10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン
DATE/ 2017.04.21
テキストサイズ

40代独身男性にありがちな3つの「地雷」ポイント

 4月5日付の朝日新聞によると、50歳までに一度も結婚の経験がない人が、2015年時点で女性で7人に1人、男性で4人に1人と過去最高の割合になることが、国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかりました。背景には結婚するほどの経済的余裕がない、親の介護のために結婚を諦めざるを得ない、結婚することに必要性を感じない…など現在の日本社会を反映したさまざまな理由があります。

 今回はこの調査結果ともおおいに関係がある「40代独身男性」を取り上げてみましょう。実はこの男性は「地雷が多い」といわれていることをご存知でしょうか?どんな行動が地雷だと思われてしまうのか。20代女性の声とともに、3つのポイントで説明していきます。

●地雷ポイント1:好意を持たれていると勘違い


 「会社の上司と趣味が合って話すようになっただけなのに、好かれてると勘違いされ、しつこいくらいアプローチを受けて困った」

 些細なきっかけから好意を持たれていると勘違いしてしまうことは少なくないかもしれません。しかし、そこから一気にヒートアップしてしまうのが、地雷ポイント。さらに、やんわりと断っても自分が拒絶されていると気付かない鋼の心を持っている場合もあります。あまりにも女性のNOサインに気付かず、無我夢中のアプローチを続けていくと、いつのまにかストーカーになってしまう危険性もあります。相手の女性がどこまで自分を受け入れてくれるかの境界線は、きちんと見極めるようにしましょう。

●地雷ポイント2:不相応な「若さ」アピール


 「40代男性とメールでやりとりをしていて、ハイテンションで顔文字を乱用したメールにびっくり…本人からは全く想像がつかなくて正直引きました」

 自分が年齢よりも若く見られたいという願望からか、若い人のテンションに合わせようとすることも少なくありませんが、ここにも地雷ポイントが隠れています。若い人にはその姿が無理しているように見えて、逆に良くない印象を与えてしまうことも。20代女性が40代男性に求めるのは「自分と同じような若さ」ではなく、むしろ年上男性の武器ともいえる「年相応の落ち着き」です。若者が持っていないその魅力をアピールしてみてはいかがでしょうか。

●地雷ポイント3:上から目線の自慢話


「仕事のことで上司が相談に乗ってくれたんだけど、いつのまにか「俺の若い頃は~」の話に…私の話はどこいっちゃったの?」

 「俺の若い頃は~」はおじさんにありがちな自慢話の枕詞で、これも地雷ポイントです。男性は会話に能力の誇示を求めるといわれ、自慢話をして自分を大きく見せることは男性にとって自己アピールの手段でもあります。しかしこの状況ではまったくの逆効果。女性は自慢話を聞くよりも、自分の話を聞いてもらいたいと思っています。自分の話がしたい気持ちをこらえて、相手の話を聞く姿勢を作ることができれば、あなたを見る目はきっと変わることでしょう。

●見た目ではなく内面が大事


 40代独身男性にありがちな3つの地雷ポイントを紹介しましたが、これらはほんの一部です。何よりまず大事なのは「相手がどう思っているかを考えること」。それを気にもとめず、自分の思うがままに行動するさまは、誰が見ても心地良く映ることはありません。特に女性にとっては、そうした振る舞いが気になります。見た目ばかり取りつくろうのではなく、以上のような内面的な部分に注意して、「地雷」と思われないようにしたいものですね。


<参考サイト>
・朝日新聞デジタル(2017年4月5日):生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高
http://www.asahi.com/articles/ASK453S6KK45UTFK00G.html
(10MTV編集部)