テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.06.10

【死角あり】車のバックカメラの注意点

 最近の車にはバックカメラ(バックモニター)が搭載されています。目視できないところを確認できるので、たいへん心強い装備品であることは間違いありません。ただし、バックカメラが一般的になったことでバック時の事故が完全になくなったかというと、残念ながらそうでもないようです。実際にバックカメラを搭載していた車両であっても、やはり事故は起こっています。ではどういう点に問題があって、私たちはどういった点に気を付ければよいのでしょうか。

真後ろの低い位置に対しては有効

 JAFが2022年2月にテストした記録によると、バックカメラによって「車体の真後ろに置いたものや真後ろで遠くにあるものを見ることができた」とのこと。コメントでは特に「三輪車や子どもといった背丈の低いものは、目視、各ミラーでは見ることができないため、バックカメラの効果を示している」とコメントされています。

 つまり、車内から後ろを見るとリアウィンドウより下にあるものは見えません。この低い位置を確認することができる点が、バックカメラの一番の利点と言えそうです。このことにより、車の後方に小さな子供などがいることで事故が起こるリスクは下げることができたと言えるでしょう。

バックカメラでは動いて近づくものは確認しにくい

 一方で、「車体近くにあるものや側方のものはバックカメラで見ることができない」との結果も出ています。さらに広い範囲を確認しようとすると、魚眼レンズの映像となって映る対象が歪むことがあります。この見え方だと、端の方に小さく映ったものが中央に来ると急に大きくなり、また動くと一気に小さくなるという極端な動きをします。このことで対象との距離感がとても掴みにくくなります。

 また夜間はバックライトが当たっている場所以外ではかなり視認性が悪くなります。さらにバックカメラが汚れていたリ、水滴がついていることでも視認性は大きく落ちます。視認性が悪くなった時に、よく見ようとバックカメラだけを凝視していると、側面などへの意識が薄らいでしまいます。こうして急に走ってくる自転車やランナー、歩行者などに気付かず事故が起こるようです。

問題は映像を「凝視すること」および「過信すること」

 つまりバックカメラに関する問題の一つは、バックカメラを凝視することで、周囲の空間や状況などへの意識が欠落する点です。また、JAFは後退の仕方でどれだけ危険を回避できるかという点について、急にボールが飛び出してくる状況を作ってテストを行っています。これによるとAT車がクリープ現象で後退するときにはボールを回避することができましたが、アクセルを踏んで後退していると間に合わなかった場合もあったようです。

 モニターを過信することで「大丈夫だろう」という意識になり、アクセルを踏んで後退してしまいます。こうして事故が発生します。バックカメラの死角にある危険は、目視やルームミラーやサイドミラーを確認することで察知できます。つまりバックカメラの映像とともに、ミラーの映像や目視などで周囲をしっかり確認しつつ、クリープを使ってゆっくり後退することが、後退時の事故防止で大事なポイントです。

 またこれは最近多発している「バックに入れるべきギアを間違ってドライブに入れたままアクセルを踏むことによって起きる事故」に対しても有効です。クリープでも車をうごかすには十分な速度は出ます。ちょっとした移動であったり、バックで駐車するといった程度の状況であれば、クリープでも十分ではないでしょうか。

<参考サイト>
バックカメラに死角はないのか?(JAFユーザーテスト)|JAF
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/blind_spot/rear-view_camera
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
2

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

編集部ラジオ2024:7月10日(水)

今回の会員アンケート企画では「メンタルヘルスについて」というテーマでご意見をいただきました。

メンタルヘルスとは「こころの健康状態」のことを指します。
こころの健康状態が崩れてしまうことは誰にでも...
収録日:
追加日:2024/07/10
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア