テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.07.20

スマホとタブレットの違いはなに?使い分け方は?

 スマホとタブレットは何が違うのでしょうか。スマホとタブレットを持っているけれど使い分けがわからないという人、いるのではないでしょうか。また、なんとなくやりにくさはあるけれど、とりあえずスマホでなんでも済ませているという人もいるかもしれません。では、スマホとタブレットは何が違っていて、タブレットはどういうときに使うと便利なのでしょうか。整理してみましょう。

最大の違いは画面サイズ

 一般的にスマホのサイズは5インチ程度から7インチに満たない程度といったところのようです。これに対してタブレットのサイズは7インチ以上という点で分かれているようです。重さとしても画面が大きいタブレットはスマホに比べれば重いです。機能としての違いでは、スマホはもちろん電話機能がありますが、タブレットでは電話機能には対応していないものが多い、という点が挙げられます。ただし、この点以外ではあまり大きな違いはないかもしれません。

 ここでの電話機能とはアプリを通した通話ではなく、電話番号で通話するものです。最近ではアプリで通話することも多いかと思いますが、やはり電話番号が必要な場面はまだまだあります。この点ではスマホとの使い分けが必要なので、「大は小を兼ねる」とはいかないところでもあります。またスマホとタブレットでアプリがそれぞれ別に準備されているものもあります。特にタブレット用のアプリでは画面の大きさを生かした操作が行えるものが多い点が特徴と言えます。

クリエイティブな作業や文章入力はタブレットが有利

 例えばイラスト描画や写真加工といったクリエイティブなアプリは、キャンバスに対して筆を選んだり、効果を選んだりするパネルが必要です。スマホだと画面が小さいことから、キャンバスとこれらのパネルを同時に表示させることは難しいです。つまり、何か操作をするたびに画面を切り替える必要が生まれますが、タブレットであれば、同時に表示させて操作することができます。また動画を見る際にもスマホの画面よりもタブレットで見る方が、迫力や没入感があるでしょう。

 また出先で資料を確認したり、クライアントや仲間と同じ画面をみながら話したりする場面があったとすれば、タブレットでないと厳しいかもしれません。さらにスマホは、長い文章の入力はしにくいです。一方タブレットであれば、画面が大きいので文章全体を確認しやすいです。さらにカバーと一体化した軽いキーボードもたくさんあるので、キーボードも持ち歩くことに抵抗も少ないでしょう。もちろんキーボードはスマホでも利用できますが、キーボードだけわざわざ持ち歩くとなるとやや面倒です。また画面も小さいので、立てて使う場合はのぞき込むような姿勢になって疲れます。ほかにもスマホよりタブレットが活躍すると思われる場面については、以下のような点が考えられます。

1.電子書籍や電子新聞を快適に読む
2.外で資料を見たり編集したりする
3.プレゼン資料などを人に見せる
4.動画を閲覧する
5.ウェブ会議・ビデオ通話をする
6.ノートがわりに記録を取る
7.写真やイラスト、デザインなどを外で編集する
8.カーナビの代用をする
9. マニュアルを見ながら作業をする

PCの方がいい場合もある

 ただし、ある程度の負荷がかかる作業はPCの方が素早く効率的にこなせます。たとえば、資料の編集や写真やイラスト、デザインの編集といったことについては、ある程度集中して長時間取り組む場合は多いでしょう。こういった作業では簡易的なキーボードよりしっかりしたキーボードで、タブレットよりも大きい画面で、さらにメモリやCPUといった基本性能が高いPCで作業したほうが安定的にストレスなく作業できます。

 こういった意味で、タブレットはスマホとPCのちょうど中間地点にある存在と言えそうです。スマホ、タブレット、PCの使い分けがうまくできれば、より快適なデジタルライフが送れるかもしれません。ということでタブレットが活躍する場面をまとめると、「スマホではやりにくいけれどノートPCを使うほどでもない場面」また「荷物を軽くしたいけれど、ある程度しっかり作業したいといった時」といったことが言えるのではないでしょうか。

<参考サイト>
スマホとタブレットの違いとは?タブレットならではの魅力と使い分ける方法を解説|android
https://www.android.com/intl/ja_jp/articles/119/#sub-section-1-1
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授