テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディープテックのシンボルとして自動運転の民主化を目指す

「自動運転の民主化」が生み出す近未来の社会(1)自動運転の民主化と大学発べンチャー

加藤真平
東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授
情報・テキスト
「自動運転はディープテックの一つのシンボルではないか」――ディープテックとは、それが実現されれば社会が変わるものを総称した呼び方だが、自動運転はそれぐらい大きな社会的インパクトを与えるテクノロジーだということだ。現在、社会実装に向けて自動車メーカーだけでなく、べンチャー企業いわゆるスタートアップが研究開発を行っている段階で、中でも加藤氏が創業した大学発べンチャー「TierIV」もその一つだ。「自動運転の民主化」というビジョンを掲げるTierIVの活動を通じて、自動運転の開発状況と社会実装に向けた取り組みを追う。(全5話中第1話)
時間:11:19
収録日:2020/11/25
追加日:2021/04/01
タグ:
≪全文≫

●「自動運転の民主化」というビジョン


 東京大学の加藤真平です。自動運転は、昨今研究の領域から先行開発の段階に移ってきており、今後5年から10年の間には普及していく技術だと考えています。今日はその開発の状況や、開発から社会実験、社会実装に移っていくような試みが国内外で行われていますので、今回のシリーズではその一端を紹介させていただきたいと思います。

 開発に関しては自動車メーカーや大手企業なども参入してきていますが、現段階では大学の研究をべンチャー企業、いわゆるスタートアップが、社会実装に向けて今まさに研究開発を行っているという段階です。私が大学発のべンチャーとして5年前に創業した「TierIV」という会社が、どのような経緯で活動してきたのか、これから何を目指していくのかを、最初に紹介させていただきたいと思います。

 TierIVは、「ディープテック」と呼ばれる将来的に大きな社会的インパクトを与えるテクノロジーを開発しています。現時点ではテクノロジーは開発されていないので、社会に何らのインパクトを与えるものではありませんが、これが実現されれば社会が変わるというものを総称して、「ディープテック」と呼んでいるのです。自動運転は、このディープテックの一つのシンボルではないかと思っています。

 TierIVという会社は、もともと私が名古屋大学に在籍していた際に創業した大学発べンチャーです。今でこそ大学発べンチャーは増えてきましたが、創業した5年前はまだまだ夜明け前という段階でした。

 われわれは大学の研究成果をべンチャーに生かしたいという動機からスタートしているので、ビジョン、すなわち自分たちの実現したい社会に向けて、どのような方法論、理念で進んでいくのかという点に関して、少しアカデミックな特性を持たせています。それをわれわれは、「自動運転の民主化」と呼んでいます。

 自動運転に限らず、これまでのテクノロジーの開発は主に、企業が個別に行ってきました。対して、TierIVの考え方は、テクノロジーを民主化する、自動運転の技術を民主化するということです。

 これはどういう意味かというと、一社で開発を行うのではなく、自分たちのテクノロジーを世界に向けて開放し、誰でも用いることができるテクノロジーという位置付けにすることによって、さまざまな個人や組織が、その技術の発展に貢献できるようになるのです。そうすることで、一社ではできなかった開発を世界全体で行っていくことができるようになります。つまり、大学から生まれた小さなスタートアップが、年数を経る中で世界連合軍を引き連れるわけです。例えば、シリコンバレーや、昨今の中国の非常に大規模な開発やビジネスを進めるテック企業に、「自動運転の民主化」によって対抗するのが、TierIVのビジョンなのです。


●大学発べンチャーが目指すべきは大きなゴール


 私は大学教員だったんですが、大学教員は主に研究の面で優れているというか、シーズ(編注:独自の材料や素材、技術などのこと)を持っている人間です。ただ、経営となると異なる経験値や知識、スキルが要求されます。教員が自ら運営するという大学発べンチャーもありますが、TierIVの場合は、私がビジョンやテクノロジーの面にフォーカスして専念できるように、経営に関しては別のプロに託すという方法を取っています。このスライドで紹介するメンバーの中の一人に、資金調達や資本政策のプロがいます。ビジネスを行うだけではなく、お金を回す必要があります。この点に関して知識と経験を持った人間が、大学発べンチャーの成功には不可欠だと思います。

 それに加えて、開発したテクノロジーをビジネスに展開するにあたって、事業を開発していく人材も必要です。テクノロジー、ビジネス、経営を支える管理や人事など、会社のバックボーンを支える人材も経験値が必要です。このように、さまざまな人種がそろうことで初めて大学発べンチャーが持っていたシーズが光ると思います。

 私が思うに、大学発べンチャーはディープテックを目指すべきではないかと思います。大学外の人が始めたスタートアップは、退路を絶って、非常に大きなリスクを背負って始めています。一方、大学発べンチャーは国のプロジェクトや、大学の研究成果など、すでに存在する技術を用いてビジネスを行うことができます。そのような立場にあるので、小さなゴールを目指すのではなく、大きなゴールを目指すべきではないかと思っています。

 そのために重要となるのが、先ほども指摘した資金調達や資本政策です。会社を設立した段階で、当然国の予算や大学の研究費は用いることができません。自...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。