10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

暗殺、捕虜、疫病…軍人皇帝にとって受難の時期

軍人皇帝時代のローマ史(3)捕虜や疫病-悲運の皇帝たち

本村凌二
東京大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
ウァレリアヌス
紀元251年から270年の20年間は、軍人皇帝にとって受難の時期だった。自分を盛り立てる兵士たちの信頼を失って暗殺の憂き目に遭う者もいれば、ローマ史上初めて敵軍の捕虜となってしまった皇帝もいる。今回は、ガッルスからクラウディウス2世までの軍人皇帝たちについて語る。(全6話中第3話)
時間:10:17
収録日:2018/08/29
追加日:2019/01/17
タグ:
≪全文≫

●ローマ兵士たちから信頼を得るには


 デキウスが戦死した後はガッルスという皇帝が出てきますが、彼の治世もたった2年でした。彼の場合は軍団の信頼を得られなくなったため、兵士たちからだんだん憎まれていき、結局は軍団中の兵士に殺されてしまうという最期でした。治世は、紀元251年から253年までです。

 その後、アエミリアヌスという皇帝が即位します。アフリカのジェルバ島生まれです。彼は北方戦線を担当しますが、やはり最終的には兵士たちの信頼を得られない人でした。兵士の信頼を得るためには、兵士の給料をよくするか、実戦での成果をあげるかの二つの方法を取らねばなりません。

 この時代、兵士たちは非常に気が立っています。もちろん時には休みたいこともあったはずですが、北方戦線などで、皇帝たちがゲルマン民族と金銭的な取引をして講和に向かうような動きを大変嫌いました。

 彼らローマ軍の兵士たちは、ローマ人同士で戦う内乱というかたちを忌み嫌いました。第1回講義でお伝えしたマクシミヌスのときにも、兵士たちがローマに進軍するのを嫌い、皇帝そのものを殺してしまうようなことが起きていました。しかし、敵がゲルマン民族やペルシャ人である限り、兵士たちは競って軍事的功績を立てようとするのでした。結局、アエミリアヌスも、帝位に就いた年のうちに殺されてしまうことになります。


●捕虜になったローマ皇帝ウァレリアヌス帝


 その後、ウァレリアヌスという皇帝が立ち、息子のガリエヌスとともに元老院による公認を受けます。かつてのゴルディアヌス1世・2世と同様の共治帝です。ゴルディアヌス家の場合は由緒正しさが認められましたが、ウァレリアヌスとガリエヌスの出生地の詳細は不明で、バルカン半島ではないだろうと考えられています。

 元老院貴族から見るバルカン半島は、ローマ・イタリアに比べると田舎の野蛮な地域と見なされ、その出身者であるだけで、あまり望まれませんでした。元老院がウァレリアヌスとガリエヌスを父子ともに皇帝として認めた、そのことには、彼らがそれなりの由緒正しさや教養、富裕な生活など、貴族的らしさを持っていたことの片鱗がうかがえます。

 元老院貴族によって同時に皇帝に迎えられた二人のうち、父親のウァレリアヌスは7年ほど帝位に就き、それなりの善政を行いました。彼は、北方戦線の一部勢力を息子に任せ、自分はパルティアとの東方戦線に集中しました。ところが、その最中、ローマ皇帝としては唯一、そのような憂き目に遭うのですが、ペルシャ軍に負けて捕虜として連行されてしまったのです。

 ローマ皇帝にとっては、この上ない屈辱です。どこまで事実かは分かりませんが、体の皮を剥がされて処刑されたとも伝えられています。大変な屈辱と苦痛を与えられた皇帝です。非常に優れた資質を持っていたにもかかわらず、戦いの中で敵に殺されたのが、ウァレリアヌスでした。


●部下による暗殺や疫病に倒れていく軍人皇帝


 その後、息子のガリエヌスもまた、自分の息子を共治帝に立てようとしますが、これはすぐには公認されません。軍人皇帝が次から次へと出てくる大変な時代を危ぶみ、ガリエヌスは、その治世の前半では皇帝として非常にさまざまな改革を行いました。

 彼が父親のウァレリアヌスと一緒に皇帝になったのが253年で、父親の亡くなった260年頃からは、息子を共治帝に立てていきます。しかし、これはありがちなことですが、彼はだんだんわがままな面を出し、何もかも自分の意のままにしようとした形跡があります。改革によるそれなりの成果を挙げながら、268年には部下によって殺されてしまいます。

 同じ268年にクラウディウス2世という皇帝が出てきますが、彼の帝位も結局約2年間の短期にとどまります。彼は殺されたわけではなく、疫病の犠牲になりました。この混乱期、また、そうでなくても今と違って衛生状態のよくない生活環境ですから、疫病はかなり蔓延しやすかった。彼も皇帝でありながら、疫病にかかって亡くなってしまいます。これが270年ですから、皇帝になって2年しかたっていないことになります。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。