テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の危機は3つの空間で起こる…重要な「認知空間」とは

深刻化する「複合危機」を分析する(1)「Polycrisis」とは何か

曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授/テンミニッツTV副座長
情報・テキスト
「Polycrisis(ポリクライシス)」とは複合危機のことである。世界は今、環境、地政学、社会、テクノロジーなどのリスクが相互に重なり合う複数の危機に直面しているが、さらにこれらの危機は3つの空間で起こっている。地政学の危機や気候変動などは物理空間、オンラインの取引や仮想通貨などはサイバー空間でそれぞれ起こっているが、いずれもそれだけではなく、そこにもう1つ重要な空間として認知空間を挙げる曽根氏。どういうことなのか。今回の講義でポリクライシスについて理解を深めたい。(全2話中第1話)
時間:09:49
収録日:2023/12/21
追加日:2024/02/11
≪全文≫

●ポリクライシス(複合危機)――今後、複数の危機が相互に重なり合う


 これからポリクライシス(polycrisis)というお話をいたします。

 ポリクライシスとは何かというと、複合危機とか多重危機とかに翻訳されておりますが、これは最近使われている言葉です。特にワールド・エコノミック・フォーラム(WEF:世界経済フォーラム)が使ったことで知られるようになりましたが、その前の2022年頃から使われるようになりましたけれど、まだ一般的ではありませんでした。

 ポリクライシス、複合的な危機、多重危機というのは一体どういうものかということを、これからお話をしていきたいと思います。

 これは、ワールド・エコノミック・フォーラムがグローバルリスクとして、どのようなことが起こるのかということを図にしたものです。1から10まであり、今後2年間の場合と、それから今後10年間の場合で、どのような危機が起こるのか。複数の危機が起こるという意味でいうとポリクライシスです。

 この場合のリスクというのは、環境、地政学、社会、テクノロジーで、それぞれの危機があります。これが相互に関連しているというのが複合危機、ポリクライシスです。

 通常、われわれは危機を考えるときに、国際的な危機、戦争であるとか、あるいは紛争、その他、経済危機も含めて国内政治上の危機、国内経済上の危機、あるいは社会の危機など、危機の分類としては通常の分類方法があるのですが、それ以外にも危機というのは、例えば人口動態=デモグラフィーで起こるとか、クライメイトチェンジ=気候変動、あるいは技術の危機です。

 これに加えて、マーティン・ウルフは、東、つまりアジア太平洋地域が大きく伸びてくることによる変化、それからグローバライゼーションが止まる、あるいは反グローバリゼーションが出てくるというような危機、このような危機を述べています。

 ポリクライシスの提唱者の1人であるアダム・トゥーズが出している図がありますが、これはまさしく複合的にいろいろな危機を示しています。

 例えばロシア、ウクライナ問題の戦争から核のリスクがあり、それだけではなく、世界のスタグフレーションが起こる危機だとか、あるいは小麦が足りなくなる危機だとか、あるいはこちらのほうで気候変動などに及ぼす危機など、いろいろな危機が相互に重なり合う、つながり合っています。こういう危機の全体像を見ることが必要だといっているわけです。


●物理空間・サイバー空間・認知空間――危機は3つの空間で起こる


 ここで私は、アダム・トゥーズ、マーティン・ウルフなどとはちょっと違う角度から申し上げます。

 危機というのは3つの空間で起こります。つまり地政学の危機、あるいはクライメイトチェンジなどは物理空間で起こっているわけです。そういう意味でほとんどの危機は、洪水が起こる、地震が起こるというように、物理空間であるとわれわれは思っていますが、それだけではありません。

 現在、サイバー空間で起こる危機というのはかなりあります。サイバーアタックでいろいろなものが撹乱されている、あるいはビットコインが盗まれるなど、いろいろなことがありますが、サイバー空間上で起こる危機も考えておかなければなりません。

 もう1つ重要なのは、われわれには認知空間というものがあるということです。通常、われわれは世界を見るというとき、どのように認知をしているかですが、サイバー空間も物理空間も、われわれの認識で成り立っているところがあるわけです。

 例えば、市場というのは物理空間上でもある。そういう意味でいうと、物理空間と認知空間の両方で起こっている危機、これが市場の危機なのですが、サイバー空間上でも経済活動を考える必要があります。

 そういう意味では、物理空間上の危機、サイバー空間上の危機、認知空間上の危機という、ちょっとマーティン・ウルフたちの説とは違う世界の危機を見るときの構図を、違う角度から議論しているわけです。

 そしてマーケットというのは、確かに物理空間上にある、まさしく市場の側面もありますが、株式市場だとか、あるいは債券市場、あるいはビットコインの市場などは、一部サイバー空間上で取引されているわけです。しかも、それを認知した人が見ています。よくある例ですが、われわれは「デフレマインド」あるいは「インフレ期待」などといいますが、認知空間として今後もデフレが続くのかどうかマーケットを見ている、そ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。