テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

阿弥陀仏は無限の光だ…親鸞の『唯信鈔文意』の教えとは?

【入門】日本仏教の名僧・名著~親鸞編(2)『唯信鈔文意』と方便法身

賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
情報・テキスト
親鸞の著書として重要なのが『唯信鈔文意』である。『唯信鈔』は同門の先輩・聖覚による著だが、法然の教えをよく伝える書として親鸞は大切にした。その解釈書として著した本書の中でも阿弥陀仏についての捉え方を、「法蔵神話」をもとに大乗仏教の真髄を易しい言葉で伝えるものとなっている。(全4話中第2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:32
収録日:2020/09/30
追加日:2022/03/04
ジャンル:
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●仏の三身「法身」「報身」「応化身」とその違い


―― では、親鸞のお書きになった文書をさっそく読んでまいりたいと思います。最初にご紹介いただくのは『唯信鈔文意』というものです。これは、どのようなものになりますでしょうか。

賴住 親鸞が『唯信鈔』という著作についての解釈を書いた文章になります。この中で親鸞は、自分の阿弥陀仏に対する考え方をかなり突っ込んで書いているため、非常に重要な著作ではないかと思います。

―― それでは本文を読んでまいります。

「法身(ほっしん)は、いろもなし、かたちもましまさず。しかれば、こころもおよばれず。ことばもたへたり。この一如(いちにょ)よりかたちをあらわして、方便法身(ほうべんほっしん)とまふす御(おん)すがたをしめして、法蔵比丘(びく)となのりたまひて、不可思議の大誓願(だいせいがん)をおこして、あらわれたまふ御(おん)かたちおば、世親菩薩(せしんぼさつ)は尽十方無碍光如来(じんじっぽうむげこうにょらい)となづけたてまつりたまへり。(中略)尽十方無碍光仏(じんじっぽうむげこうぶつ)とまふすひかりにて、かたちもましまさず、いろもましまさず。(中略)しかれば阿弥陀仏(あみだぶつ)は、光明(こうみょう)なり。」

 これは、どのような意味になりますでしょうか。

賴住 まず「法身」について、仏教では仏の体をいくつかに分けて考えますが、一般的には「三身(さんじん)」といって3種類に分けています。

 「法身(ほっしん)」というのは仏の本質であり、色・かたちを超えているといっています。それから「報身(ほうじん)」というものがございます。これは、修行した結果成仏して仏になった、そのときの仏のことを「報身」と呼んでおります。阿弥陀仏は一般的には「報身」といわれています。法蔵神話の中で、法蔵菩薩が一所懸命修行し、成仏して阿弥陀仏になったと伝えられることから、「報身」と考えられているのです。三つ目が「応化身(おうげしん)」というもので、衆生が分かりやすいようにさまざまな姿で現われた仏ということです。

―― そうすると、仏さまがかたちを変えて、いろいろ現われているということですか。

賴住 そうなのです。必ずしも仏の姿をしているばかりではなく、例えば国王の姿で現われたり、美しい女性の姿で現われたりと、いろいろな姿に仏が変身して現われます。なぜかというと、いきなり仏が現われて教えたのでは近寄りがたいという人がいるので、その人に一番いいやり方(姿)で仏は姿を現わすという考え方です。

 (この文章の冒頭は)そのうちの「法身」ということで、これは色・かたちを持っていないと述べています。

―― もう一度お聞きしますが、三つの中での「法身」というのは、他の二つと比べて、意味としてはどういうところになるのでしょうか。

賴住 他の二つは色やかたちを持っているのですが、「法身」は色やかたちを持っていません。これは、釈尊が亡くなられたあとにお弟子さんたちが、「釈尊は亡くなってしまって、もう姿は見えないけれども、釈尊はまったくいなくなってしまったのだろうか」と考えたところから来ています。そのときに考えられたのが「色身(しきしん)」と「法身」の二つです。

 「色身」では「色」という字を使いますが、「カラー」の色のことではありません。仏教では「色(しき)」と書いて、肉体や物質などを指します。ですから、「肉体としての釈迦(釈尊)は見えなくなっているけれども、その教えをかたちづくっていた釈迦の本質は残っている」と考えました。そこから仏の体に対するさまざまな議論が出てきます。大乗仏教では、先ほど申した「法身」「報身」「応化身」の「三身」が、一番オーソドックスな考え方です。


●仏の「法身」と「方便法身」


賴住 ということで、親鸞はここ(『唯信鈔文意』)でまず「法身」のことを述べます。「法身」というのは色・かたちを持っていない。また、「こころもおよばれず」ということで、人間の感覚や知性のようなものによって完全に把握できない、無限なものだということをいいます。さらに、「ことばもたへたり」ということで、言葉で完全に説明することもできないものであると。

 次に「この一如より」ということで、「法身」を「一如」と読み換えています。「一如」の「如」は真理を表します。ここでは「全体的な真理」ということで、ありとあらゆるものの根底にある根源的な真理を「法身」といっているのです。

 その「法身」がそこからかたちを現わして、「方便法身」が現われてくるということで、ここでは「真実の法身」と「方便の法身」の二つに分けているということになります。方便は、仏教では「手立て」という意味です。

―― 「嘘も方...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。