テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.08.11

「一富士、二鷹、三茄子」続きを知っていますか?

 お正月になると耳にする機会が増える「一富士、二鷹、三茄子」ということわざ。この言葉は、初夢(1月2~3日の夜に見る夢)のなかに登場すると縁起が良いとされるものを並べており、江戸時代初期に生まれ、その後広く知られるようになった言葉です。日本人ならおなじみのことわざですね。

 では、このことわざに続きがあることはご存じでしょうか。じつは、「一富士、二鷹、三茄子」のあとには「四扇(しせん)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)」という言葉が続きます。こちらは初耳という人もいるかもしれません。今回は、日本の縁起物を代表することわざ「一富士、二鷹、三茄子」ができた背景や、その意味について紹介して行きます。

一見関連性のない3つの縁起物

 “山”に“鳥”に“植物”──一見すると統一感のない組み合わせに感じる、「一富士、二鷹、三茄子」。なぜこの3つの組み合わせになったのでしょうか。

 まず、「一富士」。これは日本を代表する名山・富士山を指します。富士山は「不死」にもかかっており、縁起のよいもの、不朽の存在としての意味が込められています。「二鷹」は百鳥の王。威厳ある存在であると同時に、こちらも「高い」という言葉にかかるとされています。そして最後に「三茄子」。もちろん「茄子」にも縁起のよい言葉がなぞらえられています。物事の生成や発展する様子を示す、「成す」です。

 また、別の解釈では、駿河国(現在の静岡県)の名物を順に並べたとする説が有名です。駿河国といえば、江戸幕府を開いた徳川家康に縁の深い土地。駿河を代表する富士山と、家康が好んだという鷹狩り、そして毎年駿河から献上されていたという初茄子が選ばれたのだとか。その他にも、「一富士、二鷹、三茄子」にはさまざまな由来が語られています。

「四扇、五煙草、六座頭」の由来はどこに?

 では、「一富士、二鷹、三茄子」の続きとなる、「四扇(しせん)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)」に触れて行きましょう。そもそも、この4つは江戸時代に出版された辞書『俚言集覧』の欄外に書かれていたもので、最初の3つよりも後に追加されたと考えられています。

 まず、「四扇」は、祭礼や舞踊の小道具としても使われる「扇」を指します。商売繁盛や子孫の繁栄を願う末広がりの形から、縁起が良いとされるものです。「五煙草」は、煙草の煙が上にのぼることから、縁起ものとして扱われており、幸運や運気の上昇を象徴していたと考えられています。「六座頭」の「座頭」とは、琵琶法師の座に所属する盲目の演奏家のことです。剃髪していることが特徴で、頭に毛がないことから「怪我無い」、つまり家内安全を願う象徴とされて来ました。

 このように、「一富士、二鷹、三茄子」に続く「四扇、五煙草、六座頭」には、すべて「祝い」や「めでたさ」、「安全」に関連する要素が含まれています。おめでたい言葉やイメージを重ねて行くことで、幸福を願う言葉となり、人々に長く受け継がれて来たのです。

ことわざから感じる日本の文化と自然

 「一富士、二鷹、三茄子、四扇、五煙草、六座頭」──リズミカルな語感と、それぞれの言葉にかかる意味は、日本語の奥深さを感じさせてくれると同時に、豊かな自然と、古くから続く人々の暮らしや日本の文化を浮かび上がらせてくれます。

 初夢に見るとよいとされる「一富士、二鷹、三茄子」。来年の1月2日は、富士、鷹、茄子の3つだけでなく、扇、煙草、座頭も頭のなかに入れて布団に入ると、よい初夢が見られるかもしれませんね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
2

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

編集部ラジオ2024:7月10日(水)

今回の会員アンケート企画では「メンタルヘルスについて」というテーマでご意見をいただきました。

メンタルヘルスとは「こころの健康状態」のことを指します。
こころの健康状態が崩れてしまうことは誰にでも...
収録日:
追加日:2024/07/10
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア