テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

最澄が比叡山での修行の際に『願文』に込めた願いとは

【入門】日本仏教の名僧・名著~最澄編(2)『願文』で立てた志

賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
情報・テキスト
比叡山延暦寺
『願文』は、比叡山12年の修行に入る際に最澄が立てた「志」である。「一切皆苦」の仏教的世界観に立ち、苦しみのもとを考えかたの誤りに求め、一切衆生の悟りと救いを求めていく名文だ。若き最澄がこの文章に込めた願いは、厳しい修行の年月を支えただけでなく、世に出てからの「利他」をも約束していた。(全4話中第2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:35
収録日:2020/08/20
追加日:2020/12/31
ジャンル:
タグ:
≪全文≫

●修行に際しての志を表明した最澄の『願文』


―― 今回からは最澄の息吹ということで、『願文(がんもん)』や『山家学生式(さんげがくしょうしき)』の原文を見ながら進めていきましょう。こうした中から、「一隅を照らす」や「山川草木悉有仏性」のように山や川や草木にも仏性があるという思想に発展していったプロセスについて、お話をうかがいたいと思います。

 まずは『願文』ですが、これはどういう位置づけの文章でしょうか。

賴住 はい、前回も申し上げましたが、エリートの僧侶だった最澄は、その地位を捨てて比叡山にこもります。当時の比叡山は一種の聖地のような場所だったと考えられます。そこにこもって12年間修行し続ける時に、自分の修行についての「志」を文章にして残したということになります。

―― なるほど。

賴住 ですから、割に若い時期の最澄の考え方が非常によく出ているということになるかと思います。

―― 自分はこのように修行するのだと表明したような文章ということですね。

賴住 はい、そういうことです。


●仏教の根本思想を述べた『願文』の冒頭


―― では、冒頭を読ませていただきます。

「悠々たる三界は純(もは)ら苦にして安きことなく、擾々(じょうじょう)たる四生はただ患にして楽しからず。牟尼の日久しく隠れて、慈尊の月未だ照さず。三災の危うきに近づきて、五濁(ごじょく)の深きに没(しず)む。」

 非常にリズミカルな文章ですね。

賴住 そうですね、大変な名文としてよく知られている文章です。まず最初に「三界(さんがい)」という言葉が出てきます。「三界に家なし」などというように、迷いの世界を「欲界・色界・無色界」の三つに分けたもので、迷いの世界の全体、すなわち私たちが生きている世界全体が苦であるといいます。「一切皆苦(すべては苦しみである)」というのが仏教の一番基本的な考え方になりますが、まさにそれを最初に打ち出すために、こういう言葉を述べています。

 次の「擾々たる四生」にまいります。

「四生(ししょう)」では、生きとし生けるものを生まれ方の四種で分けています。「胎生(たいしょう)」は母親のお腹から生まれる、「卵生(らんしょう)」は卵から生まれるというように四つの生まれ方で、要するに生きとし生けるもののすべてという意味です。どれもいろいろと苦しみが多く、何の楽しみもないということを言っています。

―― いかにも仏教的なところですね。

賴住 そうですね、仏教でいう「すべては苦しみである」ということです。


●希望もなく困難と苦悩だけが続くという「世界観」


賴住 さらに「牟尼の日久しく隠れて、慈尊の月未だ照さず」のくだりですが、「牟尼」は釈迦です。釈迦はもう亡くなってしまっている。釈迦の後に出てくる仏として「慈尊」といわれているのは、弥勒仏です。釈迦が亡くなってから56億7000万年後に弥勒が現われるというのが仏教の考え方に則ったものです。

 つまり、釈迦が亡くなった後はずっと仏のいない世界が続いていたということで、そこに弥勒が現われるという世界観に基づいています。要するに「今は仏のいない世界である」という、非常にネガティブといいますか、悲観的なことをいっているわけです。

 そして、「三災の危うきに近づきて」の「三災」とは、火災や水災というように、水害や火災のようないろいろな災いを指します。

―― 災いですね。

賴住 「五濁」というのは、さまざまな濁り、穢れです。人はそういうものの中に沈んでいるのだというのは、基本的な世界観です。すべては苦しみであり、常に穢れているというように、世界や時代を捉えているということです。

 その後、また今度は最澄自身のことを述べる文章になります。


●最澄が表明したのは自分の中にある罪深さ


―― はい、この先の部分ですね。

「ここにおいて、愚が中の極愚、狂(おう)が中の極狂、塵禿(じんとく)の有情、低下(ていげ)の最澄、上(かみ)は諸仏に違(い)し、中(なか)は皇法に背き、下(しも)は孝礼を闕(か)けり。」

賴住 はい、ここで最澄自身が自分を「極愚である」とか「極狂である」と言っています。

―― これは、「愚かさも極まり、狂いぶりも極まった」という自己規定になるのですか。

賴住 そうです。大変に自分をネガティブに捉えているのです。これは、仏法の尊さに比べて、自分というものは本当に至らないものであると言っているのだと思います。

 この後の時代になると、例えば親鸞が自分は「罪悪深重(ざいあくじんじゅう)の凡夫」というように、非常に自分を深く見つめ、自分の罪深さを表明していきます。まさにその先駆の形が、この最澄の中にあるのではないかと思います。
...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。