テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

労働市場が硬直的な日本…転職率はアメリカの4分の1以下

衰退途上国ニッポン~その急所と勝機(5)3つの「メガトレンドの変化」

宮本弘曉
東京都立大学経済経営学部教授
情報・テキスト
流動的な労働市場というと、日本では「解雇しやすくなる」「首を切られる」といったマイナス面として捉えられる。だが実は、流動的な労働市場のほうが労働者にとってプラスなのである。どういうことなのか。実は今、日本は3つの「メガトレンドの変化」の渦中にあり、もはや働き方や雇用形態が変わらざるを得ない事態に直面しているのだ。その「3つのメガトレンドの変化」とは何か。具体的に解説する。(全6話中5話)
時間:17:56
収録日:2023/06/30
追加日:2023/11/28
≪全文≫

●流動的な労働市場へ――「雇用は生産の派生需要である」


 ただ、「流動的な労働市場にしましょう」というと、いろいろと不安に思われる方、懸念を持たれる方もいらっしゃいます。どういうことかというと、「解雇がしやすくなるではないか」「クビ切りができるではないか」などと労働者にとって雇用が不安定になってしまうからよくないのではないか、といった懸念・不安がたくさんあるわけです。

 ところが、実はそんなことはありません。むしろ流動的な労働市場は、労働者にとってプラスなのです。そのことについて今から説明させていただきます。

 今、労働市場を流動化することが労働者にとってマイナスではない、むしろプラスになるという話をさせていただきました。これはなぜかということですが、雇用を考える際に、キーワードがあります。「雇用は生産の派生需要である」という言葉です。これは経済学の非常に頑迷な命題の1つです。私も大学で教鞭をとっていますが、大学1年生の経済学の授業の最初のほうに出てくるコンセプトです。

 端的に申し上げますと、「雇用は生産があって初めて生まれる」ということです。こういう話をすると、「えっ」と驚かれる方が多いと思います。「人がいるからモノもつくれるし、サービスも提供できる。だから雇用があって初めて生産ができるのではないか」と思われる方がいらっしゃると思います。ですが経済学の発想は逆で、そもそも企業は儲からなかったら人も雇わないわけで、やはり生産が最初に来るわけですね。

 では、この「(雇用は)生産の派生需要である」とは何を意味するのかというと、生産構造が変わると雇用も変わらざるを得ないということです。もう少し広い意味でいいますと、生産構造に影響する環境(経済、社会の環境)が変わったら、それは直接的、間接的に雇用に影響を及ぼすということです。雇用に影響を及ぼすということは、働き方であったり採用の仕方であったり、あるいは労働市場のあり方そのものにも影響することになるわけです。


●メガトレンドの変化1:人口構造の変化


 日本は今、「メガトレンドの変化」と呼ばれるような非常に大きな変化に直面しています。このメガトレンドの変化が、生産構造に影響し、結果として雇用にも影響するという形になっています。

 では「メガトレンドの変化」とは一体何かというと、3つあります。1つが、人口構造の変化です。2つ目が、技術進歩、テクノロジーの進歩です。そして最後が、「グリーン化」と私は呼んでいますが、脱炭素化です。人口構造の変化、テクノロジーの進歩、そしてグリーン化の3つがメガトレンドの変化です。1つずつ簡単に説明させていただきます。

 まず日本は、高齢化を伴う人口減少が進んでいます。2022年に日本の人口は約1億2500万人でしたが、2056年には日本の人口は1億人を割ると予想されています。国立社会保障・人口問題研究所が人口の将来推計を行っているのですが、最近新しいデータが出て、2056年に1億人を割る。ですから現在よりも、2400万人ほど人口が減るという話になってくるわけです。

 さらに、2070年になると、日本の人口は1億人を切って8700万人になる。ですから、現在より3800万人ほど人口が減ることになる。

 2400万人の人口が減る、あるいは3800万人の人口が減ると聞いても、なかなか分からないと思います。2400万人とは台湾、あるいはオーストラリアの人口に匹敵します。そして3800万人は、カナダの人口とほぼ同じになります。ですから、これから約30年間で日本から、台湾あるいはオーストラリア1国分ほどの人口が減る。さらに40年強で、カナダ1国分の人口がこの国から減ってしまうということです。

 人口が減ると当然、それに伴って労働力も減ってきます。それだけではなく、消費者が減りますから、マーケットが縮小してしまうわけです。このように、経済にものすごく大きなインパクトを与えます。

 ただ単に人口が減るだけではなく、同時に高齢化も進みます。現在、65歳以上が人口に占める割合は29パーセントです。ですから3.4人に1人が高齢者なのですが、2070年には、この高齢化のシェアが4割近くまで上がる(39パーセント近くまで上がる)と予想されています。

 高齢化が進むと、社会保障が増えるなど、いろいろな部分で大きな変化が起こってくる。ということで、人口構造の変化が雇用のあり方に当然、影響してくるわけです。


●メガトレンドの変化2:テクノロジーの進歩


 2つ目の変化が、テクノロジーの進歩になります。最近、話題になっているものにChatGPTがあります。生成AIといって、人間のように対話をしてくれる人工知能です。このChatGPTをはじめとするAI、あるいはビッグデータIoT(「モノのインターネット」と呼ばれています)など現在、第4次産業革命が進行中...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。