社の多角化によって生まれた各事業部の規模が小さすぎることが挙げられる。また、「技術があればいい」というマーケット軽視の姿勢も理由の一つだ。日本と業態...
収録日:2020/10/28
追加日:2020/12/27
西山圭太
東京大学未来ビジョン研究センター客員教授
2

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

地政学入門 歴史と理論編(5)地政学理論の先駆者たち

地政学の理論は、歴史的な事象の読み解きを可能にするだけでなく、同時代的な軍事的動向にも影響を与えていた。今回はその先駆的な提唱者として、アルフレッド・マハン、フリードリッヒ・ラッツェル、ハルフォード・マッキンダ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/28
小原雅博
東京大学名誉教授
3

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
4

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(1)細胞と細胞内の入れ替え

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞テーマである「オートファジー」とは何か。私たちの体は無数の細胞でできているが、それが日々、どのようなプロセスで新鮮な状態を保っているかを知る機会は少ない。今シリーズでは、細胞が...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/03/17
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
5

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

石田梅岩の心学に学ぶ(8)鈴木正三『万民徳用』を読む(下)

江戸初期の商人は利を求めるのに忙しく、信心と離れた存在だと自らを卑下していたようだ。鈴木正三は『万民徳用』の「商人日用」において、彼らに対し、利益を追求するには「身命を賭して、天道に抛(なげうっ)て、一筋に正直...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/27
田口佳史
東洋思想研究家