テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は今まさに大転換期の真っ只中にいる

日本の特性とは何か(1)転換期の重要性

田口佳史
東洋思想研究者
情報・テキスト
日本は現在、大転換期の真っ只中にあり、非常に重要な時期にいる。なぜなら、転換期のあり方が、その後の成長期、安定期の行く末を決めるからだと田口佳史氏は言う。それは、かつて和魂を失い「うわべだけの転換」になってしまった明治維新が、何を引き起こしたかを見れば分かる。(全7話中第1話)
時間:07:32
収録日:2020/01/08
追加日:2020/04/08
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●日本は今、大転換期の真っ只中におり、大切な時期を迎えている


 2020年はとても大切な時期にいます。何が大切かというと、2002、3年からわれわれは大転換期の真っ只中にいるからです。この転換期というものはなぜ重要なのかという話から入っていきたいと思います。

 私は1942年の生まれで、1945年の終戦の3年前でありましたから、ちょうど何もない、ご破算で願いましてはというような転換期です。これが続いて、やがて成長期へ入っていきました。この成長期は1973年のオイルショックというところまで続き、それから30年ほどたった2003年ぐらいから転換期へ入ったわけです。

 これも、自然の、宇宙大の規模の営みによって行われていますから、人工的でないということで、はっきり30年ピシッということではありません。よって、35年になるのか、37年になるのか分かりませんが、2003年から30年というと2033年ぐらいから35年と見てもいいでしょう。そのぐらいまでが転換期であります。


●転換期がその後の成長期、安定期を決める


 一番いいケースが明治維新です。明治維新をよく見ても、これから少しお話をしますが、転換期のあり方が次の成長期を決めるということが分かります。だから、転換期に本当にうまく転換した会社とか、個人でいえば人生においてうまく転換した人間とか、それから国家もうまく転換したとか、こういうものは成長期に入ってグッと伸びていきます。ですから、成長期の状況も、転換期にいかなる転換をしたかということにかかってくるわけです。

 皆さんの会社も、次の成長に関しては、要するにこれから2035年ぐらいまで続くこの転換期をどのように転換したかにかかっているんだと思ってもらわなきゃいけない。だから、転換期30年、成長期30年。そしてその次に来る安定期は成長期のあり方がそのまま反映されてくるわけだから、合わせてだいたい100年から150年というものはこの転換期にかかっていると言っていいんです。


●和魂を忘れた明治の転換が呼び込んだもの


 それはとりもなおさず、明治の転換という時に、平均年齢30歳という、そういう若い日本人が一所懸命頑張ってくれたから分かることです。そこには、それなりにいろいろと反省をしなきゃいけないところは多々ありますので、それもこのシリーズ講座の中でどういう点を反省して、どういう転換をこれから図らなきゃいけないかということはお話ししてまいりますが、いずれにしても、それなりに転換をしたわけです。

 日本は日清・日露戦争に勝ち、大正期に入っておかしくなりましたが、それなりの国家として進むことができました。しかし残念ながら、私からいえば、それは要するに「うわべの転換」であった、非常に強い言葉でいえば、西洋近代思想の模倣であったということです。和魂洋才と言いながら、「洋魂洋才」になって、和魂というものがなかったために、私からいえば、明治の転換というものが最終的に、それから100年ほどたった1945年に敗戦国家というものになってしまったということです。

 よって、もっと真剣に、なぜ敗戦国家になったのかということをわれわれは考えてみる必要があります。そこで、明治維新というのが本当に、心底から正しかったのかどうかということをもう1回問う必要があるというのが、ここ10年の私のテーマです。

 350万人もの死者を出すような結末になった、あの敗戦というものを呼び込んだ淵源はどこにあるのかといえば、明治の転換というものがとても問題だったといっていいと私は思うんです。ですから、そこで1つ、非常に足りなかった部分として私が指摘しておきたいのは、アイデンティティということを真っ先にしっかりしないと、何か模倣に終わってしまい、100年ほどたつとだんだん、だんだんボロが出てくるということです。

 ということで、今回の大テーマは『「日本的」を現代経営に活かす』ですが、「日本的」というものにもう1回こだわる必要があると申し上げているのも、そういう部分から割り出して言っているのです。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。