テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ六歌仙を批評?ポイントは「さま=中身と外見の調和」

『古今和歌集』仮名序を読む(6)六歌仙の先輩たち

渡部泰明
東京大学名誉教授/国文学研究資料館館長
情報・テキスト
古来、謎とされてきたのが「仮名序」で登場する六歌仙への批判めいた言葉である。六歌仙とは、『古今和歌集』の撰者から数えて50~80年ほど先輩にあたる、僧正遍昭、在原業平、文屋康秀、喜撰法師、小野小町、大伴黒主の6人である。だが、撰者たちは自分たちの正統性と革新性を主張するため、直接の先輩たちを乗り越えるという文脈で、あえて否定的に語ったのではないか。そう考えると、筋が通る。では、それぞれを、どのように評したのか。具体的に解説しながら本シリーズ講義を締めくくる。(全6話中第6話)
時間:13:42
収録日:2023/07/05
追加日:2023/12/13
カテゴリー:
キーワード:
≪全文≫

●なぜ「仮名序」に「六歌仙」への批判めいた言葉が?


 「六歌仙の先輩たち

 そのほかにちかき世にその名聞こえたる人は、すなはち僧正遍昭は、歌のさまは得たれどもまことすくなし。たとへば絵にかける女(をうな)を見ていたづらに心をうごかすがごとし。

 在原業平は、その心あまりて言葉足らず。しぼめる花の色なくて、匂ひ残れるがごとし。

 文屋康秀は、言葉はたくみにてそのさま身に負はず。いはばあき人のよき衣(きぬ)着たらむがごとし。

 宇治山の僧喜撰は、言葉かすかにしてはじめをはりたしかならず。いはば秋の月を見るに、暁の雲にあへるがごとし。よめる歌多く聞こえねば、かれこれを通はしてよく知らず。

 小野小町は、いにしへの衣通姫(そとほりひめ)の流なり。あはれなるやうにて強からず。いはばよき女のなやめる所あるに似たり。強からぬは女の歌なればなるべし。

 大伴黒主はそのさまいやし。いはば薪負へる山びとの、花の陰にやすめるがごとし。

 このほかの人々その名きこゆる、野辺におふるかづらの這ひひろごり、林にしげき木の葉のごとくに多かれど、歌とのみ思ひてそのさましらぬなるべし」

 ここで6人の先輩たち、『古今和歌集』の撰者からすれば数十年、ちょうど50~80年ぐらい先輩に当たる人たちを紹介しています。後に「六歌仙」と呼ばれるようになりますが、「歌仙」というのは当然優れた歌人という意味ですから、これも褒め言葉のはずなのですが、意外にけなしています。

 ここが昔から謎で、なぜこんなにけなしているのだろうといわれることが多いのです。これは、やはり自分たちのやろうとしていることが何か革新的なものなのだ、イノベーションを起こすものだといいたいときにしばしばある言い方です。直接の先輩たちを乗り越えるという文脈で語る、つまり否定的に語るということです。

 けれどもそれは、おおもとの始めた人たち、始原つまり創設者(会社でいえば創設者に当たる人たち)のやり方を正しく継承していると(主張)するためです。つまり、先輩たちはそういうものを継承していなかった。自分たちこそ継承するものだ。そのように論理立てることによって、自分たちの正当性と新しさを両方成立させようとしている。このような論法は(今も)しばしば用いられますが、そうした論法のいわば先駆けです。

 ですから、どうしても悪口めいた言い回しが多くなってしまうのですが、今申し上げた文脈さえ踏まえれば、これはやはり褒めているのだろうと思います。


●「さま」を心得た僧正遍昭、「言葉足らず」の在原業平


 その場合の褒め言葉として、「さま」という言葉がポイントになっています。

 例えば「僧正遍昭は歌のさまは得たれど」は「さまになっているけれど」と訳すと分かりやすいかもしれません。要するに、風体をきちんと把握している。歌の風体、スタイルは一応確立している。しかしながら真実味が乏しい。それは絵に描いた女を好きになるようなものだということです。

 まあ、本当に真実味がないというのですが、絵に描いた女を好きになるのはなかなかいいと思いますね。むしろ想像力豊かであり、審美眼が非常に深いということもいえるかと思います。ですから、褒め言葉にならなくはないと思います。特に大事なのは「さま」になっていることで、「さま」は獲得しているのだといっているようです。

 在原業平については、「その心あまりて言葉足らず」。心が溢れんばかりで、しかし表現が追いついていない、といいます。それはたとえていえば、花がしぼんでしまって美しさがなくなった。だけれども、ほのかな香りが残っているようなものだ、と。

 それもなかなかいいですよね。悪いことではないと思います。花は散り際になっているけれども、ほのかな香りが残っているなんて、いいではないですか。 だから、決してけなし言葉ではないと思います。でも、やはり表現というものの大切さ、表現がきちんと完結していることを、『古今和歌集』の選者たちは強く求めていたということを表しているのだろうと思います。


●「さま」のつかない文屋康秀、言葉かすかな宇治山の僧喜撰


 それから、「文屋康秀は、言葉はたくみにてそのさま身に負はず」と。言葉は大変うまいけれども、それがきちんと身についていないといえばいいでしょうか。「分不相応だ」という言い方ですが、それはたとえていえば、「あきんど(商人)が美しい着物を着ているようだ」と。

 別に商人が美しい着物を着たっていいではないかと、民主主義の私たちは思いますが、昔は身分というものがあった。そこは前提として勘弁していただくとして、ここではあくまで「中身と外見が不一致である」という点が大事なのです。うまいのだけれども、そのうまさに足るような中身がない、というよう...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。