テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

真田幸村と木村重成の最期の逸話にみる「武辺の道」

戦国合戦の真実(6)武士が自らの「首」に込めた思い

中村彰彦
作家
情報・テキスト
木村重成
勝てば生き長らえるだけでなく、恩賞によって一国一城の主になれる可能性もあるのが合戦。しかし同時に、相手に討ち取られ、首実検の場に自らの首をさらすことになるかもしれないのも合戦である。そこで出陣前に香を焚くという。そこには、たとえ首になろうとも美学をつらぬく武士の心得がある。(全7話中第6話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:09:40
収録日:2019/11/06
追加日:2020/01/12
≪全文≫

●戦場での手柄の証となる「首」


中村 今度は戦争の終わり方をお話ししましょう。

 日本の場合は、何千キロも向こうで勝負を決するということがありませんでしたので、兵站線をどのようにつくるかについては、あまり発達しませんでした。悪しき習慣ではありますが、現地調達主義で、自分たちが持っていった食料が足りなくなったら、その辺りに乗り込んで、全部略奪して、それを食べ物にする。ついでに女性も略奪して、自分の奥さんにするケースもありますが、売り払うことも多い。ですから上﨟(じょうろう)を売りに出しているから「女郎(じょろう)屋」といわれるわけです。

―― 身分の高い人たち(女性)のことですね。

中村 上﨟、つまり高級な奥女中さんたちがかどわかされて、身を売ることになる。それで「じょうろう」が訛って「じょろう」になるのですね。一方、男はだいたい殺されるか、奴隷身分に落とされる。そういう悲劇がいろいろなところで起こっているわけです。

 戦が終わるときには、誰が、どのような手柄を立てたのか、今、企業が人事査定を行うようにしっかりと査定する。

 では、どういう査定をするのか。まず、討ち取った際、必ず首を斬って、主にお見せして、評価を受けなくてはいけません。ですから、戦場で敵と渡り合って、首尾よく相手を討ち止めたときのために、必ず侍はスイカが入るくらいの首袋を何袋か持っているわけです。首袋は腰に付けるので、腰のあたりに血がついて大変なことになります。そして、陣地へ引き揚げて取り出す頃には、汚れきっていますから、きれいに洗う。戦に行くときは頭に鉢巻を締めて、烏帽子を被って、その上に兜をしますので、髷を結っていたら邪魔になってしようがない。そこで、いわゆる「大童(おおわらわ)」という、ざんばら状態にします。そのため、討ち取られた敵の首も当然同じ恰好になっているので、きちんと汚れや血の気を拭ってやって、髷を結んでやるのです。

 平家時代から高級な武士たちは、化粧をする。シミを隠す化粧、あるいは公家と同じようにお歯黒をする。いい恰好に結ってやって、お歯黒をさせると、無名の首でも有名な人、大物を討ち取ったように見えて、自分の査定が上がる可能性があるのです。


●平家以来の優にやさしき“もののふ”の心がけ


中村 その首を首桶という桶にちゃんと入れる。首実検をするのにも時間がかかるので、その間に腐ったりしないように、だいたい焼酎に浸けてあります。

 まとめて持っていくときは、釣り台という大きな長持に把手の棒をつけたものに、たくさん首を入れて持っていく。「この首は何の誰兵衛、よくこれを討ち止めた」と名前が分かっていれば一番いいわけですが、首実検をする。結果、一国一城の主というように一国をもらえたら大変なことですが、そういう恩賞も首実検が元になるわけです。

 実際問題としては、「では、どういう太刀打ちの結果、これを仕留めることができたのか」と聞く場合もあります。真田幸村の首を持った男が徳川家康の前に来て、「これが、ふと、こう斬り込んできたので、拙者はこうよけて…」とか得々としゃべったら、家康が「この馬鹿」という顔をした。幸村は朝から何回も家康と刺し違える覚悟で馬を発進させている。だから、ヘトヘトで傷だらけになって、乗馬で使った馬すら死ぬような凄まじい戦でくたびれたので、「はあはあ」と息が上がって腰を下ろしていた。そのときに討たれて死んでいるのです。だから、「幸村がそのような丁々発止の戦いをお前などとやるものか」と、家康は一発で見抜いたわけです。よって、あまり自分の実力以上のことを言うと、逆に自分の査定に響くということです。

―― 逆に見透かされてしまうわけですね。

中村 そうですね。そして、自分たちがいつ敵の武将の前に生首となって、首実検を受ける立場になるかもしれない。そのときのわきまえとして心得ておかなくてはいけないことがあるというのも、当時の武辺(ぶへん)の道なのです。

 ですから、大坂夏の陣のとき、豊臣家を一身に支えた木村重成は、最後は討ち止められるのですが、首が家康のところに運ばれた際、首からほのかに白檀か何かの香りがした。豊臣家も最後だから、自分は豊臣家と生死をともにすべき立場である。いよいよ今日の出撃が最後であろうと覚悟ができているから、香を焚いて、毛髪に染み込ませてから出撃したのです。要するに首実検を受けるときに腐臭が漂ったり、血の臭いがしたりするのは、尾籠であろうと考えた。これがいわゆる平家以来の、優にやさしき“もののふ”の心がけなのです。

 木村重成も、このエピソードによって名を遺した。そういう心がけも武士の奥ゆかしさの一つであり、奥ゆかしさを賞でるという美学が戦乱の中から育っていくことになるのです。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。