テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年頭所感…未来をつくるため、今こそ抜本的改革を

人類史的な転換点と日本人の課題(1)3つの本質的な課題

小宮山宏
東京大学第28代総長
情報・テキスト
各所で戦争が続き自国優先のはびこる世界は、一見、まことに「愚かしい」ようにも見える。だが、一方でCOP27やSDGsのような人類全体に貢献する「理性的な」活動が大きな潮流となっている。まさに「愚」と「賢」があざなえる縄のようになっているのだ。人類史的な転換期を迎えている今、一人ひとりが地球の未来のために責任を果たしていきたい。弥縫策ではいけない。日本の大きな課題は、少子化、資源自給、人財養成の3つである。過去の知を踏襲するだけではない新たな知が、今こそ必要とされているのである。
時間:10:19
収録日:2022/12/08
追加日:2023/01/01
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●あざなえる縄のような現状を超えて


 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。テンミニッツTV座長の小宮山でございます。

 昨今の世間の情勢を見ますと、ウクライナや中東その他、何度も戦争が起こっております。また、「アメリカ・ファースト」に始まって、「ブラジル・ファースト」「イタリア・ファースト」といわんばかりの、いわば「Me First」というようなリーダーが跋扈しております。さまざまな政府がポピュリズムに流れていて、非常に暗い気分になることが多いわけですが、一方でいいこともあります。

 例えば2022年にはCOP27(第27回気候変動枠組条約締約国会議)が、今の情勢にもかかわらず破綻することなく、行われました。先進国が途上国のための基金をつくることが決まり、どこがいくら出すかという具体化まではなされませんでしたが、COP28に申し送ることになったわけです。また、「一人も取り残すことなしに」を掲げるSDGsが、かなり大きな世界の流れになってきています。

 こうした、いわば人類史的な転換期をどのようにしていくのか、という非常に大きな人間の理性的な流れと、その流れを撹乱する戦争に代表されるような愚かさがあざなえる縄のごとく、表となり裏となって進んでいるのが現状であるように私には見えます。


●現在のため、未来のために果たすべき責任


 今までの歴史もそうでしたが、今後もそのような形で進んでいくことになるかもしれません。そのときに、われわれは大きな正しい流れを見失ってはいけません。未来をつくるのは私たち人間なのですから。地球は明確に人類が変えていますし、地球の未来をつくるのは人間です。もちろん社会の未来をつくるのは人間です。

 結局、私たちの未来は私たち自身が決めるわけです。ですから、私たちは未来のために、あるいはスピードが速いですから「現在のために」といってもいいかもしれないですが、それぞれの責任を果たす必要があるのだろうと思います。

 例えば、ポリシー・メイカーである政治家の人たちには、「もっと君たち、責任をきちんと果たせ」と叱咤激励しなくてはいけない。同時に、各個人としても、たとえ80億分の1であるとしても、未来のために自分なりに貢献をすることが、非常に大事なのだろうと思います。

 私自身は、プラチナ構想ネットワークに懸命に取り組んでいます。特に昨年(2022年)暮れに立ち上げて、かなり多くの人の賛同を得ているバイオマスについては、「プラチナ森林産業イニシアティブ」として、新しい林業、再生可能エネルギー、観光、人財養成など、総合的なプロジェクトを進めようと考えております。


●日本における大事な3つの問題


 さて、さまざまな撹乱での大きな潮流の中で、日本における大事な問題は大きく3つだろうと私は思っています。

 一つは、少子化をいかに克服するか。それから、資源自給の実現。もう一つが、こうした大きな変化を起こす人財の養成です。これらの3つは、人類史的な大きな流れの中で、日本が自分たちのために行わなければならない大きな課題だと考えています。

 これらはいずれも本質的な課題です。「あの人が困っているから補助金をあげよう」とか、「細かい法律を作ろう」というような、傷口にバンドエイドをベタベタ貼っていくような対策では、解決などできない。もっと根本的なことをしていかなければいけないだろうと思うのです。

 例えば「少子化」については、日本では以前からいわれていますが、世界全体でもすでに半分が直面しています。人口としても、地域としても、国の数としてもおよそ半分のところですでに現実的な課題なのです。

 少子化が少し進むと人口が減少していきますが、日本ではもう10年以上前から人口減少が始まっています。中国も2022年から減少期に入っているということで、世界の半分の国がそうした状況に入りました。おそらく2050年頃、あるいは21世紀後半というほうがいいかもしれませんが、その頃には人類全体として少子化の問題を抱えることになります。

 一方、20世紀では何がいわれたかというと、「人口爆発」ということが懸念されていました。私が学生の頃は「人口が爆発して地球が大変なことになる」という議論が主流でしたが、今はそうではなく、人口の減少をどうやって食い止めるかという時代に入っています。

 こう申し上げると、「今は人口が多すぎて地球に問題が出ているということなのだから、減ったほうがいいのだ」とおっしゃる方もいます。たしかに絶対的な数自体は、それほど大きな問題ではないかもしれません。よくいわれるように江戸時代は約3000万人ですから、3000万人になってもいいのかもしれません。

 しかし、その中身が全く違います。江戸時代の3000万人は若い人ばかりで(高齢者は...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。