10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
本当のことがわかる昭和史(第三章)

本当のことがわかる昭和史(第三章)

This is SHOWA Era!
話題の書『本当のことがわかる昭和史』(渡部昇一/PHP研究所)のテキストを、講義映像(約90本)とともに完全公開! 日本はなぜ戦争をせねばならなかったのか。著者の体験をふんだんに交え、戦前の日本を生き生きと再現。昭和史の真実を描き出す決定版。テンミニッツテレビ・オピニオン・プレミアム会員のための特別レクチャーです。(全七章)

五・一五事件は2年前にすでに予告されていた!?

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(1)若者に歌い継がれた『青年日本の歌』 

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

昭和初期に「威張る軍人」が初めて出てきた背景

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(2)「軍人さんに占領されているみたい」の真相

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

戦前の大ヒット本? 北一輝の本が右翼のバイブルとなった訳

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(3)「右翼の社会主義者」の強烈な主張

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

当時の共産党はちっぽけな存在で恐れるに足らなかった

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(4)特高の取り締まり対象は左翼より右翼

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

恐慌は資本主義の必然―マルクスの予言が的中、評価急上昇

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(5)保護貿易と金解禁がもたらした昭和恐慌

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

こんな悪い社会にした連中を殺しても、やむを得ない

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(6)天才・高橋是清の貢献も時すでに遅し

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

農村の疲弊が全て金持ちや政府の責任とは言い切れない

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(7)喜んで売られていった娘さんもいた

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

浜口雄幸撃たれる! カッとなった右翼青年が東京駅で発砲

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(8)「統帥権干犯問題」を煽ったマスコミ

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

北清事変で日本軍は模範兵として世界の称賛を浴びたのに

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(9)ジョン・ダワーの「日本人発狂説」

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授

バルチック艦隊激破以来、競争率が大幅にアップした職場

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(10)派閥意識が少なかった「薩の海軍」

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

ワシントン会議から10年、こんなに日本が不利になるとは

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(11)ロンドン軍縮会議をめぐる大問題

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

「軍」というものの宿命ゆえに海軍内部に残ったしこり

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(12)「条約派」と「艦隊派」の対立という悲劇

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

この男がいなければ昭和10年代の日本の危機はなかった?

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(13)陸軍大将・上原勇作という人物

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

小説のつもりで書いた政府転覆のシミュレーションプラン

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(14)未遂に終わったクーデター・三月事件の衝撃

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

犬養内閣組閣時に漏れてしまった宇垣一成大将の大事な忠告

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(15)半年後に再び計画された十月事件

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

監獄どころか料亭で遊び放題だった十月事件の首謀者たち

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(16)首謀者たちに下されたきわめて甘い処分

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

「話を聴けば判ることじゃろう」「問答無用、撃て」

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(17)海軍の青年将校が主導した五・一五事件

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

五・一五事件の首謀者を死刑にしなかったのは最大の失敗

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(18)そして減刑嘆願書が山積みにされた 

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

その他の特集

待ったなし!働き方改革

第三次安倍改造内閣の目玉の一つであり、今まさに官民一体となって進められているホットイシュー「働き方改革」。多くの企業が長時間労働の是正を迫られる中で、私たちはこれ…

日本人の特殊性

勤勉、真面目、謙虚、誠実、礼儀正しい、規律を重んじる――外国人からこのように形容されることも少なくないわれわれ日本人。しかし、日本人の国民性とは果たしてこれだけなの…

謎解き日本史の旅~『古事記』から太平洋戦争まで~

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ 」とはドイツの名宰相ビスマルクの言葉だという。これは歴史に学ぶことの重要性を説いているのだが、実は歴史には謎も多い。そこには秘…

厳選!2017年を占う重要キーワード10

2017年は世界の枠組みが一気に変わってしまうほど大転換の年になるかもしれない。「ブレグジッド」やアメリカ大統領選でのトランプ氏勝利など、「反グローバリズム」のうねり…

2017年、激動の「トランプ時代」へ!

2016年のアメリカ大統領選挙は世界を大きく変革させる契機となるかもしれない。それほど「トランプ勝利」は予想外であり、衝撃的であり、その影響は計り知れないものがある。…

2016年アメリカ大統領選挙の不思議と真実~トランプvsヒラリー~

 「いまだかつてなく多くの人の予想を裏切った」と慶應義塾大学大学院教授・曽根泰教氏が形容するように、2016年アメリカ大統領選挙は過去に例を見ない「不思議」なことが数…

大人の課題図書10選~2016年夏

気がつけば世の中は夏休み。外にも行くのも、ゴロゴロするのもいいけれど、まとまった時間があるときこそ、遠い夏の記憶を呼び起こし、じっくりのんびり本でも読みたいですよ…

山内昌之が語る「中東複合危機」

国家間の衝突や宗派の対立、テロや新勢力の台頭――中東では一体いま何が起こっているのか? 中東・イスラーム史研究の第一人者である歴史学者・山内昌之氏の各シリーズ講義の…

治療から予防へ!10年後の健康にコミットする。

WHOが2000年に提唱した「健康寿命」という概念があります。日本でもかなり広まっている考え方ですが、いわゆる平均寿命との差は、厚生労働省の定義では10年ほどある…