テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

横井小楠に学ぶ、日本の特性を生かした世界との向き合い方

日本の特性とは何か(7)異文化とどう向き合うか

田口佳史
東洋思想研究者
情報・テキスト
横井小楠
日本は「安堵感」や「鋭い感性と深い精神性」という素晴らしい特性を持っているが、日本は世界とどうつきあっていくべきか。その方法、考え方を、西欧列強と対峙した激動の幕末・維新期の思想家・横井小楠に学ぶ。シリーズレクチャー「日本の特性とは何か」最終話は質疑応答編。(全7話中第7話)
時間:06:06
収録日:2020/01/08
追加日:2020/06/10
キーワード:
≪全文≫

●海外の異文化とつきあうとき、日本の特性をどう考えればいいか


田口 今回のシリーズでは、なぜ日本的というものが必要なのかということで、日本の転換期の在り方と、それから日本的というものの意味合い、そのスタートの概念、また持っていただきたい知識などについてお話をしました。何かご質問があればお答えしたいと思っています。

―― 日本の特性である「安堵感」「鋭い感性と深い精神性」は本当に素晴らしい。一方、海外の異文化と向き合うとき、そこがお人好しのような感じで出てしまい、弱点になってしまうのでは。海外の政治や経済を見ると、腹黒くて普通というところもあるからです。先生はどうお考えでしょうか。

田口 横井小楠は、次のように言っているんですよね。当時、西洋列強がものすごい軍事力で日本に、というよりアジアにどんどん攻めてきた。あれをどう受け取るかによって全然事態は変わるんだよと。

 そこで、「横井、あなたはどういうふうに受け取るのか」と聞かれた。当時、大方の日本人は攘夷思想で、要するに外国人はみんな叩き切るという、そういう非常に乱暴な、つまり人間のやることじゃないと言っているわけですよね。

 そこで、われわれはどうするか。西洋が近代西洋思想を持って日本の思想、主に儒教に対して挑戦してきたんだ。どっちが勝つかやってみようじゃないかと言ってきたんだよと。したがって、われわれは儒教をもう1回整然と整備し直して、逆に西洋思想を育んでやらなきゃいけないんだと。

 具体的にいうと、どういうことか。ああそうか、領土が欲しいかと。それで来たんだなと。欲しけりゃいくらでもやるけどね。要するに領土を取るというのはなかなか大変だよ。取った後がすごく大変なんだよ。それよりは、どうだ、一緒に協力して、あなたの国を世界一の富んだ国にするという、そういうことのほうが、死人も出ないし、いいんじゃないか。そこには東洋道徳、西洋技術という考え方があって、われわれは道徳を、基本のほうを提供するから、あなたのほうは技術を提供して、お互いに発展繁栄の道を、共生観を持って歩んでみたらどうかといって、西洋人を育んでやる。その気持ちがないと、争ってしまうのです。


●5つの思想・哲学、その蓄積に敵う思想・哲学はない


田口 ですから、1枚も2枚も上手になることが重要だが、そのために、その自信の発露はどこにあるかというと、5つもの思想・哲学があるんですよ、われわれには。だから、思想・哲学の権化みたいな、本来、国家なんです。そんな国は他にないんですから。だからひとえに自分の勉強不足を棚に上げて、要するにこうなってしまうんじゃないかと言っているだけの代物で、勉強不足を回避して、の5つの思想・哲学を十二分に身につけたら、いかなる西洋思想たりとも、この5つの集合体、その蓄積に敵う思想・哲学はない。

 ですから、人間は戦争であれ何であれ、全部その淵源は、どういう考え方の持ち主かというのが最大のポイントになるんですよ。

 彼(横井小楠)の言動、その表現だけを捉えて、それでやり合っていれば、それは犬がワンワン、ワンワンと吠えているのと同じことなんですよ。そうじゃない。彼はいかなる思想・哲学、考え方からこういうことをやろうとしているのか、そのところをよく理解して、「ははあ、そういう考え方ですか。わが国では5つの思想・哲学があって、こういう伝統がある。こういう考え方でやっていったほうがよっぽどうまくいくんですけどねえ」と言ってあげる。

 そして、「あなたの考え方はね、うまくいれば全部自分のものになるけれど、下手をすれば全部失うという、そういうやり方ですよ。それよりは、最初から(お互いに提供し合えば)絶対に発展繁栄するという、そういう考え方のほうがいいんじゃないんでしょうか」と言って、(西洋人の考え方を)育む。そういうことが大切なんですよ。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。