10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

関ケ原の戦い後に生き残った敗者の戦後

敗者の戦後(1)毛利家、吉川家それぞれの関ケ原後

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
関ケ原の戦いにおける「敗者の戦後」に焦点を当てたシリーズレクチャー。歴史の解釈には往々にして色付けがされるが、勝者だけでなく敗者も自らの正当化のためにそのような行為に及ぶものだと語る山内昌之氏。関ケ原の戦い後、敗者でありながら政治的に生き残った毛利家と、その一員であった吉川家を例に、敗者の戦後について論じる。(全2話中第1話)
時間:13:58
収録日:2018/12/26
追加日:2019/02/18
≪全文≫

●毛利家に見る「敗者の戦後」


 歴史というものは、しばしば露骨に改ざんされます。そして、その解釈に色が付けられるということが、往々にしてあります。しかし、歴史を露骨に改ざんせずとも、その解釈に潤色を加えるのは勝者だけとはかぎりません。時に敗者も、自らの政治選択や軍事的敗北について弁解するために、歴史を修正することがあります。

 例えば、私が『文藝春秋』に連載中の「将軍の世紀」との関連でいえば、関ケ原の戦いの後、敗者はどうなったのかという大変興味深い問いを、私は持っています。関ケ原の戦い後も敗者という形で残りながら、しかし、政治的に生き残った勢力の一つとして毛利家があります。毛利の一員を構成した吉川広家は、戦争中に関ケ原における主将であった毛利秀元を参戦させることなく、また、大坂城に立てこもっていた主人の毛利輝元を、徳川と対決させることなく戦場からひき、そして、大坂城から退去させた最大の功労者でした。

 この「功労者」とは、徳川家康から見てのことであり、石田三成や豊臣秀頼といった西側の人間たちからすれば、ある意味で非常に悪質な裏切者であったと言うことができるかもしれません。


●徳川からの恩賞を毛利本家に譲った吉川広家


 吉川広家は自らの恩賞として、徳川家康から長州藩(今の山口県)の領国である長門と周防を与えられたにもかかわらず、この二つの自分に対する恩賞を改易寸前の毛利本家に譲ったという話が伝えられています。これは誠に美談というべきものです。『寛政重修諸家譜』という江戸時代後期の史料に記載されているところによると、慶長5(1600)年10月3日に家康は毛利輝元の所領を全て召し上げ、関ケ原の恩賞として広家に防長二州を与えると伝えました。

 すると、この『寛政重修諸家譜』における広家の言葉を借りると、「広家ひとり上賞をかうぶらんは、宗家を捨て一身の栄をむさぼるに似たり。義にをいて安んじがたし」と述べたとあります。そして、この二国二州を輝元父子に賜うように懇願したというのです。このように史料にあります。

 すると家康は、「十日ふたたび広家をめされ、広家一己の栄をむさぼらず、ひとへに宗家をたてんことを願ふ、貞信の志深く感じおぼしめすところなり」、すなわち10月10日に広家を再び呼んで、「広家は自分一人の栄誉栄華をむさぼらず、ひたすら毛利宗家をたてることを願っているという、この真っすぐで潔い志を深く考える。そして、感動した」と語り、毛利に防長二州を与えることにしました。さらに、家康は毛利が与えられた国のうち、周防の上方口である岩国に広家が領地をもらうべしとし、そして、安芸(広島)の福島正則と力を合わせて中国地方を護り鎮めるべし、と命じたというのです。


●吉川広家の美談は吉川家側のみに残っている


 これは非常によくできた話であり、誠に美しい話です。しかし、今、私たちが見ることのできるものとして、『吉川家文書』あるいは『毛利家文書』という両家の公式史料や文書を東京大学史料編纂所で編集したものがあるのですが、その史料のどこにも出てこない話なのです。

 『寛政重修諸家譜』の内容によく似た史料としては、吉川広家が黒田長政と福島正則に宛てた10月3日付けの手紙があり、それを補強する史料も残っています。これは長政から広家に送られた2通の手紙で、10月2日と3日付けになっています。しかし、これらの文書は手紙を送った側や受けた側にはいずれもなく、しかも吉川家側にしか保存されていないため、ひとまず吉川家のものとして『吉川家文書』などに載せられたということなのです。


●吉川家にしか保存されていない手紙は偽作という説


 ところが、これらの手紙は偽作ではないか。吉川広家が「毛利を救った」と言うために、これらの手紙をあえて作ったのではないか。こういう説が出されているのです。昔からある説でもありますが、最近こうした点について真っ向からきちっと取り組んだ専門家が、光成準治さん(日本史学者)です。

 光成さんによれば、関ケ原の戦いが終わって十数年もたった慶長年間の末になっても、広家の南宮山での態度に悪口が言われていた。つまり、「南宮山に立てこもっていた毛利秀元を山から下ろさず、それを阻止することによって、毛利家は戦機に遅れた。戦場で勝利を収める絶好の機会に間に合わなかった。それは広家が阻止したからだ」という悪口が言われて、毛利家中でも防長二州に領地が削られたことを白眼視するという長い歴史が始まったというわけです。これは、このことで広家は精神的に苦痛を感じることとなり、恐らくその正当化のために作り上げた物語だと、光成さんは言うのです。

 江戸時代きっての歴史家でもあった新井白石も、『藩翰譜(はんかんぷ)』という史料の中で、広家を少しも肯定的に語っていま...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。