10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

仏教

仏教
 仏教は、紀元前5世紀頃の北インドで釈迦が開いた宗教。この世を苦の世界と見(苦諦)、苦の原因を妄執と因果関係だとする(集諦)。妄執を立てば苦しみから解放される(滅諦)ので、正しい観察と実践によってそこから脱出すること(道諦=八正道)を説いたのが仏陀の教義である。悟りを開いて仏陀となり、原始仏教の教団をつくった釈迦の死後約100年で教団は上座部と大衆部に分裂、細分化が進んで部派仏教を生む。紀元前後になると、部派仏教とは別の流れから大乗仏教が登場する。上座部仏教はスリランカや東南アジアに広がり、東アジアには大乗仏教が受容される。日本には6世紀に伝来して以来日本流の解釈が積み重ねられ、日常用語や慣習などをはじめ国民精神の基礎を築いている。  「10MTVオピニオン」では、法隆寺管長の大野玄妙氏が仏教伝来時の歴史を振り返り、日本独自の思想が形成されていった経緯を「法隆寺聖徳太子と共にあり」で講義。東大寺長老の北河原公敬氏は大仏開眼に込められた思いと現代の風潮をクロスさせ、仏教精神を強調する。さらに老荘思想研究者の田口佳史氏、東京大学東洋文化研究所副所長の中島隆博氏などが、それぞれの立場から仏教を講義している。

茶の哲学のベースにある老荘思想

岡倉天心『茶の本』と日本文化(3)茶の歴史と老荘思想
東京女子大学名誉教授の大久保喬樹氏が明治の美術運動家・岡倉天心と著書『茶の本』について解説。第3話では『茶の本』の第2章と第3章を取り上げる。茶の文化は禅僧により中国から日本に渡り、室町期に大きく発展...
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01
大久保喬樹
東京女子大学名誉教授

宗教的感覚が薄いのになぜ日本人のモラルは高いのか

ローマ史に学ぶ戦略思考(8)質疑応答
欧米人からすると意外なのは、日本人のモラルの高さだ。早稲田大学国際教養学部特任教授・本村凌二氏によれば、その一つの解答が、新渡戸稲造の『武士道』である。誠実で実直な日本人は、陰謀や罠よりも正攻法で...
収録日:2016/09/30
追加日:2017/06/12
本村凌二
東京大学名誉教授/博士(文学)

聖武天皇は、蓮華蔵世界実現の一大プロジェクトを発案した

東大寺建立に込められた思い(2)この世を蓮華蔵世界に
東大寺長老・北河原公敬氏によれば、東大寺はもともと、様々な宗派について学ぶ場所だった。そんな東大寺の建立を、聖武天皇が思い至った理由は、ある講義だった。その講義に感銘を受けた聖武天皇は、そこで展開...
収録日:2016/03/08
追加日:2016/12/03
北河原公敬
東大寺長老

「日没する処の天子」と書かれても煬帝が激怒しない理由

法隆寺は聖徳太子と共にあり(8)古代史の眺め方
「日没する処の天子」と書かれても、中国の皇帝は怒らなかった。その謎を解くには、この文言の前に書かれた部分を読解し、そして当時の国際情勢と突き合わせなければならない。法隆寺管長・大野玄妙氏が、学校で...
収録日:2016/03/09
追加日:2016/11/19
大野玄妙
法隆寺 管長

法隆寺釈迦像は聖徳太子がモデル、生存中より造形開始

法隆寺は聖徳太子と共にあり(6)「和」を広げる法隆寺
法隆寺にある仏像は、実は聖徳太子をモデルにしている。しかもそれは、彼がまだ生きている間につくられ始めた。法隆寺管長・大野玄妙氏は、こうした仏像作成法が中国に由来するものであると述べる。仏教には、教...
収録日:2016/03/09
追加日:2016/11/05
大野玄妙
法隆寺 管長

仏国土は水平的世界だが「浄土に登る」―日本的仏教観

法隆寺は聖徳太子と共にあり(4)仏国土はどこにあるか
私たち日本人は、外からの諸物をそのまま受け入れるのではなく、自分たちの基準に従って取捨選択し、自分たちに都合よく組み上げてしまうことを得意とする。そしてそれは、典型的な経典解釈すら、日本風にアレン...
収録日:2016/03/09
追加日:2016/10/22
大野玄妙
法隆寺 管長

「和を以て貴し」とした聖徳太子の理想的社会像とは何か

法隆寺は聖徳太子と共にあり(3)「みんな一緒に」の精神
どちらか一方ではなく、仏も神も両方大事にする。一神教の信者からすれば信じ難いこの感覚こそ、多様性と調和を重んじる日本独特の宗教性を示していた。法隆寺管長・大野玄妙氏は、多様性も含めて「和」を強調し...
収録日:2016/03/09
追加日:2016/10/15
大野玄妙
法隆寺 管長

聖徳太子は「皇太子」だったことを忘れてはならない

法隆寺は聖徳太子と共にあり(2)神と仏の二人三脚体制
聖徳太子は仏教を日本に取り入れ、そして広めた。そう教えられてきた聖徳太子像に対し、法隆寺管長・大野玄妙氏は注意を促す。聖徳太子について考える上でまず重要なのは、彼が皇太子であることだ。すなわち彼本...
収録日:2016/03/09
追加日:2016/10/08
大野玄妙
法隆寺 管長

民主主義と科学が近代中国に突きつけた大問題―内聖外王

東洋の普遍、西洋の普遍(4)民主主義をどう根付かせるか
中国や東アジアの思想が理想としたのは、有徳の王が政治を支配する「内聖外王」だった。西洋がもたらした民主主義と科学という新たな外王にどう対応するか。これが中国近代の大問題だった。東京大学東洋文化研究...
収録日:2016/04/21
追加日:2016/08/17
中島隆博
東京大学東洋文化研究所 教授

人間は生まれながらにして仏であり、悟りの要素を持つ

東洋思想の主張~全ては自分の内にある
仏教では、本来人間は皆、仏であり悟りの要素を持っていると説く。その仏性、悟りを得るためにどうするべきかを、道元、千利休など多くの先人が思索し続けた。仕事にどのような意味を見出すのか、悟りを得るとは...
収録日:2014/11/12
追加日:2015/07/20
田口佳史
老荘思想研究者

規範をどう考えるかによって王陽明の弟子たちが分裂

近代中国哲学と西洋哲学(1)陽明学左派の思想
王陽明以降の中国思想は、「規範」という難問に直面した。彼らはそれをどのように考えたのか。中国哲学者でありながら西洋哲学にも詳しい東京大学東洋文化研究所教授・中島隆博氏が、洋の東西を渡り歩くシリーズ...
収録日:2014/12/19
追加日:2015/06/15
中島隆博
東京大学東洋文化研究所 教授

外を断ち切った心学の独我論! 王陽明の行った転倒とは?

東アジアにおける近代の啓蒙(4)王陽明の転換~陽明学の誕生と変遷
しかし朱子学は宿命的に、啓蒙の限界に行き当たらざるを得ない。王陽明の陽明学は、それへの反論として生まれた。だが陽明学は、やがて東アジアの近代化の中で、諸勢力の思惑に利用されていく。胡適や福沢諭吉の...
収録日:2014/10/07
追加日:2015/01/31
中島隆博
東京大学東洋文化研究所 教授

仏教を超え内面に向かう「啓蒙」へ! 朱熹が採った道とは?

東アジアにおける近代の啓蒙(3)仏教から新儒教へ~朱熹と朱子学
宋代に朱熹が築いた「朱子学」とは、何だったのか。後に東アジアの近代的啓蒙に色濃く影響することになる宋代・明代の「新儒教」の発生以前にさかのぼり、儒教と啓蒙の絡まりをひもとく。(全4話中第3話目)
収録日:2014/10/07
追加日:2015/01/30
中島隆博
東京大学東洋文化研究所 教授

中国にはかつて「孔子教」をつくろうと考えた思想家がいた

現代中国の儒教復興(3)儒教は宗教なのか
「儒教は宗教なのか」という問いは、非常に難しい問いである。果たして儒教は宗教なのか。宗教にはどのような問題があるのか。中国と日本における儒教の宗教化の動きとともに、中島隆博氏がこの問いに迫る。(全...
収録日:2014/09/09
追加日:2014/11/26
中島隆博
東京大学東洋文化研究所 教授