テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の生命科学と次世代へのメッセージ

生命科学の現状と課題~生物研究と再生医療(5)自然や生き物から学ぶ

浅島誠
東京大学名誉教授/帝京大学先端総合研究機構副機構長
概要・テキスト
多くの生物はヒトよりも長い歴史を持ち、ヒトの限界を超えた能力を持つ。人為的なものがさまざまな問題を引き起こしている現状では、自然や生物から学ぶことが重要である。今回は、自然や生物の歴史と多様性について語る。(全6話中第5話)
時間:06:50
収録日:2018/07/30
追加日:2019/01/27
≪全文≫

●人間にはないさまざまな能力を生物は持っている


 今後の生命科学と次世代へのメッセージについてお話しします。

 ヒトは地球上では新種ですから、他の生物から学ぶことが必要であると、私は思っています。つまり、ヒトはもっと、自然や生き物の前で謙虚になるべきだということです。

 現在、環境汚染や資源の枯渇化、地球温暖化など、いろいろな変化が地球上に起こっています。地球上には1,000万種近くの生物がいるといわれていますが、今は生物が著しく減少しています。他の生物が減っているということは、生物としてのシステムが低下しているわけです。そのことは、われわれヒトも含めて、生物が危機的な状態にあることを意味します。そこで今、必要なことは、生物が持っているいろいろな適応能力に学ぶことだと思います。

 1つ例を挙げると、われわれは現在、7,000メートル~8,000メートルの深海まで、潜水艦を使って潜ることができます。それは、最新の英知によるものです。一方、魚は7,000メートル~8,000メートルの深海でも悠々と泳いでいます。その泳ぎ方を見れば、現在われわれが知っている知識では想像できないような能力を、彼らが持っていることが分かります。

 また、よくいわれるように、コウモリは、洞窟に入る前にキーンと鳴くことによって、その反射音で自分の耳の中に立体音を作って、洞穴の200メートルぐらい先までの状況を読み取ることができます。これはつまり、聴覚を使って洞窟の中を見ているわけです。このように生物には、われわれにはない、さまざまな能力があります。

 われわれが見ている可視光の世界とは全く違う、紫外線の世界や遠赤外線の世界を見ている生物もいます。そういうものを知ろうとしたときに、われわれヒトは本当に限られた範囲で生きているということを、もっと知るべきだと私は思っています。


●生物が持つ歴史と多様性から学ぶことが重要である


 さらに、人為的なものの歴史の短さを感じており、その意味でももっと他の生物の多様性を学ぶべきだと、私は思っています。物理学における原子力の発見は新しいエネルギーをもたらしましたが、例えば、東日本大震災の時、原発事故による放射能漏れの影響で非常に大きな被害を出しました。つまり、人間の技術を人間がコントロールできないところまで来ているわけで...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。