10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

デカルトが述べた、恐怖を取り除く方法

デカルトの感情論に学ぶ(2)感情をコントロールするには

津崎良典
筑波大学人文社会系准教授
情報・テキスト
恐怖は消そうと思っても、消えるものではない。デカルトの感情論の特徴は、恐怖を別の感情でコントロールするというものである。そのためには何が重要となるのか。デカルトの『情念論』から読み解く。(全2話中第2話)
時間:13:05
収録日:2018/09/27
追加日:2019/04/04
ジャンル:
タグ:
≪全文≫

●「間接的に」別の感情を抱くことで恐怖を静める


 ということで、今度は前回と同じ『情念論』の第45項です。〔先ほどは第136項を見たので〕数字が少し若くなります。45番目の項目を主に見ていきたいと思います。彼はこう述べています。

 「私たちの情念は、意志の作用によって直接に引き起こしたり取り除いたりすることはできない。」

 どういうことかというと、恐怖という気持ちと直接に格闘しても、この気持ちは消えないということです。恐怖に対して「消えよ、消えよ」と力んでも消えません。それと同時に、「怖くなろう、怖くなろう」と思っても、なかなか怖くはならないのです。つまり、感情というものは力んでも消えないし、また生まれたりもしません。45番目の項目ではそんなことが述べられているのです。

 では、どうすれば「ああいう気分になりたいな」と思っているときの、その気分が起きてくるか。同じ項目ではこう述べています。

 「もちたいと思う情念と習慣的に結び付いているものを表象したり、退けようと望む情念と相容れないものを表象することで、間接的に引き起こしたり取り除いたりすることができる。」

 ポイントは「間接的に」ということです。つまり恐怖を抑えようとしたら、直接的にどうこうしようとしても、恐れの感情は静まりません。やはり無理な話です。その代わり、恐怖を引き起こした原因とは直接に関係のないもの、できることなら正反対のものを思い描くこと、想像すること。より正確には、想像しようと意志することによって、実はこの恐怖という気持ちが抑えられると言います。


●恐怖とは別のことに考えが及ぶと恐怖の感情は静まってくる


 これだけだと少し分かりにくいので、デカルトの説明を聞きます。ちなみに、45番の項目でデカルトは恐怖をどうやって取り除くかということを説明しているので、読めばすぐ皆さんにご理解していただけるということで、愛から恐怖に具体例を変えたのです。

 「たとえば、自分のうちに大胆さを引き起こし、恐怖を取り除くには、そうしようとする意志をもつだけでは不十分である。危険は大きくないとか、逃走するよりも防御するほうがつねに安全であるとか、勝てば誇りと喜びを得るだろうが逃げれば心残りと恥しか残らないとか、そう確信させてくれる理由、対象、実例を、しっかりと考える必要がある。」

 例えば、ライオンがわっと来て怖いと思っても、精神レベルで「いやいや、ライオンから逃げたら恥だろう」と考えたり、あるいは「ライオン、案外怖そうだけれども、よく見てみると、鎖で繋がれていてここまで来ないだろう」と思ってみたり、あるいはわっと来たけれども「大丈夫。ここには防御のガラスがある」と精神レベルで注意を向けることによって、怖くなくなる、ということです。

 つまり、ライオンがわっと私に立ち向かってきた、その瞬間は怖いでしょうが、それ以外のことを考えることによって恐怖が収まってくる。「本当にそれは恐怖の対象なのだろうか」と、いろいろ考えるわけです。

 あるいは、それは文字通り恐怖の対象だとしても、その恐怖と格闘しないことについて考えが及ぶと、恐怖の感情は静まってくる、ということです。


●別の理由、対象、実例を考える訓練を積む


 ここでは、恐怖を静めるためにはどうしたらよいかということが説明されていました。そして、恐怖という感情によって心が占有されていても、例えば勝てば誇りや喜びという感情を得るだろうとか、あるいは逃げれば後悔や心残り、恥しか残らないなど、この誇りや喜び、心残りや恥という別の感情、あるいは別のことを考えることによって、その考えと習慣的に結び付いた感情が起こり、怒りという感情がオーバーラップされたり、あるいはその感情が押しやられたりするわけです。

 これが、私たちの日常生活で起きている心の中の動きです。つまり、起きているのは精神レベルでの変化です。逃げたらどうなるか「考える」。本当にライオンは強いのかどうか「考える」。そのように考えると、「そうでもないでしょう」と思ったとき、それと結び付いた身体レベルでの変化、つまり感情が起こってくるわけです。

 感情は身体の側が原因となって生じてくる心の状態ですから、それが恐怖であれば、ライオンが私に襲ってくるという視覚情報が原因となって、恐怖という感情が心、精神の側に起きるわけです。だから、ライオンが実は鎖によって結ばれていると別の視覚情報が起きれば、当然ここからは安心感が起きてきます。

 ですが、そうする前に、例えば「逃げたら恥だ」などと自分を説得させると〔これは精神レベルでの変化〕、今度はその説得に応じて身体の側に変化が起きてきます。何かというと、恥の感情が起きてくるわけで...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。