テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガザの安定と復興は可能か…パレスチナ自治政府の可能性

パレスチナ問題…解決への道(3)ガザ再建への早すぎる問い

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所客員教授
情報・テキスト
いかにすればガザの安定と復興は可能なのか。戦争終結が見えてこない現在、このガザ再建への問題提起は現状では早すぎるといわれるだろうが、今後の中東を平和と秩序に導く核心的な問いである。政治主体をパレスチナ自治政府に戻し、「2国家解決案」とヨルダン川西岸の入植中止の問題を誠実に果たすことこそが出発点になるはずだろう。(全5話中第3話)
時間:08:20
収録日:2023/12/11
追加日:2024/01/29
カテゴリー:
≪全文≫

●ガザの安定と復興はいかにして可能なのか


 皆さん、こんにちは。

 ガザにおいてまだ戦争終結が見えてこない現状においては、次のような質問というのはまだ早すぎるかもしれません。それは、ガザの安定と復興はいかにして可能なのかという(ことです。)これは早すぎる問いかもしれませんが、一応私たちのシナリオとして、この不幸な悲劇を甘受せざるを得なかったガザ市民のために、やはり考えざるを得ない問いではないかと思います。

 パレスチナのインフラを作り、あるいは再建しては、また壊され、あるいは壊すという行為に出る人たちは、これまでもたくさんいました。そのため、中東に対する欧米の支援などにあるように、インフラ整備や再建を嫌悪する傾向が出てきます。西側の欧米や日本には、そういうインフラ整備や再建を嫌悪する一種のニヒリズム(援助ニヒリズム)の立場が、一部で見られます。

 たとえどの国であろうと、こうした気持ちは、納税者の立場から見ると分からぬわけでもありませんが、パレスチナに老人、婦女子、子ども、乳幼児といった、紛争で被害を集中的に受ける弱者が厳然として存在していることは事実です。

 これらを救い、そしてガザを再建できる人々、これは国内の人間たち──私たちのような外国人や国連といったようなものではなく──もちろん、最初にして最終的に必要なのはパレスチナの人々を代表する政治主体は誰か、何かという問いにつながります。


●パレスチナ自治政府の問題点と誠実な面


 私は、やはりこれはあくまでもパレスチナ自治政府以外にはないと思うのです。パレスチナ自治政府は確かに腐敗や汚職にまみれた組織だという声をよく聞きます。しかし、考えてみると、残念ながらアラブ諸国、特にアラブの共和国の政権で、過去も現在も腐敗や汚職が皆無であったような国、あるいはそれらを克服した政治家たちが果たしていたのかどうか。このような、それこそニヒルな問いに向かわざるを得ないのです。

 問題の本質は、やはり戦争と平和という点にあるのではないか。ハマスは戦争を選び、そしてパレスチナ自治政府は何といわれようとも平和を維持してきた、そういう側面はきちんと見なければならないと思います。

 独裁や暴力に苦しみながら、革命やイスラムの原理主義や闘争主義などに従うのか。あるいは腐敗や汚職は確かに不愉快なことですが、当面は競争的共存による平和を是とするパレスチナ自治政府の世俗的路線を是とするのか。こういう「政治選択」とパレスチナ自治政府の非暴力を是とする「妥協」の問題というようなことになろうかと思います。

 日本をはじめとする民主主義国家の中でも上位にある国々でさえ、汚職や腐敗というものは皆無ではない。それどころか政治的な、いわば政治家の倫理や道徳にも関わるような、一種の腐敗が見られるのは、私たち自身が間近に見ているところです。

 したがって、パレスチナ自治政府の腐敗や汚職という点だけを見るのではなく、彼らには民主的な統治の経験が浅い、そういう中で彼らがとにかく平和を維持することに対して、相対的に見れば誠実に対応してきているという面を見てはどうかということです。

 イスラエルはハマスを結果として増長させ、パレスチナ自治政府に対して厳しく当たってきました。それは、ひとえにヨルダン川西岸における入植地問題などでパレスチナ自治政府の立場を悪くさせるためです。

 パレスチナ自治政府はヨルダン川西岸に自治権を持っている政府主体ですから、ヨルダン川西岸の入植者問題を解決できなければ自治政府の評判を落とし、彼らの政治的力量を低下させることになる。ネタニヤフは、そういうところを狙ったのでしょう。

 しかし、今必要なことは、パレスチナのヨルダン川西岸への不法な入植地活動の継続や拡大をむしろすぐにやめる(こと。)また、さまざまな形でイスラエルが代行徴収している各種の税金がありますが、こうした税収入については、すぐにパレスチナ自治政府に戻していくこと。そして、パレスチナ政府の治安部隊や警察力の強化にむしろ協力するべきではないかと思うのです。


●「2国家解決案」による中東平和と秩序の回復を


 イスラエルはパレスチナ政府と正面から向かい合う必要があります。それは何よりも、何度も繰り返しますが、「2国家解決案」を認めて、ヨルダン川西岸への不法な入植地の拡大・増大を止めることです。こうした劇的な政策スタンスの変化をネタニヤフ首相にすぐに求めるのは無理かもしれません。

 そして、何とかイスラエル国民に対して、「2国家解決案」以外にユダヤ人問題、パレスチナ問題、ひいては中東の大問題──パレスチナ・イスラエルという地域だけではなく、それと連動した全ての中東の平和と秩序の問題に絡んでいる、現在生じている大きな問題の...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。