テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.09.30

車のライト、正しく使い分けられていますか?

 車のライトの役割は、単に夜間に前を照らすためというだけではありません。細かく分ければ約10種類ほどあり、周囲に自車の存在を知らせる、減速や停止を知らせるなどさまざまな役割があります。また、ヘッドライトは状況に応じてハイビームとロービームを使い分けなければなりません。車のライトはなんとなく使っているというひとも多いのではないでしょうか。ここではどんな時にどんなライトをどのように使うのか、確認しておきましょう。

「ハイビーム」「ロービーム」は使い分けが大事

 ヘッドライトにはロービームとハイビームの2種類があります。ハイビームはおよそ100m先までを照らし、ロービームが照らし出すのはおよそ40m先までです。道路交通法によると、基本的に対向車や前走車がいない見通しの悪い場所では「ハイビーム」に、対向車とすれ違う時や前走車がいる場合は「ロービーム」にする、ということになっています。「ロービーム」の正式な名称は「すれ違い用前照灯」です。これに対して「ハイビーム」の正式名称は「走行用前照灯」と呼ばれます。どちらが基本と考えるのではなく、大事なのは切り替えです。

 近年のヘッドライトは特に明るくなっていることもあり、対向車や向かってくる自転車や歩行者がいる状況で「ハイビーム」のままにしていると、相手の視界をさえぎることになり危険です。状況に応じてこまめに切り替える必要があります。最近では状況に応じて自動でビームを切り替える「オートハイビーム(自動切換型前照灯)」や、車載カメラでセンシングした情報をもとに光を電子制御する「ADB(Adaptive Driving Beam System:アダプティブ・ドライビング・ビーム)」と呼ばれるヘッドライトなども普及し始めているようです。

「ロービーム」の「光軸チェック」は行おう

 「ロービーム」は正しい状態では1%程度下向きになるように調整されています。これであれば「カットオフライン」と呼ばれる光の照らす場所が、10m先では10cm下がります。しかしこのロービームの光軸がずれることもあります。もし上向きになっていると、対向車のドライバーの顔までを照らしてしまい危険です。違和感を感じたら、「光軸チェック」を行いましょう。

 方法は、まず「ロービーム」にした車の前に立ち、自分の体に投影された「カットオフライン」の位置を指で押さえます。次にそこから車一台分くらい離れてみましょう。このとき、はじめに抑えていた位置よりも5cm程度下にきていれば問題ありません。もし指で抑えた位置よりも上に来ていたとしたら、光軸がずれて上を向いています。ぜひ早めに整備工場やディーラーに相談しましょう。

「スモールランプ」は停車中に使う

 「ヘッドライト」以外にも「スモールランプ」というものもあります。「スモールランプ」は「ヘッドライト」と同じスイッチで切り替えるようになっています。これは別名「クリアランスランプ」や「ポジションランプ」「車幅灯」などとも呼ばれます。停車中に自車の存在を周囲に知らせるためのものです。あくまで周囲が暗くなった時に使用するのは「ヘッドライト」と考えましょう。

 ほかにも「フォグランプ」と呼ばれるものもあります。このライトは「ヘッドライト」の下部に設置されていて、「前部霧灯(ぜんぶむとう)」とも呼ばれます。「フォグ=霧」という言葉通り、主に霧の時に使うことで効果を発揮します。霧が発生している時には、ヘッドライトのハイビームは乱反射してうまく機能しないことがあります。「フォグランプ」は下向きに点灯することで視界が向上します。

ライトが切れたまま走ると違反点数1点、罰金7000円

 「ヘッドライト」や「ブレーキ(テール)ランプ」などが切れたまま走ると「整備不良」で違反となります。この場合「違反点数1点、罰金7000円」が課されます。ランプは事前に兆候がなく突然切れることもあるので少し厄介ではあります。ただガソリンスタンドでも交換してもらえるようなので焦らず。これまではハロゲンライトで約3年程度、HIDライトで約5年程度が寿命でしたが、最近主流となっているLEDのライトであれば寿命は15年とだいぶ長くなっています。ということで主に中古車に乗るときには注意が必要です。

 また、特に「ブレーキ(テール)ランプ」が切れている場合は気づきにくいと思われます。しかしブレーキランプが切れていると、追突事故のリスクが確実に高まります。自身でチェックするにはガレージなどでブレーキを踏み、ランプの反射を確認するといった方法があります。ただ、なかなかおろそかになりやすいところでもあります。こういった意味でも、車はぜひ定期的な点検を心がけましょう。

<参考サイト>
正しく点けていますか?ヘッドライト、スモールランプ、フォグランプ│ヘッドライト早期点灯研究所
https://www.omoiyari-light.com/LAB/RESEARCH/000732.html
自動車に装着されるライトを10種類紹介!法令と車検についても解説│ネクステージ
https://www.nextage.jp/syaken_guide/info/270169/
すぐできる光軸チェックでヘッドライトを正しく使おう│JAF
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/safety-light/optical-axis-check
[Q]夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?|JAF
https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-drive/subcategory-safety/faq158
車のヘッドライト。HID・ハロゲン・LEDライトのバルブ交換や光軸調整・殻割り方法|ZURICH
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-headlight-adjustment/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本企業の弱点と人材不足の克服へ(1)膠着する日本経済の深層

日本経済はこの20~30年行き詰まりの状態にある。理由としては、会社の多角化によって生まれた各事業部の規模が小さすぎることが挙げられる。また、「技術があればいい」というマーケット軽視の姿勢も理由の一つだ。日本と業態...
収録日:2020/10/28
追加日:2020/12/27
西山圭太
東京大学未来ビジョン研究センター客員教授
2

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

地政学入門 歴史と理論編(5)地政学理論の先駆者たち

地政学の理論は、歴史的な事象の読み解きを可能にするだけでなく、同時代的な軍事的動向にも影響を与えていた。今回はその先駆的な提唱者として、アルフレッド・マハン、フリードリッヒ・ラッツェル、ハルフォード・マッキンダ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/28
小原雅博
東京大学名誉教授
3

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
4

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(1)細胞と細胞内の入れ替え

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞テーマである「オートファジー」とは何か。私たちの体は無数の細胞でできているが、それが日々、どのようなプロセスで新鮮な状態を保っているかを知る機会は少ない。今シリーズでは、細胞が...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/03/17
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
5

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

石田梅岩の心学に学ぶ(8)鈴木正三『万民徳用』を読む(下)

江戸初期の商人は利を求めるのに忙しく、信心と離れた存在だと自らを卑下していたようだ。鈴木正三は『万民徳用』の「商人日用」において、彼らに対し、利益を追求するには「身命を賭して、天道に抛(なげうっ)て、一筋に正直...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/27
田口佳史
東洋思想研究家