テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2022.07.17

タクシーの燃料は「ガソリン」じゃない!?

 タクシーと一般車両はいくつかの違いがあります。タクシーは自動ドアだったり、料金メーターがついていたりといった点はもちろん一般車両にはないポイントです。しかし最も大きな違いは燃料にあります。日本のタクシーのおよそ8割(17万台程度)はガソリン車ではなく、LPG(LPガス)を燃料としています。これはなぜなのでしょうか。

LPGはコストが安くて環境に優しい

 LPG(LPガス)とはLiquefied Petroleum Gasの略、つまり「液化石油ガス」のことです。家庭用にも普及しているプロパンガスもLPガスの一種です。これは原油のほか天然ガスからも取り出すことのできる、気体燃料のプロパンやブタンなどを液化させたもの。さらにこれを気体にして供給するのがLPGステーションです。

 これが燃料として採用される最も大きな理由はコストです。LPガスもガソリンと同様価格変動しますが、ガソリンよりも安価で、おおよそガソリンの6割程度です。なぜ安いのかといえば、LPガスにかかる税金が、ガソリンよりも低く設定されているから。LPガスは一般家庭でも広く利用されていることから、税率を高く設定できないということが関係しているようです。

 また、ガソリンや軽油に比べてLPガスはCO2の排出量も少ないことから、環境にも配慮したエネルギーと考えられています。さらにジャパンタクシーなどのハイブリッドシステムと組み合わせれば、環境性能は格段にアップします。また、ディーゼルエンジンで特に問題となる、NOx(窒素酸化物、光化学スモッグや酸性雨の原因)などの排出量も少ないとされています。

 さらに、安定供給という点でも優れています。実際に東日本大震災でガソリンの供給が滞った際でもLPガスの供給は安定していたことから、物資や人の輸送に活躍しました。またLPガス施設は、大地震でも安全な耐震・耐火構造になっているとのこと。

LPGステーションは少ない

 もちろんデメリットもあります。一つ目は、ガソリンに比べてタンクがどうしても大きくなってしまう点です。ジャパンタクシー以前のタクシーにセダンが多かったのは、トランクにタンクを積みやすかったから。また、このタンクは安全対策として6年ごとに検査があり、必要に応じて交換しなければなりません。交換費用はおよそ10万円程度かかるようです。

 最も大きな問題はLPGステーションの数が少ない点です。ガソリンスタンドは全国におよそ3万店程度ありますが、LPGステーションの数は全国に1500店弱とたいへん少ないです。こういった現状からいつでもどこでもエネルギー補給できるわけではありません。

 また、ハイブリッド化によりガソリンスタンドの需要が減少した状況と同じく、LPGスタンドに関しても需要は減少しています。さらにLPGスタンドはガソリンスタンドのようにセルフ化したり、無人化したりすることが許可されていません。安価で環境にやさしいLPガスですが、今後LPGステーションが増える見込みは今のところなさそうです。

<参考サイト>
タクシーの燃料はガソリンじゃないって知ってた?「LPG」って一体なに?|CarMe
https://car-me.jp/articles/19518
なぜタクシーはガソリンでもディーゼルでもなくLPG対応エンジンを採用したのか!?|ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/column/265204
なぜLPガスだけ緩和対象に!? 燃料費高騰で苦しむ運輸業に見る不可思議な現状|ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/column/427989
排出物質:窒素酸化物(ちっそさんかぶつ)|環境再生保全機構
https://www.erca.go.jp/yobou/taiki/kids/aozora/haisyutu_04.html
JPN TAXI |トヨタ
https://toyota.jp/jpntaxi/
LPガス業界の現況について|一般社団法人全国LPガス協会
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/carbon_neutral_car/pdf/002_06_00.pdf

あわせて読みたい