テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

軍事力で「今までと違う国際秩序」の実現をめざす危険な国

ポスト国連と憲法9条・安保(5)迫りくる戦争危機と日本の課題

橋爪大三郎
社会学者/東京工業大学名誉教授/大学院大学至善館教授
情報・テキスト
『核戦争、どうする日本?――「ポスト国連の時代」が始まった』(橋爪大三郎著、筑摩書房)
amazon
「今までの国際秩序と違う秩序」を軍事力でつくろうとする国に対しては、本気で対峙するしかない。だが、軍事的に対抗しようとするタイミングは、実は、一番危ないタイミングでもある。だから、非常に非常に注意して、事柄を進めていかなければならない。優れた分析力と見通しと知性のある人が指導部にいて、コントロールしない限り、間違う可能性がある。今、まさに非常に危険な状態だといえるのだ。(全5話中第5話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:06:29
収録日:2023/11/01
追加日:2024/01/23
キーワード:
≪全文≫

●「今までの国際秩序と違う秩序」を軍事力でつくろうとする国


―― 今シリーズは最近のその国際状況の中で、国連の位置付けがどうかというところから話がスタートしたわけですけれども、ポスト国連という時代の中でどうあるべきかというのが、まさに日本国の憲法にも直結してくるということかと思います。そういう中で、非常に重要なメッセージをいただいたと思います。

 最後に、この問題を日本人としてどう考えるべきかというまとめをいただいてもよろしいでしょうか。

橋爪 日本人は、過去を反省して、日本人が悪いことを考え、軍隊を持たず、他国を侵略しなければ平和であると、こう思う癖がついたのです。けれども、物事には反面があるでしょう。どこかの国が良くない意図を持って戦争を仕掛けてくるということは十分あり得るわけです。それを止めることができなかったら、やはり戦争になるのです。

 かつての日本を考えてみると、1930年代の後半や1940年頃、日本は日本で世界のビジョンを持っていました。

―― はい。

橋爪 変なビジョンですよ。日本国を中心にして、今までの国際秩序と違った秩序を、少なくとも東アジアの辺りに実現しましょうというものです。そして、その秩序を担保するのは日本の軍事力です。「陸軍も海軍もしっかり頑張って、外国と戦って負けない程度の軍事力があります。あとは日本人のプライドです。精神力でもって、これを実現しましょう」という考え方です。これとそっくりのことを考えている国が近所にいると思いませんか。

―― そうですね。

橋爪 それで、軍事力も増えているわけです。そうすると、戦争の危険がそこにあるわけです。

 これを防ぐ現実的な方法というのは、「戦争になったらこっちも本気で戦うからね。それはやめなさいよ」と相手にそれを断念させることです。負けると分かれば、多分、断念する。少なくとも自分からは手を出さない。そういう意味で、平和が守れる可能性が高まります。


●「今が最後のチャンス」という危険な状態


橋爪 でも、これはなかなか注意しなければいけないところがあって、軍事力がおっつかっつ(五分五分)の場合、こちらが本気を出して、十分対抗できるだけの軍事力をこれから増やしていきますよというプログラムを発表した場合、そうなる前に、「今が最後のチャンスだから、今、戦争をしないでどうする」と相手が思う可能性もあるのです。

―― はい。

橋爪 1940年から1941年にかけての日本は、石油禁輸ということで石油が入ってこなくなりました。あと、鉄とかいろいろな戦略物資も外国から入ってこなくなりました。今が戦力のピークであって、この先どうなるか分からないという状況になりました。

 アメリカには「オレンジ計画」というものがあって、今は戦艦が8隻~10隻しかないけれども、今後、日本を凌駕する海軍力をつけるために、10隻、20隻と新造の戦艦をじゃんじゃん進水させるという計画をアメリカは発表していたわけです。

 これを日本の軍部は研究して、「戦争するなら今が一番有利である。来年、再来年になったらとても勝ち目はない」と思って、真珠湾を攻撃することにしたのです。

 東アジアの周辺で軍事力が整っていくと、そのように思う国がいる可能性があります。それから、その国は1940年頃の日本に比べても、はるかに権力が集中していて、はるかに1人ないし少数の人の意思決定で戦争が始められてしまうという、そういう国なのです。

 だから、非常に非常に注意して、事柄を進めていかなければなりません。これは、外交当局、政治当局、それから、いろいろな当局者や関係各国の国が緊密に連絡して、知恵を尽くしていかなければいけないのだけれども、少なくとも日本の指導部の中に、優れた分析力と見通しと知性のある人がいて、これをコントロールしない限り、間違う可能性があります。だから今、非常に危険な状態です。

―― 本当に、前に進むのも後ろに戻るのも難しいということが、今の先生のお話で伝わってまいりましたが、この講義をきっかけに、いろいろと考える形になればいいなというふうに思っております。

 橋爪先生、本日はまことにありがとうございました。

橋爪 はい。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。