テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.02.20

『人体最強の臓器 皮膚のふしぎ』が教えるその万能性と可能性

 人体のなかでもっとも身近な臓器は何かと問われたら、あなたはなんと答えるでしょうか。皮膚医学の第一人者である京都大学医学部教授の椛島健治先生なら、「皮膚」と即答するでしょう。

 椛島先生の著書『人体最強の臓器 皮膚のふしぎ 最新科学でわかった万能性』(ブルーバックス)では、もっとも身近にありながらさまざまな能力を併せ持ったスーパー臓器「皮膚」について、一般読者に向けてわかりやすく解説しています。今回はそのエッセンスを紹介します。

最新の科学的知見から判明した「皮膚」の多様で多彩な機能

 皮膚は、(1)有害な化学物質や病原体の侵入を防ぐ“物理的バリア”であり、(2)無数のセンサーが埋め込まれた“感覚器官”でもあり、(3)人体最大の“免疫器官”でもある――、と椛島先生は説きます。

 本書では、最新の科学的知見から判明した多様な働きと魅力をもった皮膚の役割を、さまざまな切り口から論じています。まず前半では、皮膚の構造や機能、また、進化の観点から見た皮膚組織の特徴などを取り上げて、“物理的バリア”かつ“感覚器官”や“免疫器官”としても超優良な臓器である皮膚について解説。さらに後半では、最新の研究成果を紹介しながら、皮膚が日常生活や生涯に渡って及ぼす影響について考察しています。

「アトピー性皮膚炎の科学」の現在地とスキンケアのたいせつさ

 椛島先生はアトピー性皮膚炎の世界的な専門家として活躍されており、その視点から皮膚の重要性と可能性を論じた「第6章 アトピー性皮膚炎の科学」は、本書のなかでも特に読みどころというべき章です。

「アトピー性皮膚炎」は、皮膚にかかわるアレルギー疾患の代表格といわれています。アトピー性皮膚炎の主な外来抗原(その原因となる、体の中に侵入してきた異物)は花粉、ほこり、動物のなどで、アレルギー疾患とは、特定の抗原に対して免疫反応が過剰に働くことで起きる病気です。

 アレルギー疾患は、アナフィラキシーショックや重症の喘息などを除けば、すぐに生死にかかわるような重篤な病というわけではないのですが、発症するとQOL(Quality of life:クオリティ・オブ・ライフ。社会的にみた「生活の質」)が著しく低下します。特に、アトピー性皮膚炎の患者の多くを悩ませてきた症状に「かゆみ」があります。

 アトピー性皮膚炎の「かゆみ誘導物質」は長い間ベールに包まれてきましたが、近年の研究によってそれはTh2細胞が産生するサイトカイン(cytokine:細胞から放出され、特定の細胞に働きかけるたんぱく質の総称。免疫・炎症反応などの生体防御機構に重要な役割を果たす)だったことが判明したそうです。このサイトカインによって誘導された「強いかゆみ」から皮膚をかきむしると、皮膚のバリア機能が損なわれ、そこで大量のアレルゲンが皮膚内に侵入すると、またかゆくなってかく…といったようにアレルギー反応を繰り返す。つまり、Th2細胞が産生するサイトカインは炎症やバリア破壊、そしてかゆみの誘導にも関わっているということです。

 アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多因性かつ慢性的疾患であるため、どちらかというと「日常生活を不自由なく過ごせる」というQOLを高めることをゴールに置く治療が一般的ですが、アトピー性皮膚炎から連鎖するように、年齢を重ねるとともに食物アレルギー、喘息、アレルギー性鼻炎などを次々に発症する「アレルギーマーチ」状態を防ぐための取り組みも重要となっています。現時点でそのメカニズムはまだ解明されておらず、また、アトピー性皮膚炎の原因遺伝子はわかりつつあるものの、根本治療はまだ確立されていません。

 ただし近年では、アレルギー疾患の起点、つまり「アレルギーマーチ」のきっかけは皮膚経由で体内に異物が侵入する「経皮感作」であることわかってきたということです。そして、そのアレルギー疾患の連鎖を防ぐためにも、〈最初の「経皮感作」を起こさないようにすることが重要〉で、〈その意味でも乳幼児期からのスキンケアがたいせつです>と、椛島先生は説いています。つまり、日ごろから皮膚を大事にする、お肌をいたわるということを、忘れないということですね。

皮膚の正しい理解と適切なスキンケアが人生を豊かにする

 他にも本書では、ヒトが「裸のサル」になった必然的理由、人が温度を体感できる「からくり」、皮膚の老化メカニズム、さらにはAIの診断能力がすでに一流の皮膚専門医をしのぎうる可能性など、とても興味深いトピックスが多数掲載されています。

 皮膚は、総重量が体重の16パーセントを占める、生体における「最大の臓器」でもあります。また、いつも外界のあらゆる物理的刺激から守ってくれる最も身近なスーパー臓器ともいえます。

 そして、椛島先生はこう述べています。

「皮膚を正しく理解し適切な日常のスキンケアにつなげていくことは、日常生活に良い影響を与えるのみならず、ひいては人生が豊かになるのではないか」

 本書がそのことをしっかりとサポートしてくれる、貴重な一冊であることは間違いないでしょう。

<参考文献>
『人体最強の臓器 皮膚のふしぎ 最新科学でわかった万能性』(椛島健治著、ブルーバックス)
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000372574

<参考サイト>
京都大学大学院医学研究科 皮膚科学
https://dermatology.kuhp.kyoto-u.ac.jp/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
2

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(2)救済思想と人間の価値

「人の善悪は報われるのか」という山上憶良の問いは、古くは4世紀の中国仏教界を揺るがしたものであり、新しくはミュージカル『キャッツ』にみられる救済思想とも重なっている。ここで難しいのは因果応報思想との関係で、人間の...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/19
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
3

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

『孫子』を読む:九變篇(1)主導権を握るために

変化が激しいと敵の実態をつかめない。実態がよく分からないことほど恐怖に思うことはない。つまり、戦略として実態を明らかにしないことが非常に重要なのである。今回から3回にわたって学んでいく『孫子』の「九變」とは大いな...
収録日:2020/07/07
追加日:2024/07/18
田口佳史
東洋思想研究家
4

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(2)機械学習と大規模言語モデル

機械学習とは何なのか。AIはどのように「理解をしている」のか。近年の著しい進歩により、ますます身近な存在になっている生成AIだが、それがどのようなメカニズムでさまざまなデータを出力しているのかを知る機会は少ない。そ...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/16
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
5

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

「同盟の真髄」と日米関係の行方(6)アメリカ大統領選挙を占う3つの州

2024年11月に控えたアメリカ大統領選挙。民主党の候補者として現大統領のバイデン氏が、共和党の候補者として前大統領のトランプ氏が指名されることになった。激戦が予想されるが、大統領選挙には、その鍵を握る3つの州がある。...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/17
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使