テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人、イヌと暮らす』オオカミはいつからイヌになったのか

もっと知りたいイヌのこと(1)イヌの歴史を振り返る

長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
情報・テキスト
『人、イヌと暮らすー進化、愛情、社会』(長谷川 眞理子著、世界思想社)
amazon
イヌは「人類の最古の友」とも呼ばれる存在だ。オオカミがイヌになり、われわれの家庭のペットとして「うちの子」と呼ばれるようになるまでには、どのような経緯があったのか。まだまだ分かっていないことは多いが、最新の研究や知見と照らし合わせながら、イヌの歴史をひもといていく。(全3話中第1話)
時間:13:14
収録日:2023/03/29
追加日:2023/06/12
カテゴリー:
キーワード:
≪全文≫

●私と夫とイヌの生活


 今日はイヌとヒトについて、ペットとしてのイヌについて、私自身のいろいろな親バカ話も少し含めて、お話をしたいと思います。

 私と夫とイヌとの生活が始まったのは2004年からでした。それまではずっとネコがいて、とてもネコが好きだったので、自分はイヌ向きではないと思い込んでいました。ところが、キクマルというスタンダード・プードルの子が来てからは本当にイヌ派になってしまい、今ではネコもイヌも両方好きです。イヌとネコの違い、人間との関係の違いのようなことも、よく分かるようになりました。

 キクマルが生まれたのは2004年の5月で、うちに来たのは8月です。それ以降のキクマルはずっと「一人っ子」として、夫と私との3人暮らしでした。キクマルが10歳を過ぎた頃、「ペットロスであまりに悲しむのは嫌だから、もう1匹並行して、2匹飼いましょう」ということになり、そのように住めるマンションに引っ越しました。

 そこへ2015年1月1日に生まれたコギクが来ます。コギクはキクマルの姪の子どもなので、おじいさんと孫ほど世代が違います。コギクもオスで、2015年の3月に来ました。2019年4月、キクマルはもう少しで15歳という14歳11ヶ月で亡くなります。でも、コギクがいたので、悲しいことは悲しいものの、それほどひどいロスにはならなかったのがよかったことです。

 ただ、どうしても「二頭飼い」が嬉しいというか、そうでないと寂しいようになってしまいます。そこで「もう一頭」と思い、コギクと同腹のお姉さんが産んだ子ども(コギクの姪)をもらいました。これがマーガレット=マギーで、初めての女の子です。2019年10月3日に生まれ、12月にうちに来ました。

 キクマルとコギクは11歳違っていて、キクマルがかなりおじいさんになってから小さな子が来たので、とても面倒くさがっていました。でも、コギクとマギーの関係は4、5歳の差なので、一緒に遊んでいます。今は、コギク8歳、マギー3歳です。

 左上の写真がキクマルの最盛期の頃で、死ぬ前に腰があまりよくなかったので、車椅子を作ってもらいました。厚木に、どんな大きさの犬でもオーダーメイドで車椅子を作ってくれるところがあるので、とても助かりました。(キクマルは)車椅子でトコトコ歩くようになり、一緒に右の写真に写っているのが1歳のコギクです。下の写真はマギーが生まれてまだ3ヶ月頃、うちに来たばかりの様子で、今ではもっと大きくなっています。


●イヌはだれでもオオカミの子孫


 さて、イヌの起源というのはなんでしょう。

 イヌは家畜ですから、家畜化してイヌになりました。(かれらを)家畜化したのは人間で、その大元はオオカミです。オオカミは学名を“Canis lupus”という食肉目の肉食動物です。そのオオカミをそのまま家畜化していき、(イヌとして)人間が変えてきただけです。

 いろいろなイヌがいっぱいいて、ある計算では400万種もの犬種がいるとされています。しかし、かれらはすべてオオカミを元にしてつくられた家畜。動物学的には全部一種で、“Canis lupus familiaris”というオオカミを元にする家畜です。

 今現在は、大きいイヌでいうとロットワイラーやシェパード、セントバーナードもいます。小さいのになると、ミニチュアの小さい種がいっぱいいます。(これらは)全部同じ種類です。とくに小型の愛玩犬は非常に多彩ですが、ほとんど全部が19世紀以降にヨーロッパでつくられた品種です。

 当時のヨーロッパには「育種クラブ」という、血統書のための組織がつくられました。合いの子(英語で“mongrel”)をつくらないよう、同じ品種としか掛け合わせないよう管理したことを記録に取るクラブです。それ以後も、さまざまなシュナウザーなどがつくられますが、みな同じ(オオカミの子孫)なのです。


●イヌの起源は2~4万年前?


 家畜化されたのがいつ頃なのかは、なかなか難しい問題です。「イヌである」とはっきり分かる最古の化石は1万4700年前のもので、ドイツのボン=オーバーカッセル遺跡から出土しています。それより古いもので、「イヌではないか」と主張される化石も、中近東やシベリアで出土してはいますが、それらは本当にイヌなのかオオカミなのか、よく区別がつかない。骨格や大きさが(オオカミと)あまり変わらないからです。

 ただ、それほど変わらなくても、イヌとして飼われていたのかもしれないので、断定はできません。ともあれ、小さくて、イヌのような骨格になったもので、最も古い化石が1万4700年前だから、家畜化されたのはもっと前のことでしょう。

 それがドイツからの出土なので、ヨーロ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。