テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

実行機能がIQよりも注目されている理由

「自分をコントロールする力」の仕組み(5)実行機能を伸ばす環境要因

森口佑介
京都大学大学院文学研究科准教授
情報・テキスト
実行機能には、さまざまな環境要因によって個人差が生じる。実行機能の発達を高めるためには、規則正しい生活を送る必要がある。また円滑な親子関係や夫婦関係も、ストレスなく子どもが発達していくために重要である。実行機能は自分で目標を定め自己を抑制していく力なので、過保護も悪影響を与えることになる。適度なしつけと子どもの自主性を重んじる姿勢が親子関係には求められているのだ。(全6話中第5話)
時間:09:35
収録日:2020/12/08
追加日:2021/03/28
≪全文≫

●実行機能の発達で重要なのは規則正しい生活習慣


 前回は、実行機能は子どものときから青年期にかけて発達していくというお話しをしました。そして、実行機能が高い子もいれば低い子もいるという話もしてきました。このような個人差がどのようにして生まれるかという点について、お話ししたいと思います。

 現在、実行機能がIQよりも注目されている理由は、実行機能は環境の要因の影響を受けて変化しやすいためです。知能や頭の良さを測るIQについて考えてみると、子どもの頃にIQが高いと大人になっても概ね高い水準が維持されます。逆に、子どもの頃にIQが低いと、大人になっても低いままの場合が多いです。つまり、ある個人の中では、生涯を通じてIQは非常に安定していると考えられています。

 一方、実行機能はIQとは異なり、子どものときに高いからといって、その後も高いとは限りません。逆に、子どものときに低くても、良い訓練や教育を受ければ、高くなる可能性があると実証されています。つまり、実行機能はIQに比べて、教育や保育、子育ての影響を受けやすいのです。したがって、子どもが小さい頃に実行機能の発達をしっかりと支援してあげれば、青年期になって道を踏み外す可能性を低くできるのではないかといわれて、注目を浴びているのです。

 それでは、実行機能の発達において、どのようにすれば高めることができるのでしょうか。これが今、非常に世界中で注目されています。これは当然のように思われると考えられますが、重要なことは、規則正しい生活習慣です。

 まずはやはり睡眠です。1日の合計の睡眠時間ではなく、特に夜間に寝る時間の長さが重要だといわれています。保育園や幼稚園では昼寝の時間が設けてあるために、昼に寝てしまった分、夜に寝られないこともあるかもしれません。しかし、夜に寝ている間に脳の修復が行われ、成長することが分かっているので、夜に寝ることが重要なのです。例えば夜の9時、あるいは遅くとも10時頃までの決まった時間に寝て、朝の7時頃にきちんと起きるという習慣をつけて、たっぷりと夜間に睡眠を取ることがまず重要だということです。

 二つ目は、メディアとの付き合い方です。テレビや、最近ではスマートフォン、タブレットなどの影響で、家庭内の会話がない、あるいはなかなか寝つけないなどあると思います。古くから、テレビを見過ぎると実行機能は育まれにくいといわれています。もちろん、適切な範囲でテレビの番組を見ることは、全く問題ないと考えられています。子どもが自分の見たい番組を、例えば1日2時間程度など少し見るのは問題にならないといわれています。問題なのは、誰も見ていないのにテレビがついている状態など、漫然とテレビをつけているような状態が、実行機能の発達に悪影響であると実証されています。

 ですので、まず睡眠やメディアの利用に関して、生活習慣を整えることが重要です。どうしても、親のほうで漫然とスマホを見る、あるいはタブレットを触るなどあると思いますが、親も子どもも規則正しい生活習慣をきちんと持つことがまずは重要なのです。


●しっかりとした親子関係と健全な夫婦関係が重要


 次に、親子関係も重要です。先ほど、アタッチメントが重要というお話しをしましたが、やはり親子関係が何よりも子どもの成長・発達の基本なのです。その意味で、心理的にせよ身体的にせよ、虐待は脳の発達にも実行機能の発達にも大きな悪影響を与えることが示されています。

 特に悪いのは、ネグレクト(育児放棄)です。子どもと会話もしなければ、ごはんも与えない、あるべき親子関係がほぼないという状態がネグレクトです。このネグレクトの状態は、実行機能の発達に最大の悪影響を与えることが、さまざまなデータから示されています。このように、必要な関係性が築かれない点が問題だと考えられているので、実行機能を育むためには愛情のある親子関係をしっかりと築くことが基本です。

 加えて、親子関係だけではなく、配偶者がいる場合には当然、夫婦関係も重要です。子どもが寝ているからといって、夫婦喧嘩をすることもあるかと思います。しかし、最近の研究から、赤ちゃんに夫婦喧嘩の音声を聞かせると、子どものストレスに関わるような脳の領域が反応することが分かってきました。つまり、子どもが寝ているからといって夫婦げんかをすると、子どもにはストレスがかかっていることが明らかになってきたのです。

 このストレスも、脳の成長に悪影響を与えます。ちょっとしたストレスであればあまり問題はありませんが、慢性的に虐待や体罰、夫婦喧嘩にさらされるような家庭で育つと、子どもの脳は非常に傷を受けやすいことが分かっていま...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。