テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.04.27

その価値○倍?「レア硬貨」とは

 硬貨や紙幣をその金額で利用できるのは、そう決めた社会の信用があるからです。こういった信用に基づくお金を「信用通貨」「信用貨幣」と言いますが、またこういった通貨の一般的価値とは異なり、「モノ」として固有の価値を有する硬貨があります。いわゆる「ギザ十」などの「レア硬貨」です。今回はこの「レア硬貨」の価値について見てみましょう。

昭和32年の「フデ五」は1万5000円になることも

 レア硬貨は、その年の発行枚数が少なかったことによって希少性が生まれるものや、製造機のエラーによって通常の規格とは異なることで希少性が生まれるものなどがあります。例えば比較的発行枚数の少なかった昭和32年発行の五円玉は使用済みの「並品」でも300円の価値です。昭和24年から33年の間に発行された五円玉の「五円」という文字は「楷書体」で記され、日本国の「国」の字も旧漢字の「國」となっています。

 この「楷書体」で書かれた五円玉を俗に「フデ五」と言います。つまり、昭和32年の五円玉は、そもそも珍しい「フデ五」の中でもさらに発行枚数が少ないことで値打ちがうまれているようです。実際の販売価格の目安は、「並み品」で300円、「美品」で600円、「未使用」で8000円、ほとんど傷がない状態の完全未使用品「完未」で1万5000円くらいとのこと。

昭和33年の「ギザ十」は「美品」以上なら2万円越え

 「レア硬貨」と聞いて「キザ十」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。製造されたのは昭和26年から33年。その名の通り、周りにギザギザの溝がある十円玉です。この「ギザ十」の発行が最も少ない年は昭和33年。この年の「ギザ十」は「並品」で100円、「美品」で200円、「未使用」になると一気に跳ね上がって2万3000円。さらに「完未」になると5万円にもなります。

 また「ギザ十」ではないですが、昭和61年の後期に発行された十円玉もたいへん価値があります。この十円玉は平等院鳳凰堂の階段を囲む線の形が若干異なるそうです。以前テレビ番組でも紹介されていたようですが、画像はかなり拡大しなければ肉眼で確認できない程度です。しかし、この硬貨の販売価格は20,000円。10円硬貨なので実に2000倍の価値に跳ね上がっています。

 さらに、一円玉でも希少なものがあります。平成23年、24年、25年、29年、30年に発行された一円玉は3,000円の値打ちがあるそうです。つい最近発行された硬貨ですが、キャッシュレス化が普及し始めて発行部数が少なくなったことが理由とのこと。今後キャッシュレス化がさらに進めば、硬貨の発行部数は減っていくことが考えられます。この先発行される硬貨に関しても、プレミアが付く可能性はあるのではないでしょうか。

一円玉が280万円に

 製造機のエラーで出現したレア硬貨もあります。たとえば穴があくはずのところに穴がない五円玉や五十円玉、また穴の位置が真ん中ではなくずれているものなどは、数万円から数十万円で取引されることもあるようです。ただし、昭和24年以前の五円玉や昭和33年以前の五十円玉に関しては、もともと穴はないので要注意。オークファンというサイトでいくつか紹介されていたヤフオクの記録を見ると、昭和50年の穴あきなしの五十円玉が30万円で落札されています。

 他にも、ヘゲエラー(ヘゲ剥がれ)と呼ばれる、一部分がめくれ上がってしまった硬貨や、刻印ずれ・刻印なしといった硬貨も1万円程度から2万円程度で取引されているようです。中でもオークションで高額落札されて話題となった一円玉があります。円形の端の一部が潰れたようになってそこに「平成」の字をかろうじて読み取ることのできるもの。はみ出した部分以外には何の刻印もないので、言われなければ硬貨にも見えません。これがヤフオクでは280万円で落札されています。

硬貨の状態によって価格は大きく異なる

 ここまで紹介した価格の例は販売価格なので、実際に買い取ってもらう際はもう少し安いかと思われます。また個人でオークションに出品すると、偽造が疑われることもあるようなので、レア硬貨を見つけたら硬貨の専門家に買い取ってもらう方が安心です。高く売るためには保存状態に気を遣う必要があります。サビや日光による変色、傷などが少ないことは大事です。

 先にも挙げていますが、買取店での評価基準は「並品」「美品」「未使用」「完未」といったランクがあります。「未使用」とは製造時の状態を保っているもので、製造時や運搬時のキズが僅かにあるもの。「完未」とは完全未使用のことで、製造後の摩耗やキズなどがほとんどないような状態のものとのことです。まずは手元の硬貨をよくみてみましょう。思わぬお宝が眠っているかもしれません。

<参考サイト>
300万円もの価値がある「プレミア貨幣&紙幣」とは? 今すぐ財布をチェック!!|楽侍
https://www.rakumachi.jp/news/column/150047
【保存版】プレミア硬貨の種類一覧!買取価格・価値・平均相場まとめ|古銭鑑定団
https://kosen-kantei.jp/varity/premier-coins/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(5)ロレンス『黙示録論』と人を愛する道

戦時下にあってロレンスの『黙示録論』を翻訳し、戦後にはその出版にこぎつけた福田恆存は、同書から思想的に大きな影響を受けていた。近代化によって個人主義と全体主義の板挟みとなった人間は、どのようにして他者との愛を育...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/14
浜崎洋介
文芸批評家
2

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
3

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
4

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
5

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授